お金持ちは性欲が強い!?よし!これから毎日嫁を愛撫しよう!!

women-418452_1920

スポンサーリンク

年収と性欲は比例する!?お金持ちになりたいならどんどんSEXすべき!

おーい!みんな、やってる?(たけし風)

とりあえず、これを見たあなたは「年収 性欲」とGoogleで検索してみよう(もしくは検索してたどりついたのか?)。

すると出てくる出てくるいろんな実例が!

性欲と年収は確実に比例する。その考察について科学的なデータやら、統計的にやら、はたまた宇宙の法則など数えきれないほどだ。

もし本当に、年収と性欲が比例するのであれば、どんどんエッチな事をしてお金持ちになろうと思うのが人間の性

エッチにお金はかからないし、パートナーさえいれば無限にできる!という事はこれは打ち出の小槌を手に入れた事と同じではないのか?

無職ゆえに、お金持ちになりたいゆえに銭ゲバになろうと決めた僕が「年収と性欲は比例しているのか?」真面目に考察してみた結果を、毎日嫁を愛する決意表明もかねてまとめてみた。

セックスレスの夫婦や、どうしてもお金持ちになりたいあなた!これは見逃せないのではないのだろうか!

過去の記憶から性欲が強かった人を思い出してみる。

 

CASE1 同棲していた彼女Aちゃん

 

名誉の為に、当然名前や環境などは伏せさせて頂く。あれは、17歳だった。上京したての割ときれい目な新築アートに「あなたと一緒にいれないのであれば生きていけない」と、後からついてきてくれたAちゃん。

彼女の性欲はなかなかのものだった。

365日中、340メイクLOVEを記録したほどでこれはかなり多い方だろう。

そんなAちゃんは堅実な生き方で、バイトを真面目にしっかりとこなしていた。23歳くらいで貯金は100万円。当時、彼女の年収は200万ほどだっただろうか。

うーん。ばりばり働いていた女子にしては少ないのかもしれない。

 

CASE2 バイセクシャルのS君

 

彼と知り合ったのは某巨大掲示板のオフ会だった。

端正な顔立ちをしており、物腰も柔らかく、服や生き方がおしゃれ。村上春樹の小説の中に出てくる、バーで飲んでいるとやたら女の子に話しかけられ、最後はベッドで二日酔いで起きて「やれやれ」的なオーラを出している彼はバイセクシャルだった。

どちらかというと、男の方が好きだったが彼は性欲が強かった。バイセクシャルの友人は意外と多く、その中には「セックスは飾り」みたいな子が女子、男子共に多かったが、彼は違った。

酔っぱらって寝ていたら同じ様に泥酔している具足を揉まれていたのは良い思い出だ。もう、8年くらい前の事だが彼の仕事はSE。年収は450万ほどと言っていた。

むむ!?ちょっとあがってきたぞ!?

 

CASE3 会社の上司、Kさん

 

出会った中で文句無しナンバーワンの性欲王。チャンスがある場合には神出鬼没。南国の社員旅行では、重役がそろい踏みしているドア一枚の部屋でメイクLOVE。

全員がNGを出してしまうようなパンチの効いた子も即テイクアウト、生涯独身を貫いているナイスガイ。

彼の年収は間違いなく2000万を超えていた

これは、年収と性欲が間違いなく比例しているぞ!

 

うん。でもまだデータが少なすぎるね。

過去をもっと思い返してみてもなんとなくしか出てこない。という事で、お金持ちの方が性欲を発揮する機会が多くなるという事を具体的に考察してみる事にした。

 

お金持ちの方が性欲を発揮する機会が多くなる10の理由

 

1. 女性から魅力を感じてもらいやすい

 

お金を持っているだけでモテるという事は当然ない。だが、容姿や中身をカバーするだけの力がお金にはある。年寄りの大富豪が孫くらいの妻を迎える例も少なくなく、明らかに女性から魅力を感じてもらいやすい。

2. 接待でキャバクラやクラブなどに行く機会が多い

 

これは、経験上だが給料の良い会社はそれに比例して接待で女性がいる遊び場に行く事が多かった。キャバクラ、クラブ、ガールズバー!

相席屋はあんまり行かないだろうが…女性と接する機会は間違いなく多くなる。ここにも、性欲を発揮する種は当然落ちている。

3. 精神的、時間的余裕がある

 

例えば、明日の朝ご飯を食べるお金もないという時。セックスに果敢にアタックしていく元気があるかと考えると絶望的だ。お金がある事で精神的にもたらす余裕はかなりのものがあり、ワーキングプアと言われる時代、働きすぎても時間もないという事も考える。お金持ちはその二つが比べると余裕があるだろう。

4. 出張や旅行先での出会いが増える

 

僕が見てきた中でも、出張や旅行時で女の子と出会い性欲を発揮するという事は往々にしてあるものだ。特に南国などのリゾート地では女の子も開放的になっているため、ビーチでサンセットラブアタックを仕掛ければ、成功率は高い。

出張や旅行に行く機会は当然、お金持ちの方が多いといえるだろう。

5. 会話が上手である

 

業種にもよるが重役クラスになるとコミュニケーションを円滑に取らなければいけない機会は多い。新たなプロジェクトの社長同士での打ち合わせや、接待のゴルフでの会話など、少しの会話が大きな成果に繋がる事をお金持ちの人たちは知っている。

営業トークとしての、相手の褒め方や、会話の上手な運び方などを知らず知らずのうちに女子に応用しているという事は考えられる。

6. 妻が夜遊びに寛容である

 

既婚しているとなると、女性問題に関して避けて通れないのは妻だろう。妻がいるだけで、性欲を発揮する場面は格段に下がる。

下がるというか、トライする事がデッドに繋がると、あえてルー語でぼかしたくなるような自体に繋がる。

例外はあるが、付き合いでの夜遊びが多いため、実際、どこかで女性問題に関して妻が寛容であるという一定のデータがある。それは、何不自由なく暮らせているからこその事でもある。

7. お金持ちは信頼を得やすい

 

あなたがキャバ嬢だとして、以下のような客が来た時どう思うだろうか?「お前ら」という愛称で呼ばれるネットオタクの総称。まさにそのお前らのようなイメージの客が二人来店した。一方はど直球のニート、もう一人はネットビジネスで年収3000万円だと言う。

「おいしいご飯屋さんがあるんだ」

キャバ嬢を店外に連れ出すありきたりなセリフだが、その二人が同じように言った時、どちらの方を信用するだろうか?答えは明白である。信頼は恋愛のきっかけに最も必要なものだ。

8. 自信がある男に女は弱い

 

これは与沢翼氏を思い浮かべてもらえれば簡単かもしれない。とてもかわいらしい顔とスタイルをしているが、彼のブログでは美女を侍らせている写真が良く見られる。

そして、その写真の彼には自信がある様に見える。実際に、根拠の無い自信でもあった方が女は魅力を感じるというものだ。これは本能である。

9. 教養や趣味の幅がつきやすい

 

お金持ちにはいろいろなタイプがいる。ただ、どんなお金持ちにしても趣味へのこだわりがお金がある分かけられたり、お金持ちになる為に自然と身につけた教養などが魅力の一つとして異性を引きつける。仕事以外に一つ何か没頭している人は魅力的である。

10. 結婚後も選択肢を持つ事ができる

 

これも既婚の場合だが、養育費や慰謝料を理由に離婚に踏み切れない人は多い。その時点であらゆる異性に対する可能性が失われるが、お金持ちの場合はそこを気にせずに気持ちのまま、性欲のまま踏み切る事ができる。

結婚後、全うな生き方をするのであれば性欲は封印しなければならない。そうなると、多くの異性という意味では、人生の大半を性欲を封印し過ごす事になってしまう。

 

このように、あげようとすれば無限にあげる事ができてしまう。悲しいかな、我々は敗北を認め無ければならない。負けを知っているからである。

しかし、ここまで考えてみて、性欲が強いと金持ちになれるのか、金持ちになると性欲が強くなるのかどちらか分からなくなってきた。コロンブスの卵と同じ。にわとりが先か、卵が先か…これは検証してみるしかない。

 

まとめ。引き寄せの法則はきっとある!汝、隣人を愛せよ!

 

ここまで来たら後はもう検証するしかない!

本当は、複数の異性で検証したい所だが、僕には愛してやまない妻がいる為、とにかく抱いてみるしかない。抱いて、抱いて抱きまくればお金持ちになれる

そう考えて抱いてみたら、マーフィーの法則が発動し、愛の儀式が潜在意識に深くお金持ちになるという事を刻み付け、知らぬ間に大富豪になっているかもしれない。

キリストが説いた人を愛する際の心構え。

【汝、隣人を愛せよ】

これは、家の隣の人や、近所の人を愛しなさいという意味ではない。全ての人は自分なのだから、的であろうと自分のように愛しなさいという教えである。

その教えを全うしましょう!

なぜなら、過去に戦争の天才と呼ばれた偉人がこう残しているからだ。

【ああ、妻よ。未だかつて君のような敵に出会った事があっただろうか】

お後が宜しいようで!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。