なぜ勝てないのか?ギャンブルで必ず負ける賭け方を教えます

スポンサーリンク

通算1000万円ギャンブルで負けた筆者が負ける賭け方をまとめました

韓国カジノコーディネーター、ぜにげばお(@zenigebazura1)です!

いきなり告白しますが僕は公営ギャンブルで通算550万円負けています

ギャンブルに使うと決めて貯金から引き出した額の合計が550万円ですから、日常的に行っていたパチンコ、スロットをあわせると1000万円は軽く負けていますね!(笑えない)

カジノコーディネーターを名乗るくらいですからカジノでは勝ち越していますので昔の話です。

公営ギャンブルにはまっていた当時は借金もかなりありましたし、食べるものにすら困っていました。100円均一でカップラーメンすら買えないときは「なぜ、自分はギャンブルで勝てないのか?呪われてるんじゃないか」と悩んでノイローゼになりそうなもありましたね。

そこから脱却しこのブログを書きながらある日ふと考えました。

これだけ負けているならそこから何か分析できるはず!

負ける方法を知れば、自ずと勝つ方法が見えるのではないかと。

そこで過去ギャンブルで負けたパターンなどを分析し「ギャンブルで必ず負ける方法」をまとめてみました。

ギャンブルは原則勝てない

まず始めに誤解を恐れずにはっきりと言いますが「ギャンブルは勝てない」これは間違いない事実です

『え?俺勝ってますけど?』

というあなたは運が良いだけです。

これからずっとギャンブルをやり続ければ確実に負けていきます。

1日、1ヶ月、1年…そういう単位で勝つ事ができたとしても、人生での通算成績は限りなく【負け】に近づいていく仕組みになっています。

なぜか?

それはギャンブルには【控除率】が存在するからです。

全てのギャンブルにはギャンブル(賭け)を運営する胴元と子(賭ける人)が存在し子は胴元に対して、賭けに参加する為の【参加料】を払わなければなりません。

この参加料を賭けた金額に対して、胴元がどれくらい取るかを控除率と呼び、ギャンブルで負ける人はここに対してお金を払う事で負けていきます。

当たれば数倍、数十倍とお金が増えようとも胴元は【自分たちが絶対に損しない】ように控除率を設定しているため、子で参加する人は一生勝つことができません

さらに日本でギャンブルをすると負ける確率はぐっと高くなります。それは日本の公営ギャンブルの控除率は世界的にみても【搾取】という言葉がふさわしいべらぼうな数字だからです。

例えば日本の宝くじの控除率は【54%】と言われていますつまり1000円分購入した時、540円は手数料として取られます。それだけの控除率だからこそ当たった時の税金もかからないようになっていますが、当たる確率は極めて低いのはご存知のはず。

競馬や競艇の控除率は【25%】と幾分低くはなるが、僕が大好きなバカラの控除率【1.17〜1.36%】に比べれば悪魔のような数字ですね。

ギャンブルで負け続けている人はまずこの事実を知らなければ一生勝てる事はないと断言できます

それでも勝てる人がいるのはなぜ?

それでもギャンブルで勝っている人は存在します。

そのような人はほとんどがこのパターンになると思います。

たまにするギャンブルで大穴を当てた

普段全くギャンブルをしない人が試しに馬券や宝くじを勝ってみたら、大穴でとんでもない額を勝ってしまったとか、旅行でジャックポット付きのスロットで超高額配当が当たったとか、一度に大金を儲けそれ以降はちびちび賭けていない人。

そもそもギャンブルをする機会が少ないので通算負けていないという人ですね。

ギャンブルで勝っている人がいるとしたら95%はこのパターンでしょう。

残りの5%はギャンブルを数学的に考え、ギャンブルの【隙】をついて勝っている人です

例えば自作の競馬ソフトで全ての馬をデータ化し、馬券を購入することで億単位の収入を得た人がいます。

 このような人は専門的な知識と努力で、ギャンブルという不確定なものを投資レベルに昇華させてお金を増やしています。なのでギャンブルとは呼べないような気がします。

他にもカジノ側の隙をついて「半分イカサマ」に近い様な手法で数十億円を稼いだ人なんかもそうですね。

詳細は割愛しますがこれらのギャンブルで必勝法を生み出すことは一般人の我々には難しく、あくまでもギャンブルとして勝負するしかありません。

それではここからが本題です。

負けることが前提でもギャンブルで勝ちたい人は「ギャンブルで絶対に負ける方法」を知ることで負ける確率を格段に減らせます

絶対に負けてしまう賭け方とは?

ここからは「僕がギャンブルで負けたシュチエーション」や「数学的な根拠」を元に確実に負けてしまうだろうという賭け方を紹介します。

これらの逆を行う事で、勝利に近づけるはずなので自分も心当たりがないかよく考えてみて下さい。

倍率が低い賭けに一定の金額を賭け続ける

競馬が趣味で、固いレースが好きな人に多い賭け方がこのパターンです

競馬でも何でも構いませんが倍率が2倍程度の賭けを本命として一定の金額を賭けるやり方は確実に負けていく方法として有名。もちろん倍率も低いだけに当たりやすいですが、当然外れることもあり最終的には控除率により手数料負けしてしまいます。

ギャンブルの最大の敵は控除率。

長い目で見たときに倍率が低い賭けに一定の金額を賭け続ける事は最も負けやすい方法になると覚えておきましょう。

常にオールイン(全額ベット)し続ける

僕が大好きなバカラはプレイヤー、バンカー、どちらかを当てるゲームで当てれば賭けた金額が倍になります。つまり全額賭ければ今持っているお金が50%の確率で2倍に増えてしまいます。

それだけに持っているお金をオールイン(全額ベット)して勝ち続け伝説を作った人はたくさんいます。オールインで連勝した時の威力は凄まじく、元手が100万円でも5連勝もすれば1600万円になります。

例:100万円(持っている全額)を賭けて5回連続で当てた場合

100万円→200万円→400万円→800万円→1600万円

確かに魅力的なのですがギャンブルで一番大事なのは資金のコントロールです。

100万円を賭けて5連続勝利し1600万円を得たとしても6回目に全額を賭けて外れれば0円になります。5連続勝った時に一度賭け金を100万に下げまた最初から始めれば、5連勝を16回試すことができますからね。

資金をコントロールしなければギャンブルの前では直ぐに身ぐるみはがされてしまう。

とても大事なポイントです。

大勝するまで賭け続ける

ギャンブルで一番難しいのはやめ時です。

ギャンブラーなら誰しもが「あの時やめていれば…」と後悔した事はあると思います。

ただ人というのは調子にのってしまうとなかなかやめれないもので、勝ち続けていると自分が神様にでもなった気分になりどんどん賭け続けてしまいます。気がつくと勝ち分ばかりか、持ってきたお金全てを失ってしまう事も珍しくはありません。

たとえ、少し勝っている状態でも控除率という壁を考えればその壁を乗り越えられていることが幸運だと、大勝を望まずに小さな勝ちを積み上げれるギャンブラーはとても強いです。

逆に小さな勝ちに納得できずに大勝利するまで賭け続ければいつかは破滅してしまうようになっています。

流れを無視して賭ける

ギャンブルには確実に流れというものが存在します

何を選んでも当てれてしまう。

その逆もまた然りで、どんな状態でも当たり続けるときがを僕も経験しました。

ギャンブルで手痛く負けている人は流れが見えずに熱くなった頭のまま賭けてしまっている場合が非常に多いです。

一番多いのが負け分を取り戻そうとして賭けて負けるというパターンで、そもそもなぜ負けているのか?という流れを読まずに、負け続けている途中に、今までの負けを取り返そうと大金を張り取り返しのつかないことになります

今、自分には勝てる流れが来ているのか?それを考えて、流れがないならやめる、これを行っていればその日は負けようとも通算で勝つ確率は高まっていきます。

大王製紙の会長「井川意高」は大成功の人生を歩んでいたましたが、流れが見えずに106億円もの大金をバカラで失ってしまいました。恐ろしい。

【熔ける】大王製紙前会長 井川意高の懺悔録を読んでみた!

2016.06.16

こうなることは逆に難しすぎるので「こうならないように」とは言えませんが、井川会長の本を読んでみてるとそうならない方法が分かるかもしれません。

まとめ

  • 一定額を倍率が低いものに賭け続ける
  • 常にオールインし続ける
  • 大勝ちするまで賭け続ける
  • 流れを無視して賭ける

以上がギャンブル必敗法です。

つまりこれらの賭け方をしないようにすれば負ける確率をぐっと減らすことができます。

倍率が高いものをあえて狙ってみたり、資金をコントロールする。ギャンブルをやり続けるにはそれらの工夫や流れを読むことが絶対に必要です。

経験的に他にも負けやすい賭け方があります。それは

借りたお金で賭ける

です。

これは結局流れを無視すると同じことなのですが、借りた分+αをどうにかしようと熱くなってしまうので負ける確率は高いです。

これらの必敗法からより勝ちやすい賭け方をまとめるとこうなります。

賭け金を流れにあわせて上げ下げしながら大勝にこだわらず勝ち逃げする。

当たり前のように聞こえますが、この当たり前のことが一番難しいですよね!

ギャンブルは必ず負けてしまう!ただ、勝つ方法もある。

この矛盾こそがギャンブルで、だからこそギャンブルは人生と似ていて人々を魅了する!ということですね。

ちなみに日本で一番手軽に行えるギャンブル「パチンコ・スロット」の控除率は10%〜15%(ボッタ店はこの限りではない)なので、1000円賭ける度に150円ずつ負けていく計算になります。

控除率が最も低いバカラに教訓を組み込んだ、バカラ必勝法(負けにくい方法)はカジノ放浪記で紹介しているので興味があればぜひどうぞ!

【3日目】これで負けない!韓国カジノでバカラ必勝法を試す!

2016.07.14

ちなみに僕はこの本から勝ちやすい賭け方を学びましたよ!

お後が宜しいようで!

良く読まれてます

「倶楽部銭屋」

↑毎週土曜日と不定期追加配信!

・バカラに関するコラム

・あらゆるギャンブルに関するコラム

・カジノ誘致、海外カジノ情報など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)