アマゾンプライムビデオで見れる映画(邦画)おすすめ21選!

スクリーンショット 2016-04-13 0.44.12

スポンサーリンク

プライムビデオの邦画ラインナップはどんな感じ?

 

洋画のラインナップは満足できたけど邦画はどうなんだろう?

そんな素朴な疑問からプライムビデオで見れる邦画を全てチェックし、実際に見て面白かったおすすめ映画を紹介するよ!

個人的には邦画もとても満足なラインナップでしたー!

▼アニメ・洋画はこちらをどうぞ!

Amazonプライムで見放題。おすすめTVアニメ・アニメ映画29選!

2016.05.08

Amazonプライムビデオで見れる映画からおすすめ46選!

2016.04.16

プライムビデオおすすめ21選!

 

八日目の蝉

今日まで母親だと思っていた人は、自分を誘拐した犯人だった。21年前に起こったある誘拐事件―。封印していた過去と向き合い、かつて希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜が見つけた衝撃の真実。そして、恵理菜の下した決断とは…?

親子の愛をひしひしと感じれる映画。

独身の時に一度。結婚してから嫁と一緒に一度見たけれど、その時々で違った感じ方ができる。子供が出来た今、もう一度見てみたい。号泣必至とまでは言わないが、本屋大賞を取っただけあって、多くの人に共感出来る内容になっている。

劇団ひとりはおいといて、小池栄子の演技もいいし、井上真央はまさにはまり役!

ざけんじゃねぇ!

キッズウォーの頃が懐かしいね。

冷たい熱帯魚

園子温監督による金字塔的傑作!熱帯魚店を営んでいる社本と妻の関係はすでに冷え切っており、家庭は不協和音を奏でていた。ある日、彼は人当たりが良く面倒見のいい同業者の村田と知り合い、やがて親しく付き合うようになる。だが、実は村田こそが周りの人間の命を奪う連続殺人犯だと社本が気付いたときはすでに遅く、取り返しのつかない状況に陥っていた。

実話をベースにしたショッキングな映像の連続。

園子温監督らしいタッチで描いた作品。R18なので言わずもがなの絵面なんだけど残酷な殺人シーンの中で、映画館のお客さんが声をあげてクスリと笑う様なユーモアがある。

殺人鬼をえんじるでんでんさん。中野の新井薬師神社の豆まきに来てた時はとても良いおじいさんだったが、映画の中ではとてつもなく怖いさすが役者です。

新・仁義なき戦い

俺は生きざま、こいつは死にざまや。一人は大暴力団傘下の幹部に、もう一人はコリアン実業家になって30年ぶりに再会する幼馴染みの男二人。凄まじい暴力の世界に生きるヤクザ群像をドラマチックに映像化!

 

布袋と豊川悦司がとにかくかっこいい!

仁義なき戦いを、阪本順治監督色に塗り替えた歴史的一本。

オープニングで葬儀に参列するシーンが素晴らしく、車から役者が下りてくるだけで引き込まれしまった。長回し、スローモーション、キルビルでも使われた布袋の音楽が抜群にかっこいいです。冒頭だけでも見る価値あるかも!?

リング

「ビデオに殺されるなんて」 見ると一週間後に死ぬ─噂の呪いのビデオの取材をしていたTVディレクター・浅川玲子の親戚の娘が、そのビデオを見て死んだ。 事件を追いかけるうちに玲子もそのビデオを観てしまう。彼女は別れた夫で超能力者の高山竜司に相談し、彼もまたビデオを観る。息の詰まるような限られた時間の中で生き残りをかけて謎に挑む二人は、やがて一人の女性の存在にたどり着く。

何度見ても怖いし、何度見ても面白い。

日本ホラー映画の金字塔だけあって原作の再現度も含めた完成度はとても高い。撮影中に監督の腰に女がずっと抱きついていた話とか、もう監督の存在自体がホラーですな。

黒い家

若槻は保険の営業のため訪れた菰田重徳の家で子供が首を吊った状態で死亡しているのを発見してしまう。事件の疑いが濃厚な事案であったことに加え、菰田家には以前にも自傷とも疑われる不可解な保険金請求があったことから、若槻の会社では保険金の支払いを保留していたが重徳は執拗に支払いを求める。疑念を抱いた若槻は、一連の事件の首謀者を重徳と推測、妻の幸子に注意を促す匿名の手紙を送るのだが…。

大竹しのぶの演技に釘付けになってしまう。

リングに続けてホラーだけどこっちは、生きてる人間が一番怖い!というリアルな怖さ。まだ小さかったので、大竹しのぶを始めて女優として見たけれど怖かったぁ。

見かけからは分からない人間の怖さをワンカットであぶり出される。こんな家が自分の家の近くにあったら…そう考えると、寒気が止まらないね。

バトル・ロワイアル

中学生同士が殺しあう、という衝撃的な内容で賛美両論を巻き起こした高見広春の原作を、アクション映画の大御所、深作欣二が完全映画化!本作も原作同様世間を騒がし、国会で議論になるほど破門を広げた。

高校生当時、価値観が変わってしまうほどの衝撃策だった。

国会でも取り上げられ、社会現象にもなり、それだけに藤原竜也の人気を固めた作品でもあるよね。高校生が殺し合うっていうショッキングな内容で、切ない物悲しさがある。

Dragon Ashが歌うエンディングテーマ「静かな日々の階段を」は良曲です。

GO

直木賞を受賞した金城一紀の同名ベストセラーを映画化。スタイリッシュなストーリー構成でユーモア溢れるセリフ満載の脚本も官九郎節が炸裂し「クドカン」ファンの期待を裏切らない。恋に友情に悩み傷つきながらも、国籍や民族といったボーダーに捉われない新たなアイデンティティを徐々に見出していく主人公の青年を窪塚洋介が爽快に演じる。

砂場でのボクシングシーンが見所!

見た当時は、在日問題とかが全く分からなかったので、柴崎コウの可愛さにひたすらノックアウトされてた。とにかく、ひたすらかわいい。

でもホテルに行って在日っていう事実を知ったら直ぐに態度が変わるのはちょっとなぁ…

と思いつつも、まぁ許しちゃうよね。この映画での照明さんが、北野たけしの映画でも活躍しているらしく、たけしも見て一発で分かったというほど素晴らしい仕事をしている。

[Focus]

TVカメラ、盗聴器、拳銃……。真実の捏造現場に迫る超リアル・サスペンス!盗聴マニアの内気な青年、金村。無線機が唯一のコミュニケーション手段である彼は、まさに現代を代表する若者の1人。そんな金村がTV局の取材を受けることに。クルーはディレクターの岩井、カメラマンの佐野、そしてADの中山容子の3人。岩井は視聴者受けする番組を捏造するため、金村を変質者に仕立て上げようとする。取材中、金村の携帯電話が拳銃密売の会話を受信。その拳銃を岩井たちが手に入れたことから、事態は急変。2度と後戻りできない暴走が始まった…。

THE・オタクな格好をしている浅野忠信が新鮮。

ドキュメンタリータッチなのでハラハラ感がアップ。ちょっとマイナーな作品もこうして取り揃えているのは嬉しいね。

武士の家計簿

幕末から明治。激動の時代を知恵と愛で生き抜いたある家族がいた――。  代々加賀藩の御算用者(経理係)である下級武士の猪山直之は、家業のそろばんの腕を磨き出世する。しかし、親戚付き合い、養育費、冠婚葬祭と、武家の慣習で出世の度に出費が増え、いつしか家計は火の車!一家の窮地に直之は、“家計立て直し計画”を宣言。家族一丸となって倹約生活を実行していく―。猪山家三世代にわたる親子の絆と家族愛を描いた物語。

節約がいきすぎると銭ゲバと呼ばれるけれど、この映画を見ていると適度な節約って幸せだなって思えてくる。

節約の為に、お祝いの席でも鯛を買わずに絵で描く所なんかはとてもほほえましく落語のようでもあり面白い。

おとうと

東京の郊外で、夫亡きあと小さな薬局を営み、一人娘の小春を育ててきた姉・吟子。大阪で何ひとつ成し遂げないまま歳を重ねてしまった弟・鉄郎。音信不通だった彼が突然、小春の結婚式に現れる。

鶴瓶演じる「おとうと」の駄目っぷりが光る映画。

鶴瓶さんは、吉永小百合さんクラスの女優と共演しても存在感が負けないところがすごい!同じ駄目人間としておとうとにはすごく共感できるなー。

GONIN

「キレたら止まらない」―――鬼才・石井隆監督が、佐藤浩市、本木雅弘、竹中直人、ビートたけしら超豪華キャストを迎えて贈る傑作バイオレンスアクション! バブル経済は崩壊し、社会から弾き出された5人の男がいる。人生の瀬戸際に立たされた彼らは、生き残りをかけて一発逆転の賭けに出る。

全員の演技がとにかく濃い!一度見たら癖になってしまうような映画。

たけしにもっくん、佐藤浩市など全員、ホモぉの展開に笑ったね。

なぜ、ホモぉなのか?「GONIN2」を見てない僕には語れないのが悔しいです。

SPEC~翔~/警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿

2010年10月より放送された『SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~』が、スペシャルドラマとなって復活!連続ドラマ最終回から1年後を描き、未解決のまま残された数々の謎がいよいよ明らかに!また、本作品は『劇場版SPEC~天~』へとつながる内容ともなっている。

ドラマから映画化への作り替えがやばうま!

テレビドラマの良さは十分に残しつつ、うまく映画の尺にあわせて演出しているところがさすが堤監督と言ったところです!

武士の献立

優れた味覚と料理の腕を持つが、気の強さが仇となって1年で離縁された春(上戸彩)は、ひょんなことから加賀藩の料理方である舟木伝内(西田敏行)に料理の腕を見込まれ「息子の嫁に」と懇願される。伝内のたっての願いで、息子安信(高良健吾)のもとへ嫁ぐことを決意した春。舟木家は代々藩に仕える包丁侍の家。しかし、夫となる跡取り息子の安信は料理が大の苦手で、4つも年下。春は、姑の満(余貴美子)の力も借りながら、必死に夫の料理指南を始めるが・・・。

実在した料理番の武士達の日常にスポットをあてているだけあってリアリティがある。

GONINを見た後だと、高良健吾に思わずホモぉになりそうな男前っぷりで、着物が良く似合っていたよ。料理ができる男はモテるって言うけど…

時代が違ってもそうだったんだな。

舟を編む

出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめ みつや)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」――見出し語は24万語。完成まで15年。編集方針は「今を生きる辞書」。個性派ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂(へんさん)の世界に没頭する。そんなある日、出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?馬締の思いは伝わるのだろうか?

仕事へかける情熱を思い出させてくれる(ホントか!?)。

辞書一冊に人生をかける人達の話で、一つの仕事に熱中できる男の生き様にただ打ちのめされるばかり。原作を読んだ時は、働いていたけどここまでこだわって何か一つを作り上げるという事に心から感動した。

不器用だけど真面目でまっすぐな主人公に、松田龍平がはまり役です。

蛇にピアス

渋谷を徘徊する19歳の少女ルイは、クラブで知り合ったアマの蛇みたいに割れた舌(=スプリットタン)に心を奪われる。後日、アマに連れて行かれた妖しげな店で、全身に刺青を施し、顔じゅうにピアスのある店長のシバに、舌ピアスをあけてもらう。少しずつ穴を拡張しスプリットタンにするつもりだ。その日以来、彫り師のシバに強い憧れを抱いたルイは、自分にも最高の絵を刻みたいと思うようになる。

吉高由里子のぽろりが見れるのでファンはぜひ!!!

Charaの主題歌が作品の雰囲気にとってもあっていておすすめですよー!

たそがれ清兵衛

幕末の庄内、海坂藩。平侍の井口清兵衛(真田広之)は妻を亡くし、二人の娘と老母のために下城の太鼓が鳴ると家路を急ぐ毎日。同僚たちはそんな彼を“たそがれ清兵衛”と呼んでいた。ある日、幼なじみの朋江(宮沢りえ)を救ったことから剣の腕が噂になり、上意討ちの討手として清兵衛が選ばれてしまう。清兵衛は藩命に逆らえず、朋江への想いを打ち明け、切腹を不服とする余吾膳右衛門(田中泯)が立てこもる死地に向かった……。

人間ドラマでありながら、本格的な殺陣も見れちゃう。

やっぱり、山田洋次監督の時代劇に外れなしだね。奥さん役だと、武士の一分の壇れいもいいよねぇ。

あまり時代劇を見ない人にもおすすめできる作品だよ。

苦役列車

1986年。19歳の北町貫多は、明日のない暮らしを送っていた。日雇い労働生活、なけなしの金はすぐに酒と風俗に消えてしまい、家賃の滞納はかさむばかり。そんな貫多が職場で、新入りの専門学生、日下部正二と知り合う。

古書が好きな駄目主人公の屑っぷりが突き抜けていてとても気持ちいい。キャスティングが光っているので、原作の雰囲気そのままに見れるところが嬉しい。

鉄男 THE BULLET MAN

お前の愛で 世界を壊せ!最愛の息子が殺され、幸せな生活を突然破壊されたアンソニーと、妻ゆり子。犯人を追う二人がたどり着いたのは父ライドが関与した“ある計画”と地下に隠された家族の真実。

塚本信也監督のファンなら見ておきたい!鉄男が空を飛ぶ、と聞いただけで心躍っちゃうよね。

塚本監督の作品だと「六月の蛇」が一番おすすめ。

まだ一本も見た事ない人はここから入るとちょっときついかもしれない。初期作品からどうぞ!

手紙

川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に野球帽を目深に被った青年の姿がある。武島直貴、20歳。暗い目をしたこの青年には、人目を避ける理由があった。兄・剛志が、直貴を大学にやる学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。数度にわたる引越しと転職。兄貴がいる限り、俺の人生はハズレ。そういうこと―。自暴自棄になる直貴を、深い絶望の底から救ったのは由美子の存在だった。しかし、その幸せが再び脅かされるようになった時、直貴は決意する。…塀の中から届き続ける、この「手紙」という鎖を断ち切ってしまう。

ラストできっちり一流の仕事をする東野圭吾さんの技がそのまま活かされていて泣けた!

小田和正のバックミュージックがいるかいらないかは見る人の意見が分かれるところだけど…どっちにしろ泣いちゃうやんか!

ピンポン

才能にあふれ、卓球が好きで好きでたまらないペコ。子供の頃から無愛想で笑わないスマイルにとってペコはヒーローだ。だが、ペコはエリート留学生チャイナに完敗。インターハイでも、幼なじみのアクマに敗れてしまう。一方スマイルは、コーチに才能を見い出され、実力をつけていく。現実の壁にぶつかったペコと強さに目覚めたスマイル。それぞれの道を歩き始めた彼らに、またインターハイの季節がやってきた…。

見事に原作を映画化しているのが100点!

冒頭の「I Can Fly」のシーンがめちゃくちゃCGで処理されてると特集で知って当時驚いたのを覚えてるよ!CG技術ってこんなところにも使われているんだぁ!って。

スクラップ・ヘブン

「想像力があれば、俺も世の中ももう少しマシになってると思うんだ」 この言葉をきっかけに、ふたりの男と謎の女の「暴走」が始まる。行きつく先は天国(ヘブン)か、それとも…。ディープなテーマをシニカルに笑い飛ばす、新世代バディムービー!

ちょっと、中二病臭がするのがたまらない。

栗山千明が可愛い。加瀬亮とオダギリジョーが若い。それだけで見る価値ありと言ってもいいでしょうね。

まとめ。たまには邦画もどうでしょう?

 

みなさん邦画見てますか?

正直なところ社会人になって(今は違うけど)展開が乏しかったり、どうしてもCGなどが見劣りしてしまうので敬遠しがちになってしまっていたんだよね。

いざ、見ようと思っても洋画があればそっちを先にチェックしてしまい、なかなか見る機会がなかったけれど、見放題でいつでも見れるとなると話は別

iTunesビデオは古く知らない作品も多いが、プライムビデオの場合知らない作品が少ないと感じた。最新作や、個人的に見たい北野たけしシリーズをカバーしていれば最高だったけど、それでも十分すぎるラインナップだと思うよ!

たまには邦画もどうでしょうか?

お後が宜しいようで!

◯年会費3900円で映画、アニメ、音楽、TVドラマ見放題。さらに豪華特典も!

Amazonプライム

学生ならさらに半額に!

Amazon student

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。