パチンコ・スロットで死ぬ前に。勝てないギャンブルランキング!

web_shodo (37)

スポンサーリンク

断言。パチンコ・スロットは「勝てない」

 

パチスロ大好き!げばお(@zenigebazura1)だよ!

あなたはパチンコ、スロットしますか?

する人はお金が余っていて勝ち負け抜きに趣味として楽しんでいるならば全然OK!ただ【勝つ】という目的がある人、まだやったことが無い人はパチンコ、スロットだけには手を出してはいけないと言っておこう。

かくいう僕もギャンブルが大好きで、過去にはパチスロだけで500万円以上負けている

バイト時代は平均30万円、サラリーマン時代は平均90万円の給料をもらっていたがその大部分をパチスロに当てていたのだからこれくらい負けて当然。でも僕以上に負けている人は年配の方ならゴロゴロいるだろうね。

僕がこれだけ負けたから単純に勝てないと言っている訳ではない…!

その理由と、パチンコ、スロット以外のギャンブルで勝つ事が難しいものをランキング形式でまとめてみたよ。

僕のパチスロ遍歴

 

僕はどのようにパチスロで負けたのか?遍歴を書いてみるね。

注意

パチスロに興味がない人は読み飛ばして下さいね

僕が始めてホールデビューしたのは1◯歳頃。【◯はお察しを】。

本来は入場が禁止されている年齢だったけど、通信制という時間が有り余る高校だっただけに興味本位でお店に入ってみた。初代GODやアステカ、スーパービンゴなどを1000円くらい打って「つまんね」と思ってやめた。

本格的に打ち始めたのはそのちょっと後。

バイトを始めバイクをローンで購入し毎月の支払いなどが出てきた僕はスロットでお金を増やそうと考えた。ちょうど、スロット好きなバイトの先輩から誘われてジャグラーや島唄などを打ち始め、ビギナーズラックで5000枚出た事をきっかけに完全にスロットにはまってしまう

始めての大勝から数ヶ月経った頃には、お金と時間があればとにかくスロットに通うようになった。当時住んでいた長崎の賃金は安く一日6時間20日以上働いても5、6万円の給料だったのであっという間に底をつく。何度も、バイト代が無くなっていくうちに、もはや当初の【増やす】という目的は消え失せ【負けた分を取り戻す】という考えに。こうなったらどんなギャンブルも勝てなくなってしまうものだよね。

時代と共に次々に新しい台が出た。ジャグラー、島娘、黄門ちゃま、サブちゃん、森の石松、闘神雷電花田勝、北斗の拳、吉宗、銭形、鬼武者、番長、ハローサンタ、秘宝伝、夢夢ちゃん、ウイニングポスト、モグモグ風林火山、こんな感じのラインナップ。吉宗には、当時副業で稼いだ200万円ほどを全額突っ込んで負けたのは良い思い出。当時は爆裂機と呼ばれていたからこそ、一日に40万円勝つなんて事は珍しくなかった。しかし勝ってもまた突っ込んでしまうのだ。

それでも、スロットを続けているうちに、僕にとってスロットはライフワークとなっていた。

長崎から東京の高校に単身転校した後からは、4号機と呼ばれる出玉が多いスロットの時代が終わりかけてくる。射幸性が抑えられた5号機が台頭してきて、4号機に比べればつまらなかったが、新台がでれば構わず打った。

常に勝つことは頭にはあるけれど、それよりも打つことが目的。よほどのジャンキーだったと思う。

移住してからはバイトでも40万円くらい稼げるようになったので気分も大きくなり、ライフライン以外のお金は全てスロットに。ここらからはパチンコも打つ様になる。

卒業後、新しくできた彼女と同棲した頃には、唯一の収入源であるバイトもやめ借金をしながらパチンコ、スロットを打つようになる。当時はお金を借りる事も今より簡単だったから無職でも借りれた。

会社員になり給料がバイト時代よりさらに倍になってきた頃には時間があまりなくなってきたが、それでも休みの日にはパチンコ屋に出かけてしまう

月日は流れ27歳になりスロットを取り巻く環境も変わりどんどん勝てなくなると言われ、それは実感している。それでも、10代の頃に見たGODがリバイバルとして出始めた頃までやっていたのだから恐ろしい。

数えるまでもなくパチンコ、スロット打った台の種類は数百種になるだろうね。そうして負けに負けたお金は500万以上…ただ僕が思うにこれでも運が良い方だったと思う。もっと負けていてもおかしくないからだ。

パチンコ、スロットの歴史は書けばいくらでもかけるほどで、この間にも一喜一憂、喜怒哀楽が数えきれないくらいにあった。怪しい攻略本をオークションで買ってみたり、バイトをさぼって仲の良い友達と早朝からお店に並んだり、青春の一ページであることは間違いない。

このようにパチンコやスロットを愛し、そして憎んできた僕だからこそ言える。

絶対に勝てない!(何度でも言おう)

前置きはこれくらいにしてその理由を説明しよう。

控除率の罠。パチンコ・スロットには存在しない?

 

すべてのギャンブルには控除率と呼ばれる胴元の取り分を表す数値が大きく関わってくる。この控除率は賭けに参加するための手数料のようなもので、賭けた金額の一割は、ギャンブルの勝敗に関わらず支払わなければならない。

控除率が10%であれば1万円賭けたら1000円、10万賭けたら10000円と、常に手数料を取られてしまう。

この控除率が存在するからこそ、全てのギャンブルは勝てないのだ。

控除率についてのもうちょっと詳しい解説は

あなたはなぜ勝てない?1000万円負けた僕が教えるギャンブル必敗法!

2016.08.18

こちらに書かれているのでどうぞ。

この控除率でさえギャンブルの公平性を保つため(という前提)で作られているのに、恐ろしいことにパチンコ、スロットに関してはその控除率が無い

パチンコスロットの控除率は一般的に10%〜15%と言われているけれど、これはあくまでも暗黙の了解で、機械の設定に検定がある仕組みが基本、設定や釘の調整で店側が自由に控除率を決める事ができるようになっている。

つまり、お客さんからどれだけでもお金を抜ける仕組みになっているのだ。これこそが【優良店】【ボッタ店】の違いでボッタ店の控除率は恐ろしいことになっているだろうね。

もうこれだけで十分勝てない上に、パチンコ屋の運営経費がとてつもなくかかる営業形態も加わって、お客さんからお金を絞りとらなければやっていけない仕組みが出来上がっている。運営経費の観点から見てパチンコ屋がどれほど勝てないかは下記の記事をどうぞ。

パチンコをやめたいけどやめられない人必読。おすすめの本を紹介!

2016.04.15

さらにパチンコ、スロットには射幸性を低くする為に出玉を少なくする為の規制がかかっていて、これはカジノ法案成立までどんどん締め付けられると言われているほどだ。

冗談じゃなくて、パチンコ、スロットを趣味ではなく、勝つ為にやり続けるのであれば「死」すら見えてくる。

絶対に負けるからこそパチンコ屋がそこにある。

それこそが、パチンコ・スロットが絶対に勝てない理由なのだ。

それではお待ちかねの勝てないギャンブルランキングをどうぞ!


勝てないギャンブルワーストランキング!

 

第5位 バカラ 1.17%

プレイヤー、バンカーにトランプのカードを配りより9に近い方が勝ちとなるゲーム。全ギャンブルの中で最も控除率が低いと言われ(賭け方次第ではクラップスの方が低い)、1000円賭けたときに減っていく金額は12円ほど。

僕は韓国カジノでひたすらプレイし約50万円の勝利を収めたよ!

【韓国カジノ放浪記】韓国のカジノで1週間バカラをしまくった結果

2016.07.28

第4位 キノ・ゲーム ビンゴ 控除率20%

日本ではあまりなじみのないキノ・ゲーム。割とポピュラーなビンゴ。数字を選択し、その当否で払い出しの倍率が決まるゲーム。宝くじと同じ要素で一攫千金も狙えるため、小さな当たりも当たりにくい仕様になっている。

1000円賭けたときに減る金額は200円。バカラの19倍の手数料を取られていると考えると恐ろしくてできないよね。

第3位 公営ギャンブル(競馬、競艇、競輪、オート)控除率25%

国が運営している日本の公営ギャンブルの控除率は25%。搾取と言っても過言ではないこのレートに関わらず競馬ファンは多く、人気の種目。これは世界的にも例を見ない控除率の高さでギャンブルの確率を研究する専門家さえも「競馬予想者で通算で勝っている人はいない」と言わしめるもの。

やり続ければ破滅へ一直線。それが公営ギャンブルだ。

第2位 サッカーくじ(BIG、toto)控除率50%

暴利も暴利。この銭ゲバめ!

日本で販売されるサッカーくじの控除率は脅威の50%。宝くじを購入した時点で買った金額の半分はドブに捨てているようなもの。サッカーくじは当選金額が最高6億円とチャリロトについで高額なため、末等(一番当たりやすい)もかなり当たりにくい。

最早、ギャンブルというよりは寄付。

スポーツに賭けて楽しみたいのであればブックメーカー(スポーツベッティング)などの方が25倍勝てる。

第1位 宝くじ 控除率54%

一位はサッカーくじを除く、日本で発売されている宝くじ。ジャンボ、スクラッチなど含めてその控除率は世界最高。

シンガポールなどのカジノの売上が3000億円ほどと言われている中で、日本の宝くじの売上は1兆円越え。主要駅のみならず、町中のいたるところに宝くじ売り場があることを考えれば納得だ。

宝くじが当たりやすくなる開運グッズも飛ぶ様に売れたりと宝くじの人気は凄まじい。それなのに、世界で一番損をするギャンブル…。これって悲しいことだよね。

番外編 パチンコ・スロット 控除率??%

お店次第では宝くじよりも控除率が高くなる様な恐ろしいボッタ店もある。一般的には10%〜15%と言われているがお店側が自由に控除率を変えることができる。

パチンコ店の運営経費を考えれば、どうなっているかは分からない。

繰り返しになるが【絶対に勝てない】ことは間違いないぞ!

まとめ。趣味ならばいくらでも。勝ちたいなら絶対にするな!

 

以上が勝てないギャンブルランキング。

もちろん、これは控除率の話である程度の回数を試行した場合の数字の為、数時間、一日単位で切り取れば勝つ事だって当然ある。それでも、最終的にこの控除率が勝利のカギを握っていて、胴元が必ず勝つようになっていることは忘れてはいけない。

パチンコ・スロットがいくら勝てなくても、演出の面白さや、店舗のイベントなど含めたアミューズメントとしてレベルが高いことは百も承知。趣味として楽しむのであれば、一向に構わない。ただ「勝ち」にこだわるのであれば絶対に手を出してはいけないぞ。

パチンコへの締め付けが厳しくなる中、カジノ法案に関する話題もあがっているが、パチンコ業界の一つの終焉が来ると感じている。

勝ちたいならパチンコ・スロットはするな!(何回言うねん)

昔の僕みたいになっちゃうぞ!(ドヤぁ)

お後が宜しいようで!

パチンコが勝てないことをそれでも信じれないあなたはこれを読んでみて!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。