iPhone買取は衝撃の査定結果。そして生まれる格差

image1 (1)

スポンサーリンク

意気揚々と査定へ。衝撃の結果発表。

そうズラ。どぶねずみズラ。 だから どぶねずみらしく いきるズラ。

1年間で0円から1000万円まで銭を増やすという名目で早速、種銭を集めにかかった僕だが、

【銭ゲバ日記一日目(その2)】世の中には 五円のお金がない家もあるのです。

で紹介した下記三点を売却する事にした。

iPhone4s 16GB

iPad 第三世代 64GB

マンガ本数点

まずは、iPhone4s とiPadを売却するべく、お世話になった携帯電話を磨いておいた。

なお、携帯電話売却の前には携帯電話の初期化をしておくと、待ち時間が少なくなる為おすすめしたい。初期化に関しては今後まとめてみようと思う。

売却前に

【銭ゲバ日記二日目(その1)】あなたの家の宝はいくら?不要品売却の前に心がけておきたい3つの事。

で事前に値段のリサーチをネットでしておく事がおすすめであるという事を書いたが、自分の中で銭を集めるという情熱を燃え上がらせる為、あえてリサーチをせずに店舗に向かった。

ゲオモバイル。中野ブロードウェイ店へ。

image2 (1)

店舗は僕の家の近所にある『ゲオモバイル』中野ブロードウェイ店さん(ブロードウェイについては今後徹底的に特集を組んでみたい)。

最近、できたばかりで店内にはところせましとアンドロイド、様々な世代のiPhone,iPadが陳列されている。

ピカピカの店内。高額買い取りのチラシ。

どんな携帯電話でも2000円以上で買い取る(条件あり)というチラシが銭テンションを盛り上げてくる。

して、結果である。

サムネイル画像をご覧頂きたい。

iPhone4s 16GB の売却結果800円ズラ。

サムネでネタバレとなってしまったが800円という結果になった。 800円。800円。 うん…まぁ画面が割れているし、こんなものだろう。

image3

それじゃあ、iPadは…64GBだし。。。 それなりにいくよね? 次の瞬間、衝撃が走った。 iPadの査定額が25oo円だったのである。

今回、携帯電話端末を売却するのは人生ではじめての事だったが、査定、買い取りの際はマンガを売却する際の手順とほぼ変わらない。

売却前はどんなものにしても往々として、わくわくするものである。 そのわくわくから一転の査定結果 すぐ様、僕の銭嗅覚が働いた。 おかしいズラ。これはおかしいズラ。

そして、iPhoneだけ売却し、iPadに関しては買い取りを遠慮し家に持ち帰り、リサーチをする事にした。

リサーチするならオークファン。

という事で家に帰り少し冷静になったところでリサーチを始めた。 自分が売りたい物品の売却相場を調べるにはオークファンというものを利用する。

オークションやショッピングサイトの過去の売却価格や落札価格を一括で検索できるサイトである。会員登録で様々な機能があるが値段を調べる分には無料で利用出来る。

検索窓に調べるワードを入れるだけでいいのだが、iPad,iPhoneに関しては機種の世代が無数にある為、モデルを調べる必要がある。裏面の下部に記載されているのでチェックしよう。

modelという文字に続く英数字がモデルを表すものとなるようだ。 僕のiPadの場合はA1430という記載

があった為、それをそのままオークファンのサイトの検索窓にいれてみる。

image4

直ぐに過去直近30日間の検索結果が出てきた。

image3 image2

オレンジになっている部分が落札金額となるがご覧頂きたい。

やはりだ。 やはりである。

値段にひらきはあり、箱がついているついていないなどの条件の違いはあれど1万3000円から1万8000円で落札されている。

ジャンク品で2500円という落札金額である。 オークションサイトなどは手数料や振込手数料などで落札金額の10%ほどを使うので、それを差し引きしてもネットで売る方が確実に高いという事が判明したのである。

そうズラ。どぶねずみズラ。だからネットで売るずら。

もし、あの時2500円で売っていれば、僕は完全にどぶねずみとしてのたれ死ぬ事になっていた。世界中のみんなが銭を狙っている状況で情報が無いという事は死を意味するのである。

このリサーチ結果が正しかったかどうか?オークションサイトの中でも有名大手である『Yahooオークション』に実際に登録し、アプリを活用して出品し売却する方法を実践し記載していきたいと思う。 今回は自らを鼓舞する為にリサーチせずに実店舗に向かったがみなさんには必ずリサーチをする事をおすすめしたい。

世界の格差はこうしてうまれているという事を改めて感じたのであった。

なお、ゲオモバイルさんの査定結果に関しては在庫の状況や、実際に商品をみてのプロの目というのもあるであろうから、是非については分からないのでこれが全ての結果とはいえない。銭ゲバとして、一円でも高く売る為の自己判断・自己責任である事を記載しておく。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。