ある意味利確。ビットコイン分裂までは投げ銭で遊びます!

スポンサーリンク

ビットコイン分裂まで投げ銭で遊んでみませんか?

ぜにげばお(@zenigebazura1)です。

どこまで落ちるのか?

みなさんの不安もそこはかとなく高まっていましたが、本日はちょい反発です。

アルトコインに比べて粘っていたビットコイン以外はブルーな結果(意味的には逆)。

前日書いた通り

【24日~25日目】ビットコイン、仮想通貨が暴落した時の対処法5つ【アルトコイン日記】

仮想通貨の先のことを考えるとビットコイン分裂を乗り越えさらなる飛躍をすると踏んでいます。

しかし、ただホールドするだけじゃ暇ですよね。

Twitterで暗号通貨界隈のスター様たちのつぶやきを見ながら思いました。

げばお
なんかやりてぇ

という訳で、投げ銭してみましたよ。

投げ銭って何?

初歩的なところから失礼します。

ここでいう投げ銭とはWeb上で仮想通貨を相手に渡すことです。

本来投げ銭とは大道芸とかでパフォーマンスの対価としてお金を渡すことで使われていて、日本だとおひねりと呼ばれることもありますね。

路上ライブのギターケースとかのこういうやつ。

界隈の方のブログや、ツイッターのプロフィールを見るとアドレスを載せて、投げ銭を募っている方もいらっしゃいますし、仮想通貨の代表的な文化とも言えます。

仮想通貨関連に関わらず、ブログって基本的に無料で情報を閲覧することができますが、金払ってもいいくらいめちゃくちゃ為になる記事もあったりしますよね。

そのコンテンツの対価として気持を表したいときや、支援を募る手段として仮想通貨を使う訳ですね。

銀行みたいに実名付きの情報をのせなくてもやり取りができます。

これが海外間だったら手数料がめちゃ安くできる訳だから素敵やん!

分裂前だからこそ投げ銭しよう!

実際やろうと決めたら簡単でしたが、投げ銭するタイミングとかきっかけってなかなかない。

確かに為になるコンテンツはたくさんありますが、だからといってすぐに投げ銭とはあんまりならなかった。

ただ昨日真っ赤なチャートを見ておもったんです。

げばお
投げ銭するなら今や!!!

ちょっと説明させて下さい。

僕の仮想通貨の状況は9万円分草コインをガチホールドしていて今おおよそ2分の1以下、次の買い場を探し100万円の追加資金を用意しているという感じ。

ビットコイン分裂が落ち着くまでは絶対にホールドしようと決めているのでいくら下がろうが無問題。

絶対に売りません。

ただよくよく考えてみるとこの後まだまだ下がるだろうと考えているので本当なら一度損切して、絶好とは言わずとも適当なポイントで再エントリーすれば、ちょっと浮くわけです。

株やFXでもこれがそうして利益をあげれるからこそ、損切が大事といわれていますよね。

でもガチホールドって決めてるわけだし。

うーん…

げばお
はっ!!!

と気づいて先ほどの結論に至ります。

絶対上がるんなら後から利益が出る!

それなら今投げ銭したらみんなが幸せになれる!!!

トンデモ理論ですが思い立ったが吉日。

投げ銭やってみることにしました。

投げ銭めちゃくちゃ簡単です(コインチェック編)

投げ銭一度もやったことがありません。

まずは投げ銭場所探しです。

どこにどうやって投げたらいいかわからない。

モナーコインに特化した投げ銭コミュニティのAsk monaとかも面白いけどなんかもっと気軽に投げたいな。

他にも専門的なブログだと、おまけにトークンとかくれるけどもらうのもなんか気がひけちゃうし。

そんなこんなでTwitterをさまよい、パンチの利いたリリックを紡いでいる方のブログを見つけました。

よし!まず一発目はここで。

次に投げ銭する額を決めます。

いろいろ考えてる時点でナンセンスですがジュース一本とか、なんか意味のある単位がいいですよね。

そこで思いついたのがこれ。

石窯ライ麦パン

暗号通貨界隈でプチバズってるパンです(今日の朝探したけどなかった)。

普通のパンよりちょっと高くて300円くらいするんですけど、トレンドっぽくてええやん(もう遅い?)。

投げ銭先のアドレスは手にしたのでCoincheckにログイン。

投げる通貨は、コインチェックの報酬が振り込まれていたのを少しだけXRPに変えていたのでリップル(XRP)で!

まずは送金先リストを決めます。

自分で送金先リストを決めれるので「石窯ライ麦パン」とラベルしました。

宛先の追加にも二段階認証が出てくるのか。

宛先を決めたら額を入力。

XRPがまだまだ逝きそうな気もするのでちょっと多めに20XRPを送金。

送金するボタンを押すと確認画面が出てきます。

オッケーで完了。

なんて簡単なんだ。

そういえば、最近までCoincheck、XRPの送金対応してなかったっような気もする。

うーん、素晴らしい。

もはやポジティブな利確です

仮想通貨のすばらしさってこういう簡単さにありますよね。

投げ銭とかめちゃくちゃ初歩的なことだけど、ここにしびれる憧れる。

ホールド続きで損切する気もない。

でも後々上がると信じてる。

それならもはやこの行為はポジティブな利確行為!

石窯ライ麦パンがまた一つどこかで必要とされたと思えば胸熱すぎる(笑)。

本当は全然利確でもなんでもないけど。

まとめ

今回投げ銭に至った思考の順番をまとめるとこれです。

  1. 分裂までまだ下げていく
  2. しかしガチホールドは決定している
  3. 損切したら本当は利益がとれるかもしれない
  4. だって先には上がると思ってるから!
  5. でもしたくないから損切したと思って投げ銭しよ?

おかげで素晴らしい体験を味わうことができました。

実際、どんな感じで相手に届いてるとかよくわからないのでもしかしたら

気持ち悪っ

って思われたかもしれません。

誰かから投げ銭してもらったらその気持ちが分かるのかな。

仮想通貨の一つの文化である投げ銭。

これからの仮想通貨の未来にベットしている人は投げ銭で遊んでみてはいかがでしょうか。

次に石窯ライ麦パンを食べるのはあなたかもしれない。

お後がよろしいようで!

↓ライ麦パンを食べながら読書はいかがですか?

良く読まれてます

初心者にはコインチェックがおすすめ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↑からの登録で最大5000円分のビットコインが貰えるキャンペーン中です。

・初心者でも使いやすい
・100万円までの盗難補償あり
・国内最多!12種類の仮想通貨が買える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)