ホームレスから「やぎ」を喰って秋葉原のビル社長になった人のお話

goat-1148038_1920

スポンサーリンク

こんな方法で金持ちになった人ってあなたの周りにはいる?

 

お金。お金。お金。お金が欲しいズラ。

お金持ちになるにはどうしたらいいんだろう?誰でも一度が考えた事がある事だろう。

事業を興す、ギャンブルで一発当てるなど様々だが実際お金持ちに聞くのが一番早い方法だと言える。

東京でサラリーマンしていた頃は年収1000万いくかいかないかくらいの割と高級取りだったので(さらに上がいくらでもいるのは分かってるからね)随分とお金持ちの人と飲む機会があった。

単純にお金持ちと言っても様々なタイプがいるけれど、話して分かったのは、みんな共通して何かしら光るエピソードを持っているものだ。

割と有名な話かもしれないのだけれど、秋葉原にビルを持っているサバゲーが大好きな社長の成り上がりストーリが強く印象に残っていて、今でもふと思い出す事がある。

そんなに長くない話なのでこういう「成り上がりの方法」があるんだなと思いながら聞いてね。もしかしたら、お金持ちになる為の教訓がこの話には含まれているのかもしれない。

キーワードは「ホームレス」「やぎを食べる」「おばあさん」、さぁあなたはどんなストーリーを想像するかな?

ホームレスになり全国を放浪

 

homeless-man-833017_1280

その社長は東京に住んでいた。

20代後半にある事がきっかけで、食も家も失いホームレスになったが、物資公園が豊富な東京を選ばず、全国をただひたすら歩いて周る事にした。

ホームレス素人からも東京だったら空き缶もたくさんあるなぁとか、雑誌を売ってお金にできるなぁといろいろ考えるけれど、社長曰く、食べる物は自然にいくらでもあるとの事。寝る場所は雨風防げればそれでいいから、あえて、東京を選ぶ理由はなかったそうだ。

話を聞きながら考えていた。もしも僕だったらと。ただ、僕だったら齧るすねがある訳で家族や兄弟のところに行きひとまず、ホームレスになる事自体がなかったんじゃないかと思う。

ホームレスを選ぶという事、これもこの社長にとっては成り上がりの為のきっかけだったと言える。

話を戻そう。

ただ全国放浪そう甘くはなかった。途中でかなり長い間、食べ物が見つからず空腹でもうどうしようもなくなってしまった。

ひたすら食べ物を探し歩いている社長は、とても大きい牧場に行き当たった。

ある牧場でやぎを発見。社長がとった行動は?

alpine-ibex-779867_1920

牧場には一匹だけやぎがいたそうだ。夜になるのを待って社長はやぎの寝込みを襲い肉を食べた。

生だったという。

詳細を聞いていないが、やぎを仕留めて解体するというのはとてつもなく重労働だろう。

ナイフがあったのか、首を絞めたのか、そこらへんは想像におまかせって事だね。

でもこれはれっきとした犯罪だ。

もちろん訴えられたらという事になるけれど、これが本当なら大変な事。この辺りから何やら神話を聞いているような、遠い国の話を聞いてるような気持ちで僕は話の続きを待った。

やぎを食べているのをおばあさんに見つかってしまう

grandmother-923871_1920

物音がしたのか、やぎを食べている社長は牧場主であるおばあさんに見つかってしまった。

このまま警察に捕まると思った社長は観念したがおばあさんがとった行動は意外なものだった。どう見てもホームレスの様な身なりの社長を家に招きもてなしたという

その時はその行動の真意すら分からなかったという事だけれど、後から聞いたところによると

「牧場や畑を荒らすイノシシが最近出没していた。それを仕留めてくれたと勘違いしていた」

という事らしい。

社長はおばあさんに全ての事情を話し、やぎを殺して食べてしまった事を告白した。

おばあさんは怒りもせず、この牧場で働いてみないかと社長にもちかけた。

なんというおばあさんだろうか。ただおばあさんはどうやら寂しかったようだ。最近、息子を失くし牧場をどうすればいいのか、悩んでいた事もあったし、人でも足りなかった。

そんな時にやぎを食べた社長の強運も成功者たる所以なのかもしれないね。

数年後。おばあさんは亡くなった。

おばあさんから牧場を相続。牧場を処分し秋葉原にビルを購入

 

もう見出しで全部書いちゃったけれど、おばあさんが亡くなってから数年、社長が考えたあげく牧場を処分する事にした。理由はいろいろとあったらしいが、おばあさんとの話の中で「相続してもらおうと思っているから全て好きにして欲しい」と言われていたそうだ。

おばあさんと出会ってからもう7年が経っていたという。

売ったお金は数億ほど。そのうちの一部でビルを建て、前々からの趣味だった特定の分野のカフェを出す事にした。商売は成功し、今では趣味のサバゲーに一ヶ月に一千万円単位でお金を使っているとの事

なんともうらやましい。。。と思えない話ではある。それに、真似したくても真似できないよね。

この社長だけじゃなく他人から多額の遺産を相続したという話はある。

前田けえさんは15億円の遺産を相続

 

他人から15億円相続した芸人、祖母の友人との会食から始まった希有な体験

EXCITニュースより

カスタネット芸人である前田けえさんは、祖母の友人と友達になり親交を深めた結果、その友人の養子になった。結果、15億円の価値の不動産や土地などを相続した

テレビで特集を見ていたのだがタワーマンションに住んでいて本業の芸人の方では全然稼いでいないが、楽々暮らす事ができているとの事だった。

払う税金なんかも恐ろしい事になっているようだがこれはうらやましい話だ。

もちろん、生前、介護をしてあげたり、事業でのサポートの為に勉強をしたりしていたし、途中まで資産家と知らなかった訳だから、遺産目的とかそういう事ではない。

その純粋な心がお金を呼ぶのだろうか。

まとめ。ホームレスになってやぎを食べておばあちゃんと仲良くすれば金持ちになれる

 

お金、お金ばっかり言っている人はお金持ちになれない。

お金が目的になった瞬間に何事も成功しないとか言う本もあるが、やぎくらえである。

今回の話から学んだ教訓はこの話そのもの。

社長の人生を丸コピーして見たらお金持ちになれるという事だろう。

数奇な運命も何もなく、世の中には多額のお金を誰に相続する事もなく、また、相続する相手もなく他界してしまう人がたくさんいるという事だ。

それに、貯蓄した事を家族が知らない場合や、本人が忘れてしまっている場合はその貯蓄は銀行のものになり、その額は年間数十億にのぼる。

さぁ、書を捨て街に出よう。

そこにはおじいさん、おばあさんとやぎが待っているぞ。

お後が宜しい様で!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。