【韓国カジノ放浪記】後日談。ギャンブルだけで生活できるのか?

playing-cards-1201257_1280

スポンサーリンク

見事41万円勝利!その後、帰国してどうなった?

 

前回▼

【韓国カジノ放浪記】韓国のカジノで1週間バカラをしまくった結果

僕は無職生活を維持し、ブログなどで生計を立てるため生活費を稼ぎに韓国カジノに旅立った。無謀な挑戦は1週間バカラ三昧という暴挙を経て、目標である36万円勝ちにおまけをつけて41万円勝利で終了となった。

めでたし、めでたしと思いきや…僕の心にある考えが浮かんだ。

「僕って天才かも。ギャンブルだけで生活ってできるんじゃあないのか…?」

後日どうなったのか?

屑エピソードを入荷致しましたので、メシウマどうぞ!

ギャンブルだけで生活ってできるの?

 

僕が大好きな俳優「阿部寛」さん。トリックでも一躍有名になった彼だが、売れない俳優時代パチプロで喰っていたと本人は言っている。

その時代は、パチプロになるのは難しくなくスロットであれば機会割という勝つ為の数値を追い続けていけば難しいものではなかったと聞いている。実際に「あの頃は数百万円稼げたよ」と懐古している人も珍しくない。

じゃあ、ギャンブルだけで生活できるのか?

答えは限りなくNOだ。

なぜか?答えは簡単。

「そこにギャンブル場が存在するから」

である。パチンコ屋、競馬場、競艇場、競輪場、カジノ…なんでもいい。ギャンブルで本当に生活できるのであれば、もうそれらはとっくに潰れてしまっている。なのに、潰れてしまうどころか不景気な中も安定した売上を出し、パチンコなんかは下火と言われてもなお多くの人達が足を運んでいる。

そこには「控除率」と言う「絶対的支配者」が存在し、賭ければ賭けるほど損するように出来ている。控除率などについてはこの記事で触れてるよ。

▼関連記事

【必勝法】ギャンブルで勝てない人が絶対に読むべき本

ただ、どんな業界にも天才は存在する。

あなたの周りにもきっといるかもしれないが、ギャンブラーとして僕が知っている有名な人を紹介しよう。

ギャンブルだけで生活している人は存在する!?

 

プロギャンブラーのぶきさん

ギャンブルだけで世界を6週した強者。

今は活動の拠点を日本にしているそうなので、ギャンブルはどれくらいしているのか分からない。のぶきさんは1000万円アルバイトで貯めたお金で、ギャンブルを仕事にしていくと決めた。

森巣博さん

「非国民栄誉賞」を授与したいと仰っている破天荒ギャンブラー。ここ数十年毎年1000万円以上ギャンブルで勝利し、オーストラリアの豪邸に住んでいるらしい。もちろん、その豪邸はギャンブルで勝ったキャッシュ。

生き様がギャンブラーそのものだからこそ、奥さんにはかなり苦労させた時もあったようで、イギリスのぼろいアパートでお腹をすかせている子供と奥さんが電気と水道の止まった家にいたとかエピソードがすごい。奥さんは良く耐えたとしか言いようがないよね。

ギャンブル好きであれば上の二人の著書はぜひ読んで欲しい。

特に森巣博さんの「賭けるゆえに我あり」は僕が韓国カジノでひたすらにしまくったバカラの醍醐味が読みながらにして味わえる素晴らしい一冊。

そんな素晴らしいギャンブラー二人を紹介したんだけど、あえて言わせていただきたい。

「本当に二人はギャンブルだけで生活できたのか?」

著書の中には勝利報告はあるものの、当然と言えば当然だけど詳しい収支報告などは一切無い。(税務署がアップを始めました的な意味もありつつ)僕としては勝っていると信じているけれど、裏付けや証明するものは本人の心の中だけ。

悲しいかな、ギャンブルでそれを証明する事は難しいが、ただ理論的に可能じゃないかな?という事はある。

ゼロサムゲーム。技術介入があるギャンブル

 

ゼロサムゲームとは、胴元が存在しない賭け方同士でお金を取り合うゲームの事。

麻雀や、株などがそれらに該当して、誰かが損をすれば誰かが儲かると言った様に、運の要素は当然あるけれど、技術介入要素があり、それにより勝率をあげる事ができる。

麻雀がめちゃくちゃ強い人が弱い人をカモにする

株初心者が大損こいている影で玄人が利益をさらっていく

こういう図は想像しやすいと思う。

バカラと同じ様に有名でオンライン人気がとてつもない、テキサスホールデムというポーカーの一種もそうで、日本で有名なポーカープレイヤー木原さんはポーカーで稼いでいる。

こういう形のゼロサムゲームギャンブルであれば、これだけで生活している人は確実に存在すると言えるね。

僕はバカラの天才!その先に待っていたのは…?

 

木原さんがオンラインポーカーでお金を稼いでいるように、バカラもオンラインで行う事ができる。そう、オンラインカジノだ。

広告を出しているこのブログには載せてはいけない内容となってしまうので、詳細は省くが、そのオンラインカジノで「ある男」が「韓国カジノでの勝ち分をほぼ溶かした」と言うではないか。

技術介入がない(正確にはあると言いたい)バカラで、勝利し続けれる、わざわざ韓国まで行かなくても賭ける事ができるなら。。。

男がそう思ったのも無理はない。それほど、カジノで勝った気持ちよさは凄まじかったのだ。

気付いたときは後の祭りである。

まとめ。ギャンブルだけで生活したいなら技を身につけなさい

 

割とショックだったと「彼」は言っていたが、ギャンブラーとはさっぱりしているもの。

結末をどこかで感じていながら見果てぬ夢を抱き、賭け続けるのである。

長かった韓国カジノ放浪記の行く末がこうなるとは、彼も予想していなかっただろうね。

まぁ、胴元が存在するギャンブルで勝ち続ける、つまり安定した生活をする事は相当に無理な事だ。

それを乗り越えるのは常規を逸した賭け方と幸運。例えば、持ち金全てを賭けて4連続勝利するとか、そういう僥倖があれば、数年生活する事は可能。

しかし、日常の仕事としてギャンブルで生活するのであれば、麻雀など技術介入が行えるゼロサムゲームを選ばねばならず、日本では残念ながら違法となってしまうので門は狭い。

無職が好きな事だけをやって生きていけるのか?を試すブログというのがこのブログのコンセプトだけれど、やっぱり僕はギャンブルが好きだ。

誰がなんと言おうと馬鹿だけれど、そんな僕だからこそ見れない景色がきっとあるだろう。という事で、割と本気でカジノコーディネーター、もうちょっと普通に言うとカジノ案内人みたいな事を始めたいと思います。

目下、勉強中。

お後が宜しいようで!

▼ギャンブルで生活したいという無謀な考えがどうしても頭から離れないあなたには、ギャンブルの恐ろしさを体験できるこの本がおすすめ。負け額なんと108億円。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。