歌丸、笑点辞めるってよ。笑点の歴史と次の司会者は誰?

web_shodo (13)

スポンサーリンク

桂歌丸「笑点降板」

 

昇天するまで。みんなが本当にそう望んだはずズラ。

落語家の桂歌丸師匠(79歳)

座布団一枚! 桂歌丸のわが落語人生

5月22日の生放送スペシャルにて、笑点の司会を引退する事を発表した。

落語が好きな僕もショックだったが、落語家を引退する訳ではなく、もう笑点などの前番組には出るという事で、一先ず安心。

今の若者も落語家を目指す人はいるだろうし、詳しい推移は分からないので何とも言えないが、とにかう、一人でも多くの落語家が、一席でも多くの落語を打てるのが良いと思うからね。

笑点は今年の5月15日で、なんと50周年。

とんでもなく古い歴史を持つ人気番組で今も高い視聴率を誇っている。

そんな笑点の基礎知識と、次の司会は誰が適任か?まとめてみたぞ!

笑点とは?

 

1966年5月15日に「金曜寄席」という番組を引き継ぐ形でスタート。

収録は後楽園ホールで隔週土曜日に行われており、あわせて地方収録も行う。(地方ネタでぼけながら自己紹介するよね)

現在の出演者は、桂歌丸、林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、6代目三遊亭圓楽、春風亭昇太、林家たい平、山田隆夫

司会進行、大喜利メンバー、座布団運びとそれぞれ役割があり、お約束のボケや、おなじみの展開が心地よい。番組本編は、演芸と大喜利の2部構成で、演芸コーナーでは、コントや、漫才、漫談、マジック、漫談、などを有名芸人が行っている。

漫才ブームになる前のツービートなんかも出演していた。

意外と知らない笑点の始まり

 

寡黙な親父が酒を飲み始めて酔っぱらう前に、笑点で笑う。

そんな、微笑ましい日曜日の夕方を演出してくれる素晴らしい番組。

意外と知られていないかもしれないが、この笑点を始めたのは立川談志師匠

この人の才能がいかに凄いかが、番組がこれだけ続いているという事から分かるね。

笑点メンバーにはそれぞれ性格付けがされており、これも談志が考えたらしい。

歌丸師匠は1966年、第一回から大喜利メンバーとして参加している。50年間ボケ続けて、未だにボケてないっていうからすごいもんだ。

過去に笑点に出演した有名人

 

日本テレビの名物番組として、視聴率も18%から22%をずっと維持(関東圏)している為、他の番組とのコラボレーションも多い。

24時間テレビなどで最近も見たと思うが。数々の有名人が笑点に出演している。

香取慎吾、ウド鈴木、天野ひろゆき、TOKIO、爆笑問題、月亭方正、テツandトモ、ガッツ石松、石田純一、天童よしみ、ガダルカナル・タカ、泉ピン子、寺田心、蛭子能収など、あらゆる方面から、あらゆるタレントが出演。

アナウンサーも多く出演していて、みんな結構上手。(台本ってどうなってるんだろうね)

次の司会は誰?

 

僕らぎりぎり平成生まれ世代にとっては、司会と言えばこの人、五代目 三遊亭圓楽師匠!

落語研究会 五代目三遊亭圓楽 名演集 [DVD]

ゆっくりした牛のような喋り方と、軽妙な返しは本当に名司会だったね。

師匠が亡くなってから歌丸師匠へと司会が交代されたのはまだ記憶に新しい。

現在、大喜利に六代目 三遊亭圓楽がいるので、順当にいけば圓楽が次の司会かな?という事になっている。

僕としては、高田文夫氏がいいかなーと思う。

高田文夫推し!

 

渡る世間はシャレばかり―96~04大衆芸能日記 (笑芸人叢書)

放送作家、タレントであり、演芸評論家。立川談志に師事し、落語もできる。

話は面白いし、頭が良いんだろうけど、それを感じさせない様な豪快さが良い。ビートたけしや大物芸人とも仲が良く、落語でも一目おかれている。

立川談春の赤めだかの話中にも出てきてたな。

何より、笑点は大喜利でのテンポのよい進行も必要だけれど、司会が大喜利メンバーをいじるのが面白い。

いじる上での大物感というものが必要で、まだ6代目圓楽には足りないかなーといっちょ前に意見してみたりもしたい。

ただ、高田文夫さんも体調不良のため、2012年から活動休止しているようなので、体調さえ良ければって事だよね。

5月22日は笑点を!これからに期待

 

もう、水面下で話は進んでいるだろうからもしかしたら、歌丸師匠が引退する5月22日になんらかの発表があるかもしれない。

という事で、5月22日、生放送で行われる笑点は必見だね。

50年も続いてるだけでもすごいのに、高視聴率を取り続けている日本の伝統番組。

多くの人が、この番組から力を貰っているはず。

これからもずっと続いて欲しい。

ちなみに、大喜利メンバーに穴が開いたら、鶴瓶入れて欲しいと思ってる。ぜひ!ぜひ!!

忙しすぎて無理かな。

お後が宜しいようで!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。