あなたはなぜ勝てない?1000万円負けた僕が教えるギャンブル必敗法!

las-vegas-911499_1280

スポンサーリンク

ギャンブルで勝ちたいならまずは必ず「負ける」方法を知ろう!

 

韓国カジノコーディネーター、げばお(@zenigebazura1)だよ。

僕はギャンブルで通算550万円負けている。これはギャンブルに使うと決めて貯金から引き出した額の合計なので、日常的に行っていたパチンコ、スロットをあわせると1000万円は軽く負けているだろうね!(笑えない)

当時は借金もかなりしていたし、幸い全て返済したものの食べるものにすら困ったり、「なぜ、自分はギャンブルで勝てないのか?」と悩んでノイローゼになりそうな時も多々ありました(自業自得)

それでも、ギャンブルを辞める気はないしこのブログのタイトル通り「人生はギャンブル」と考えている僕は「ギャンブルで勝つ」為に、どうしたら「ギャンブルで負ける」のか研究してみた。

負ける方法を知れば自ずと、勝つ方法が見えてくる…。

ギャンブルで通算1000万円以上負けている僕が「ギャンブルで必ず負ける方法」を教えちゃうよ!

ギャンブルは勝てない。控除率の存在

 

まず始めに誤解を恐れずにはっきりと言ってしまうが「ギャンブルは勝てない」これは間違いない事実。

「え?俺…勝ってますけど…」

というあなたは運が良いだけ。

それ以外の【ギャンブル通算成績負け】の人は納得してもらえるだろう。

一日、一ヶ月、一年…そういう単位で勝つ事ができたとしても、人生での通算成績は限りなく【負け】に近づいていくのだ。

それはなぜか?

それはギャンブルには【控除率】が存在するからだ。全てのギャンブルにはギャンブル(賭け)を運営する胴元と子(賭ける人)が存在し子は胴元に対して、賭けに参加する為の【参加料】を払わなければいけない

この参加料を賭けた金額に対して、胴元がどれくらい取るか?を控除率と呼び、ギャンブルで負ける人はここに対してお金を払う事で負けていく。

いくら当たれば数倍、数十倍とお金が増えようとも胴元は【自分たちが絶対に損しない】ように控除率を設定しているため、子である我々は永遠に勝てないということだね。

日本の公営ギャンブルは世界的にみても【搾取】という言葉がふさわしいべらぼうな手数料になっている。

例えば、宝くじの控除率は【54%】。

つまり1000円分購入すると、540円は手数料として取られていることになる。だからこそ当たった時の税金もかからないが、当たる確率は極めて低い。

競馬や競艇は【25%】と幾分低くはなるが、僕が大好きなバカラの控除率【1.17〜1.36%】に比べれば悪魔のような数字だ。

ギャンブルで負け続けている人はまずこの事実を知らなければ一生勝てる事はないと断言できるね。

それでも勝てる人がいるのはなぜ?

 

それでも、ギャンブルで勝っている人は存在する。一般の人だと、そのほとんどがこれに当てはまるだろう。

【たまにしかしないギャンブルで大穴を当てた】

ビギナーズラックとも呼ばれる、普段全くギャンブルをしない人が試しに馬券や宝くじを勝ってみたら、大穴でとんでもない額を勝ってしまった。それ以降はちびちび賭けしかしないし、そもそもギャンブルをする機会が少ないので通算負けていない。

ギャンブルで勝っている人がいるとしたら90%はこのパターンになる

そして残りの10%にギャンブルを数学的に考え、ギャンブルの【隙】をついて勝っている人がいる。例えば、自作の競馬ソフトで全ての馬をデータ化し、馬券を購入することで億単位の収入を得た人。

 このような人は専門的な知識と努力で、ギャンブルという不確定なものを投資レベルに昇華させてお金を増やしている。

他にも、カジノ側の隙をついて「半分イカサマ」に近い様な手法で数十億円を稼ぎだした人もいる。これは、一般に良く知られているブラックジャックのカードカウンティングではなく、カードデッキの一番下を盗み見る事で、プレイをコントロールするものだったりする。

詳細は割愛するけれど、これらのギャンブルで必勝法を築く事は、一般人の我々には難しい。

そしてここからが本題。

それでも、ギャンブルは辞めない。勝ちたいという人こそ「ギャンブルで絶対に負ける方法」を知ることで、その逆を行う事で「負ける確率を格段に減らす」ことができるのだ!


絶対に負けてしまう賭け方とは?

 

ここからは、オカルト(根拠はないが通説として言われている)的な要素も含めて、僕が「ギャンブルで負けたシュチエーション」や「数学的な根拠」を元に、確実に負けてしまうだろうという賭け方を紹介するよ!

これらの逆を行う事で、勝利に近づけるので自分も心当たりがないかよーく考えてみてね。

倍率が低い賭けに、一定の金額を賭け続ける

競馬が趣味で、固いレースなどの人に多いのがこのパターン。競馬でも何でもいいが倍率が2倍程度の賭けを本命として、一定の金額を賭ける。もちろん、固いレースで倍率も低いだけに当たりやすいが、当然外れることもあり、最終的には控除率により手数料負けしてしまう。

ギャンブルの最大の敵は控除率。

長い目で見たときに倍率が低い賭けに、一定の金額を賭け続ける事は最も負けやすい方法になる。

常にオールイン(全額ベット)し続ける

僕が大好きなバカラというギャンブルはプレイヤー、バンカー、どちらかを当てるゲームで当てれば賭けた金額が倍になる。つまり、全額を賭ければ今持っているお金が50%の確率で2倍に増える魅力的なゲームだ。

伝説は多く、持っているお金をオールイン(全額ベット)した事で一気に資金を増やす事ができる、たった一回当てるだけなら難しくはない。オールインで連勝した時の威力は凄まじく、5連勝もすれば一財産気付く事ができる。

例:100万円(持っている全額)を賭けて5回連続で当てた場合

100万円→200万円→400万円→800万円→1600万円

確かに魅力的だが、ギャンブルで大事な事は資金のコントロール。100万円を賭けて5連続勝利し1600万円を得たとしても6回目に全額を賭けて外れれば0円だ。5連続勝った時に一度、賭け金を下げまた最初から始めれば16回負けるまでは資金を失わない。

これは大きな違いで資金コントロールが以下に大事かという事が分かるね。

大勝するまで賭け続ける

ギャンブルで一番難しいのは「やめ時」

「あの時やめていれば…」と後悔した事がある人は多いだろう。

人間調子にノってしまうとなかなかやめれないもので、勝ち続けていると自分が神様にでもなった気分でどんどん賭けてしまう。気がつくと勝ち分ばかりか、持ってきたお金全てを失ってしまう事も珍しくはない。

少しの勝ちでも、控除率という壁を考えれば、その壁を乗り越えられていることが幸運。大勝を望まずに小さな勝ちを積み上げれるギャンブラーは強い。

逆に、小さな勝ちに納得できずに大勝利するまで賭け続ければいつかは破滅してしまう。上に書いた賭け方と同じ事が言える。

流れを無視して賭ける

あくまでも、オカルト要素になるけれどギャンブルには確実に流れというものが存在する。

何を選んでも当てれてしまう時。その逆もまた然り。

ギャンブルで手痛く負けている人は、流れが見えずに熱くなった頭のまま賭けてしまっている場合が多い。

一番多いのが負け分を取り戻そうとして賭ける。というパターンで、そもそもなぜ負けているのか?という流れを読まずに、負け続けている途中に、今までの負けを取り返そうと大金を張ってしまう。

当然のごとく、それらは外れて立ち直れない深手を負うのだ。

今、自分には勝てる流れが来ているのか?それを考えて、流れがないならやめる、これを行っていればその日は負けようとも通算で勝つ確率は高まっていくのだ。

大王製紙の会長は大成功の人生を歩んでいたが、流れが見えずに106億円もの大金をバカラで失ってしまった。恐ろしい…。

【熔ける】大王製紙前会長 井川意高の懺悔録を読んでみた!

2016.06.16

まとめ。必敗法から学ぶ勝ちやすい方法とは?

 

以上が、ギャンブルで1000万円負けた僕が教える絶対に負ける方法だよ。

これはほんの一部で他にもたくさんあるけれど、特に大事なものをピックアップしてみた。他に例をあげると

借りたお金で賭ける

なんかも、ほぼ負けてしまうと断言出来るね。これらを裏返して負けにくい賭け方をまとめるとするとこのようになる。

賭け金を流れにあわせて上げ下げしながら大勝にこだわらず勝ち逃げする

当たり前のように聞こえるが、当たり前のことが一番難しいんだよね。

ギャンブルは必ず負けるもの。ただ、勝つ方法もある。

この矛盾している部分こそがギャンブルで、だからこそギャンブルは人生と似ていて人々を魅了する!なんて素晴らしいんでしょうか。

ちなみに、日本で一番手軽に行えるギャンブル「パチンコ・スロット」の控除率は10%〜15%(ボッタ店はこの限りではない)なので、1000円賭ける度に150円ずつ負けていく計算になる。その中で機械割と戦っているのだから、勝てないってことは分かるよな!

そうなってくると、控除率が最も低いバカラがおすすめだよ!

これらを組み込んだ、バカラ必勝法(負けにくい方法)はカジノ放浪記で紹介している。

興味があればぜひどうぞ!

【韓国カジノ放浪記】バカラ必勝法を発見!ギャンブル地獄から生還?

2016.07.14

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。