18歳選挙権についての予備知識。今若者が知っておきたい事

スクリーンショット 2016-04-26 0.05.14

スポンサーリンク

夏の参院選から18歳でも投票可能に!

 

階段を昇っていると、選挙ポスターの女の子と目があった!

そう!何を隠そう、総務省公式サイトから見れる「18歳選挙」のマスコットキャラクターこそ今年度、CM女王の呼び名も高いと個人的には思っている広瀬すずちゃんなのだ。(能年ちゃんみたいにならないよう祈る)

スクリーンショット 2016-04-25 22.35.34

総務省公式サイトより

いやー、本当にきゃわいいよね。

その、広瀬すずちゃんが18歳選挙についてアピールしているポスターと目が合い

「これは、ブログで処さねば」

と思ったわけ。

という訳で、話題の18歳選挙権になるとどうなるのか?分からないみんなの為に、まとめてみたぞ!

まさに今年の夏有権者になる18歳から20歳になるまでの男子女子は、これを読めば、さらっと友達に教える事ができて一目おかれる事間違い無し!

既に有権者の大人達は「社会人の常識」として必ず知っておきたい事なのでどうぞ!

僕の結論を先に言うと18歳選挙権は「アリ」!

18歳選挙権って何?

 

平成27年6月に公職選挙法の一部が改正され、今までは20歳以上しか選挙にて投票する事ができなかったが、【年齢満18年以上、満20年未満の者も選挙に参加できる】ようになった。

法律の施行が平成28年6月19日からという事なので間もなくとなる。

公職選挙法が改正されるのは、75年ぶり。

ネットでの選挙活動が有効になったり、そこで広告としてお金が動くお金がいくらなのか?という事が話題になったり、選挙もどんどん新しい形になってきてると言え、ツイッターでも様々な意見があがっている。



結局、18歳になっても政治や経済に興味がないし、そもそも選挙に行って投票するという事を何とも思っていない若者も多いと思う。(僕も若者だけどね)

そこで、18歳選挙のメリット・デメリットについて簡単に考えてみよう。

18歳選挙権のメリット・デメリット

 

まずは、下にスクロールする前にしばし、自分で考えてみるのも良いかもしれない。

選挙権が18歳まで下がる事によってどのようなメリットがあるのか?デメリットがあるのか?

ここで何らかの意見や見解が自分の中で出てくるのであれば、もう読まずに選挙にレッツゴーしてもいいんじゃないだろうか。

それでは、何も考えつかなかった人たちの為に収集してきた話などをあわせて、簡単にメリット・デメリットを紹介。

ちなみに、経済の大枠というよりも、実際に新しく有権者になる18歳から20歳未満までの人たちについて得する事、損する事ね。

メリット

 

・選挙に関する世界的な基準に並ぶ事ができる

世界の9割の国が選挙権を18歳から与えている。もちろん、アメリカもそう。

選挙に関する世界的な基準に並ぶ事ができるという事は、海外のティーンエイジャーと同等の立場で政治や経済を語れるという事。

男子で言うと、最近、転校してきた可愛いレイチェル(仮称 ハリポタのエマワトソン似)から「選挙権もないようなボーイとはお付き合いできないネ!」とフラれる確率が若干下がるという事だ。

年上のお姉さんや、お兄さんにぐっと近づけるって事だね。

 

・政治家が若者が得する政策やマニュフェストを考えてくる

日本は高齢化社会。そして、選挙に積極的に参加する人もおじいちゃん、おばあちゃんが圧倒的に多いという事を考えて、老人に対する医療や福祉などのサービスは充実している。

政治家としては、より選挙で力を持つ年齢層の人にこそアピールしたいというのが本音だ。だから、選挙権がない18歳から20歳未満が喜ぶ様な政策は、その親御さん世代を狙うという意味では存在しても、ダイレクトに訴えかける様なものはない。

それが、今年の夏から変わるかもしれないのだ。

18歳から20歳未満でも、アルバイトを頑張りたいなら特別時給アップとか、海外に留学する制度をもっと強化するよ!とか、自分たちにスポットライトが当たる世の中の変化を政治家に約束してもらえるチャンスとなる。

 

・若い頃から政治や経済に関しての興味を持つきっかけができる

はっきりいって、18歳ともなると立派な社会の一員。残念ながら、日本の若者は政治に興味がないと言われているけれど、少なくとも「お金持ち」にはなりたいかもしれない。(お金に対する欲も下がってきてるらしいけどね)

お金持ちになる上で、政治や経済の動きを知らないという事は実はかなりの痛手。自分がどのような、国に育ち、どのような経済の上で仕事をしているのか?そもそも、政治と経済、自分がお金持ちになる事とどう関係があるのか?

ここに早いうちから興味を持つ事ができると、多くのライバルに差を付ける事ができるよね!

政治と経済に簡単に知りたいならこの本がおすすめ!

池上彰のやさしい経済学 (1) しくみがわかる (日経ビジネス人文庫)

デメリット

次は、デメリットをみてみよう。

 

・投票に行かない事で一人前と見てもらえない可能性がある

もう、これは両親とのやり取りを想像してみたら簡単に分かると思う。

「たかし。18歳からもう選挙にはいけるのよ。投票には行かないの?」

たかし「えー、まだ選挙とかよくわからないし、友達とかもいかないしさ。別にいいんじゃね?俺がいっても、何か変わる訳じゃないだろうし

「まだまだ、子供ね。分かったわ。それなら、子供なんだからお小遣いも5000円のまま。大学にはここから通いなさいね(したり顔)

つまり、選挙に行かない事で周りの大人達から子供というレッテルを貼られてしまうという事!高校生から正社員に就職した場合、意識の高い会社だと小言を言われるかもしれないね。

 

・投票率が少なければ若者が損をする形もありえる

先程も行った通り、日本の若者は政治に興味がない。

新しく18歳選挙が始まると、投票に関する税金だけでも増えるし、広告費用などもかかるようになってくる。

それでも、若者が投票しない。つまり、若者の投票率が思ったよりも少なければ、結局、高齢者に対するサービスが手厚くなり、若者がそれを支える為に頑張るという高齢化社会の構図がより強くなってしまう事も考えられる。

 

・授業の一環や、社会活動として新たなイベントが増えてしまう

これは、ちょっとひどい例だとも言えるけれど

「ぶっちゃけ、一ミリも興味ない」

っていう人もいるだろう。「は?選挙?おいしいの?」そう考えている人たちにとっては、自分が対象年齢になる前に行われる授業や、大学のオリエンテーションの一環として行われる選挙に関するイベントなどが増えて、行きもしないのに時間を割かれるという事になってしまう

以上がメリット・デメリットだ。

こう考えると、少しは身近に感じれる様になったかもしれない。

という事で、具体的に18歳選挙がいつ、どのくらいが対象に行われるのかをチェック!

18歳選挙対象人数・いつから?

 

メリット・デメリットは分かった!

けれど「自分が選挙に参加する事に意味があるの?ないの?」という部分は、投票するにあたってかなり重要と言えるだろう。

そこで、まず単純に数字的な問題で、選挙の戦局をひっくり返せるかどうか?を考えてみる。

まず、18歳選挙権になる事で、新しく生まれる票数は約「240万票」と言われている。この時点じゃこれが多いかどうか分からないよね。

それでは、次に2014年の東京都知事選の得票数を見てみよう。

当選 舛添要一 約211万票

得票率2位 宇都宮健児 約98万票

得票率3位 細川護熙 約95万票

得票率4位 田母神俊雄 約60万票

得票率5位 家入一真 約8万票

この得票数を見るとどうだろう?

一位の舛添さんが200万票という事は、単純に世界で一番ホットな町と言われている東京のトップを決める為に集まった票よりも、新たに有権者になる若者達がもつ票の方が多いという事だ。

もちろん、240万票全てが東京の人たちが持つ訳ではないし、全国に散らばっている事を考えると、それぞれの選挙区で絶大な効果があるとは言い切れないかもしれない

ただ、都知事選でも5位以下は6万票から1万票にも満たない人もいるという事を考えると、今の世の中に風穴は開けれると考えていいのではないだろうか。

そして、そのXデーが6月19日に法律施行、その後の参院選で投票を実際に行えるという事で間近に近づいているのだ!

若者の政治への感心が強いヨーロッパだったらパレードが行われてるレベルの事が起ころうとしているって事だね!

※5位の家入一真は若い世代の票を集めたと言われている。クラウドファンディングで選挙の資金を集めようとしたらホリエモンが貸してくれたらしく、その辺の経緯がちょっと面白いのでこの本も読んでみてね。

我が逃走

まとめ。投票方法は親に聞いてみよう!

 

なんだか、自分でも社会を変えれる様な気がする!となった人もいれば、相変わらず興味がねぇという人もいるかもしれない。

18歳選挙が実施されても、実際変わらないというデータや意見もある。

これを見れば、圧倒的に高年齢が選挙を動かしているという事が分かるよね。(データが正確かどうかは鵜呑みにしないようにね)

そして、その高年齢と言えば、当然、自分の親世代になってくる。

投票に興味を持ったのであれば、投票方法は親に聞いてみよう。

そして、興味がなくても、親を子が超えるではないけれど、選挙に関する話題をふってみる事で、自分の成長をアピールし、お小遣いアップも狙えるかもしれないぞ

何より、18歳選挙にはきゃわいい、きゃわいい広瀬すずちゃんも行くんだよ?

※下に広瀬すずちゃんからのメッセージあり

「選挙に処さねば(今ハマってます)」

お後が宜しいようで!

総務省18歳選挙公式サイトはこちら

▼広瀬すずちゃんよりメッセージ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。