【稼げる?】Shinobiライティングで4時間で5000円ゲットできたコツ

shinobi

スポンサーリンク

フリーライター志望にはぴったり?在宅で簡単に収入を得れる手応えはあり!

 

当ブログを開設してはや40日。

0円から1000万円にするまでという過程をお届けしているが、実際、遊んでばかりで【1800円】くらいしか稼げていない。これじゃあ、破産してしまうので、在宅、しかもできるだけ楽をして手っ取り早く稼げる副業はないか?と探してみた。そして、たどり着いたのが「Shinobiライティング」である。

結論から言うと、なんと2日間、4時間程度の作業で「5000円」が稼げてしまった。時給にして1250円と、十分に簡単に収入を得れる手応えがあった。ネットの記事を見ると良くて時給換算600円くらいだという声もあった為、意外だった。

今回は、Shinobiライティングを2日間やって分かってみた事、また稼ぐ為のコツを書いてみようと思う。

 

Shinobiライティングとは?

 

忍者ツールズなどで有名な「Samurai.biz」が運営しているライティング専門のアウトソーシングサービスだ。ブログやサイトを作成している「こんな記事を書いて欲しい」という人と、「何かしら記事を書いて報酬を得たい」という人をマッチングするもので、パソコン、スマホ一台あれば始める事ができる。

登録は非常に簡単で、登録した後の案件探しも直ぐにできる。書いた記事が無事に承認されるとポイントとして、報酬が付与され、そのポイントをギフト券や銀行振込で現金として貰える

似たようなサービスを行っている会社も多くあり、ランサーズ、クラウドワークス、シュフティなどが有名だ。

他のサービスも利用してみないと、Shinobiライティングが稼ぎやすいのか?などという事が比べられない為にランサーズも使ってみた。個人的にShinobiライティングが優れていると思う部分があった。

 

ランサーズと比べたShinobiライティングの良い点

 

・登録が簡単

 

わざわざ、項目にするほどではないのだけれど、ランサーズは登録が結構面倒だった。

ランサーズは、ライティングだけではなくアプリやサイトの作成など多岐にわたる案件を募集している為、サイトの作りが複雑だ。

【人柱】プロモツイートの「儲け話」を試してみたらこうなったよ【結果報告あり】

過去に書いたこれくらい怪しくて面倒なサイトにも登録してみた僕だけれど、ランサーズはサイトデザイン的に利用しにくい部分があり苦労した。

また、ランサーズの場合、クリエイターとしてのPRを作成しなければいけない為、なんとなく億劫である。そもそも、クリエイターって呼べるほど創造する力ない無職だし。と、必要以上に卑屈になってしまうのがいけない。

記事を書くという点に特化している、いないという事が大きな違いだろうが、ライティングをしたいのであればShinobiライティングの方が断然簡単に登録できる

 

・記事の作成画面が見やすい

 

ランサーズとShinobiライティングを比べた場合、記事を作成する画面が圧倒的に後者の方が簡単だ。ランサーズの場合だと、画像のアップロードも含めて、いろいろな項目があり、プロジェクト方式、タスク方式と応募の形式も二つに分かれている為、ちょっとややこしい。また、指定されている項目や内容についてのチェック機能はない為、内容を依頼主に気に入ってもらえない場合は手直しなどが必要になってくる。

その点、Shinobiライティングの場合は「指定されたキーワード」「キーワードの必要利用回数」が記事入力画面のサイドバーにあり、キーワードを指定された回数だけ使いながら文章を作っていけばある程度記事がまとまるように作られている。

また、記事に必要な文字数を自動でカウントしてくれ、書き終わった後には誤字脱字がないかのチェック機能がある。一つの案件に何度も手間をかけないという点において記事の作成画面が圧倒的に見やすかった。

 

・ゲーム感覚で楽しめる。「採用」された時の嬉しさがぱねぇ。

 

Shinobiライティングには、記事作成をどんどんしてもらう為にちょっとした機能を用意をしてある。

まず、報酬がポイント制という所が結構みそで、記事が無事に採用された場合は直ぐにポイントとして反映される為、ゲームのスコアをあげているような感覚で楽しむ事ができる。さらに、一日に投稿した記事数がランキング何位とか、目標記事数を自分で設定し、トップ画面に目標記事数までの残りを表示する事ができるなど、ゲーマーが好きそうな機能がある点も良い。

また、記事が無事に「採用」された時の喜びがハンパねぇ。記事を書くと「マイ記事」という画面で、対象の記事に「審査中」というマークがつくのだが、無事に審査を通過すると「採用」というマークに変わる。

無事に報酬が発生する瞬間なのだがこれが結構癖になる。採用になった瞬間はどんな記事でも、心の中でガッツポーズが出てしまう。

このゲーム感覚という点がライティングという地道な作業を継続する為の大きな心の支えにっている。

逆に、ランサーズと比べてみてのShinobiライティングの悪い点をあげてみようと思う。

 

ランサーズと比べたShinobiライティングの悪い点

 

・案件の数はランサーズの方が多い

 

これは数字的にははっきりとランサーズの方が多いというデータがあるのだが、体感的にShinobiライティングは競争率が結構高く、書きたいと思っている記事がどんどんと減っていくのが感じられた。その点、ランサーズは意外と後まで案件が残っていたり、誰も手をつけないものがあったりして分かりやすい。

 

・実績をアピールする事ができない

 

ランサーズは、クリエイターが自分のアピールをできるような作り方になっているので、これから継続的に収入を得体という場合は、実際にどのような記事を書き、どのような評価を得てきたという事をアピールし、フリーライター的な雰囲気を出す事ができる。

また、ネット上では一文字に対しての収益単価について結構言及されており、長い目で見ると実績がアピールできればこの単価は当然あがると考えられる。

 

・不採用になった場合、無駄になる

 

採用になった場合は本当に嬉しく、小躍りカズダンスだけれど当然、不採用になる場合がある。ランサーズの場合、依頼内容の訂正という事でもう一度再提出ができるが、Shinobiライティングではそれができない。

なので書いた記事は全部無駄になってしまう所は結構痛い。

 

実際に、4時間ほどで5000円分稼ぐ事ができたズラ!

 

Shinobiライティングに登録し、4時間ほど記事を作成してみた。ネットでの評価を事前に見ていたので、時給600円から800円くらいしか稼げないと言う事を聞いていたので結構意外だった。時給1250円と言えば、地方ではなかなか難しい数字なので、効率よく記事を書いていく為のちょっとしたコツをまとめてみる。

 

・単価が高い案件を選ぶ

 

Shinobiライティングは記事を書くとポイントが加算される。

1ポイント=0.5円で換金する事ができるが、依頼されている案件では単価にばらつきがある。ジャンルや、まとめて発注されたかどうか?などで単価が大きく変わるようなので、ポイント÷文字数でわって少しでも単価が高いものを選ぼう。基本だが念の為、書いておく。

 

・自分にとって書きやすい記事を選ぶ

 

これも、あげるまでもないかもしれないけれど、いくらお金が貰えるといっても書けないものは書けない。稼ぐ為には、ポイントが高い案件を一気にこなす事が必要となる為、知識があったり、実際に体験した事など書きやすい記事を選ぶ事は基本中の基本となる。

 

・ワードクラウドを活用し案件数が多い案件から取り組む

 

スクリーンショット 2016-03-12 16.47.48

 

Shinobiライティングには「ワードクラウド」と呼ばれる検索機能がある。上の画像がそれだ。これは、ブログなどのタグをイメージしてもらえれば分かりやすく、より依頼の数が多い案件は文字が大きく表示される。

実際に記事を書いてみると分かるのだが、結構、ジャンルにばらつきがある為、たくさんの数をこなして一気に稼ごうとするとき、いろいろなジャンルをこなそうとすると頭の中がこんがらがってしまう。

その為、より文字が大きく表示されている案件を選ぶ事が大事である。また、Shinobiライティングに依頼されている記事に関しては「サテライトサイト」「アフリエイトサイト」を作る為の依頼も多い。なので、キーワードが一つしか違わないものがあったり、まとめて作成するのに向いてあるものがある。ワードクラウドが大きく表示されているものを選ぶ事でそのようなまとめて書きやすい記事を見つける事ができる。

 

・新しく登録された依頼にお宝がある

 

ワードクラウドなどを見ていると、新しく登録された案件が文字で確認する事ができる。前述した通り、結構競争率が激しく、単価が高くて類似のキーワードでいくつも書く事ができる記事は直ぐになくなってしまう

なので、新しく登録された依頼が見えて、好条件な場合は直ぐにとりかかろう。油断していると直ぐになくなってしまう為、せっかくの機会を失ってしまう事がたった2日間でも多くあった。

 

努力次第で月に10万はいけそう。ゲーム感覚で挑戦してみるズラ!

 

以上が2日間で5000円実際に稼いでみて分かった事だ。

4時間で5000円を稼げたのは、条件がいいお宝案件をいきなりゲットできた事と、元々、タイピングや文章を書く速度は普通の人に比べて早い方だと思うので、その部分は結構大きいと思う。

試しに嫁にやらせてみた所、時給換算300円ほどだったので、個人差はかなりあるだろう。

ただ、努力次第では10万円くらいならいけると思うし、何より在宅でパソコン一台、これだけの手軽さ、ゲーム感覚で収入が得れるのは大きい。

とりあえず、10万円分のポイントを獲得するまでは続けてみるので、実際に振込してもらってもう一度記事を書こうと思う。

興味がある人はやってみて欲しいズラ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。