【アニメ】庵野ゴジラVS 虚淵ゴジラ!GODZILLAも期待していいの!?

スクリーンショット 2016-08-19 11.30.15

スポンサーリンク

2017年、劇場版アニメ「GODZILLA」公開決定!

 

公開から「口コミ」で超絶ヒットの「シン・ゴジラ」。

僕も劇場でその面白さを体感し記事にしてみたがたくさんの人に反響を貰っている。

【シンゴジラ】エヴァファン必見!見る前に絶対見てはいけないレビュー

2016.07.30

そのゴジラシリーズに関する新たなビッグニュースが飛び出した。

2017年に劇場版アニメ「GODZILLA」公開決定したというのだ!

このタイミングで…アニメだと…?

しかも、脚本家にまどマギで大人気の虚淵玄さんを起用。これは、期待せざるを得ない。

アニメ「GODZILLA」はシンゴジラ同様期待していいのか?脚本担当の虚淵玄さんだけではなく、監督や製作陣を調べてみたぞ!

アニメはあんまり詳しくないけどゴジラは楽しみ!っていう人はぜひチェックしてみてね。

庵野ゴジラのせいで期待せざるを得ない

 

製作陣の情報の前にアニメ版「GODZILLA」に期待せざるを得ない理由としてシンゴジラ、つまり庵野ゴジラのヒットをあげてみる。

まずは興行収入。

50億円越えは確実と言われ、現時点で38億円と年間実写邦画では第一位の記録。邦画歴代記録を持つ「千と千尋の神隠し」302億円に比べれば劣るものの、新劇場版・エヴァンゲリオンに並ぶ大ヒットになっている。

 元々ゴジラというブランド力はあるものの、前作「ゴジラ ファイナルウォーズ」が興行収入12億円ということを考えれば庵野監督だからこそなし得たと言えるだろう。

ハリウッド版ゴジラ「GODZILLA」の興行収入32億円も越えており、名実ともにハリウッドを打ち破ったのだ。

ここまでヒットしたのは何よりもその内容が評価されたから。緊張感のある展開と、戦闘シーンの迫力は邦画トップクラスと言っても過言じゃなかったし、数々の著名人が「すごい!」と手放しに褒めている。

庵野監督と旧知の中である島本和彦先生(アオイホノオ作者)もコミケでシンゴジラに関する本を出すほどで、

 シンゴジラの面白さに完全敗北宣言を出している。

これだけ庵野ゴジラが指示されたからこそ、劇場版アニメ「GODZILLA」にも期待せざるを得ないよね。

いや、分かるんだよ?同じゴジラだけで何もかも全く違うって…。

それでも、庵野ゴジラ大ヒットのタイミングで発表した製作陣にまずは拍手を送りたい。僕ならこのタイミングでの発表はきつすぎる。だって、シンゴジラを越えなきゃ納得されないでしょ?

あえて、このタイミングを狙ったであろう製作陣にはよほど自信があるはず

という事で製作陣を調べてみたよ。

ダブル監督体制「誰もみたことないゴジラ」

 

庵野監督に対して「GODZILLA」は二人の監督を起用。

「GODZILLA」アニメ制作を行うポリゴン・ピクチュアズの代表作【シドニアの騎士】でも監督を務めた「静野弘文」

静野監督は「名探偵コナン」の劇場版でもメガホンを取っていてヒット作品を生み出した実績がある。そして、もう一人シドニアの騎士で副監督を務め、新宿駅をジャックした映画「亜人」で総監督を担当した「瀬下寛之」

この二人の監督が「誰も見たことがないゴジラ」を作り上げてくれるという事だ。実際、亜人は僕も劇場版を見たが、映像の迫力だけではなく音楽の使い方、全体のまとまりが秀逸だった。

元々、タッグを組んでいた二人だからこそ息がぴったりとあわせ、素晴らしいものを見せてくれるに違いない。

虚淵玄ゴジラ。ネームバリューがすごい!

 

この監督二人を差し置いて虚淵玄ゴジラと言われてしまうほど、脚本家である「虚淵玄」のネームバリューはすごい。彼が脚本を担当した作品を見てみよう。

ファンならば、作品を見ただけですでににやにやしてしまうかもしれない。

どれも、そのストーリーが高く評価された作品ばかりで「まどマギ」「Fate zero」を自身のナンバーワンアニメ作品にあげる人も少なくない。 

僕もどの作品も見たことがあるけれど、同じ脚本家とは思えない様な多種多様な面白さがあり、まどマギはいわゆる「病み」「闇」な内容がツボにはまった。もう、これが彼の味である事は周知の事実。

虚淵さんは海外でも定評があり、とにかくキャラを「殺す」のが得意

主要キャラが次々とバッドエンドを向かえるため、彼の手にかかり殺されていくのを「虚淵される」という言葉もあるほど。全てが破滅の物語りと言われるだけに「GODZILAA」も絶望、破滅が期待できるかもしれない。

庵野ゴジラがまさしく「絶望」だっただけにその点では負けない作品になりそうだね!期待!

気になる映像はどんな感じ?

 

GODZILAAを制作するポリゴン・ピクチュアズの過去作品はこんな感じ。

 どちらもCGを使ったクォリティの高いアニメーションで、どこか影のある絵はGODZILLAでも恐怖を演出してくれるかもしれない。

ポリゴンチックな独特の絵も特徴だが、ツムツムアニメーションのように全く感じが違うアニメも作れるところがすごい。

元々、80年代から活躍するアニメーション会社の為、その実力は折り紙つき。海外での評価も高く、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『トランスフォーマー プライム』『トロン:ライジング』など有名作品も担当。すごいラインナップだよね。

GONZOの守屋秀樹氏が加入した頃から、アニメ調の3DCGという新しい手法でシドニアの騎士などを生み出してきたとの事で、動画を見てもらえればその独特の雰囲気は分かってもらえるはず。

映像のクオリティとしては高いものが生まれそうだね!

アニメーション「GODZILLA」に求めるもの

 

シンゴジラとGODZILAAは全く別ものだと言う事は理解している上で、僕が見たいゴジラはやっぱり「絶望と恐怖」…怪獣という言葉の原点である恐ろしいゴジラを見てみたい。

とにかく誰も見たことがない「絶望」ゴジラ。

僕だけじゃなく、シンゴジラファンはこれを期待してるのではないだろうか。

どのような意味での「誰も見たことがない」かは分からないが、シンゴジラで放射能光線を撒き散らすゴジラの様はまさに「誰も見たことがない」もので、あまりに恐ろしく凶暴なゴジラに衝撃を受けた。

多くの人の感想でもそのシーンの鮮烈さは語られており、まさに主役である「ゴジラ」が生き生きとしていたからこそ満足したと思われる。

アニメ版では、実写と違い街並が破壊されるシーンなどは迫力が減少してしまうだろうし、光線なども表現が難しい。表現として迫力を出すにはアニメの方が不利な部分もある。

現時点で公開されているトレイラー画像の印象は「静」。

スクリーンショット 2016-08-19 11.30.15

ここにどんな「動」を持つゴジラが出てくるのかが楽しみだ。

まとめ。庵野ゴジラVS虚淵玄ゴジラに目が離せない!

 

脚本家の虚淵玄さんも、この作品にかける思いは並々ならぬ模様。

 Twitterでもたくさんのファンから歓喜の声があがっているだけに楽しみで仕方がない。

どうしても、庵野ゴジラと比べられるのは仕方がないことだからこそ、庵野ゴジラを越えるような誰も見たことがないゴジラに期待だぞい!

お後が宜しいようで!

U-NEXTならお試し30日間無料でゴジラシリーズが見放題!GODZILLA制作のポリゴン・ピクチュアズ「シドニアの騎士」も全話無料で見れます!

ゴジラ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。