【体験談】楽天デビットカードをなくしたら再発行ができない!

man-76218_1280

スポンサーリンク

楽天デビットカードを落とすとカード利用、再発行ができなくなるので注意しよう!

 

え!?楽天デビットカードって再発行できないの?

そんな、衝撃的な事実を知ったのは今日。

楽天のコールセンターに「カードを落とした後に無事に見つけたけれど使えなくなった」という電話をかけた時だ。

楽天カードはその作りやすいという噂や、カビラの楽天カードマンで人気を集めているブランドで、これを読んでくれている人でも持っている人もいるだろう。

ただ、クレジットカードとはまた違う、デビットカードを落とした時にどうなるか?までは知らない人いるかもしれない

現在進行形でなくしてしまっている人や、楽天デビットカードを持っていて自分でもおっちょこちょいだと思う人に、落としたときの対処法や、次に円滑にカードを取得する為の方法などを、僕の体験談を話すので読んでみてね。

意外な落とし穴というか、誰でもありそうな問題があったぞ!

カードをなくした。でも直ぐに見つかった

 

忘れもしない4月4日。

家族3人で、長崎市は浜の町アーケードをぶらぶら、さるいていた。(ちなみに、長崎では歩いてまわる事を「さるく」というぞ!これ、豆な!)

数時間歩いた後に、本屋によりワンピースの81巻を購入後、近くのカフェでお茶へ。

そこは事前に会計して、好きなテーブルを選ぶセルフ方式だったが、会計時に財布が無い事に気付いた!

マジか!!!

もう一度探してみるがない!!

僕は金ほしさに、高価な財布をオークションに出してしまった為、マネークリップにそのままカードをはさんでいる。マネークリップは小さいので分かりにくいが、どこを探してもない。

そんな緊急事態も知らずに動き回る子供と、財布を落とした事を伝えた瞬間にキレそうな嫁の冷たい視線を横に見ながら、直ぐにカフェを出て来た道を戻った。

ちなみに、マネークリップに挟んでいたのはこんな感じと

・二諭吉

・りそな、楽天デビットカード

・運転免許証

・住基カード

最悪な事に、重要度星5つのスタメン揃い。

革のライダースを着ていた僕は、汗だくになりながらアーケードの人ごみの間を走ってまわった。

しかし見つからない。

おふぅ。カフェに戻って嫁に報告すると「ひとまず本屋に電話しなよ」と既におこ。「お、おう」想定内だよ雰囲気を出しながら電話すると、なんとカウンターでマネークリップを預かっているとの事。

しかも、楽天の方に拾得したという旨を伝えてくれたという神対応。

なんて素晴らしいんだ。

安堵しながら、まったりカフェでくつろいだ後に、本屋でマネークリップを受取って帰った。

数日後、カードが利用不能になっていた

 

数日後、スーパーに買い物に出かけるとデビットカードが使えなくなっていた。

さらに、一日500円で広告を出していたfacebookから「カードの引き落としができません」との通知が。

デビットカードは、銀行口座の貯金から利用分が引かれるタイプなので残高がなければエラー通知になるのだが、アプリから確認すると銀行の残高もある

丁度、振込しなければいけないものが数点あったので、他の銀行からデビットカードの引き落とし元である楽天口座への振込、その口座からの他の銀行への振込を行ってみたが問題なくできる

落とした後に不正利用された形跡も明細には見られない。

「明日、ハローワークに行く時に引き出してみよう」

ハロワに行く(雇用保険の関係)準備を整えてその日は寝た。

カードでの引き出しができない!コールセンターへの電話で少しもたつく

 

そして迎えた今日。

嫌な予感が若干しつつもおそるおそる、セブンイレブンのいつも使っているATMで引き出しをしてみると案の定できなかった

なぜ?カードはあるのに!?

暗証番号も間違っていない。明細には「このカードは使えません」との文字。

今からいくはずのハロワの前でコールセンターに急いで電話する。

ここでまず、つまづいた。

デビットカードの場合は「楽天銀行」となるので「楽天カード」の方に電話をかけてもデータを照会する事ができないのだが、それを知らずに楽天カードの方へかけてしまった。

指摘されて、直ぐに楽天銀行へ再び電話。

焦りながらも、ガイダンスに従うとオペレーターに繋がり、事情を説明した。

何と言ってもこのデビットカードには全財産に近いお金があり、これが焦げ付くとかなりヤバい。

しかし、ここでもさらにもたついてしまう。

その時の会話がこんな感じ。

僕「すいません。この前カードを落としてその日に見つかったのですが使えなくなってます」

オペ「かしこまりました。お調べしますのでご本人確認をしますね。生年月日を…(中略)ご本人確認ができました」

オペ「そうですね。カードの方を拾得したというお電話を頂いたので4月4日にカードは停止させていただきました」

僕「(あぁ、その日に見つかったけど停止されてたって事なんだ。ん?でも待てよ?)そうなんですね。ただ、4日に停止って事なんですけど、僕昨日くらいに振込をしたのですが、それはできましたよ?」

オペ「えーと、不正出金などは確認できていないという事ですね?それなら大丈夫です」

僕「(不正出金?じゃなくて、4日に停止されてるんだよね?なら何で振込は使えるのかな?)もう一度、説明しますね。4日にカードは止まったんですよね?」

オペ「はい」

僕「じゃあ、なぜ昨日は振込ができたのですか?停止されているなら振込とかってできないですよね?」

オペ「それは、不正出金という事ですか?不正出金がなければ大丈夫です」

うん。ムカつくなぁ?!!ただ、ぐっとこらえ、数回言葉を変えながら説明を繰り返す。

オペ「分かりました。そういう事なんですね。カードは使えなくなっていますが銀行の口座には問題はありません。お口座の方は問題なく使えますよ」

ここで僕も合点した。

僕「そういう事だったんですね。カードが停止になっても口座は停止にはならないので使えるって事ですね。分かりました。それじゃあ、カードは手元にあるので利用出来る様にしてもらえますか?」

全ての事情が解決し、僕の中には焼肉を食べた後にガムを噛んだようなすっきり感が漂ってこようとしていた。

次の瞬間、オペレーターから衝撃の事実が告げられた。

楽天デビットカードには「再発行」という申し込みはない

 

ここからは、いろんな事実に打ちのめされて意識がもうろうとしながら聞いていたので、要約する。

・楽天デビットカードは再発行はできない。再発行というボタンや申し込み画面がない

・紛失した場合は新規にカードを取得してもらう必要がある

・カードは登録している住所に郵送する

・登録している住所が変わっている場合は住所変更をしてからしか申し込みはできない(僕の場合、長崎に越してきたばかりで住所が変わっていなかった)

・デビットカードの16桁の番号は新たに変わるので今までに登録しているサービスや引き落としは全て再申請しなければならない

・楽天ではカードを発行できる店舗をもたない為、全てネットでの手続きになる

・それら全てを解決しようとすると4週間はかかる。それまでカードを使う事はできない

という事だった。

次から次へと出てくる新事実に僕は戦意を喪失し、はいはい、と言いなりになりながら電話を切ってこう思った。

「口座は使えるなら他の銀行にうつしてしばらくデビットカードはいいや」

まとめ。楽天デビットカードを落とす前と、落とした後の注意点

 

今回の事を踏まえて、デビットカードを落として円滑にカードを発行する為、またカードを発行しなくても良い様に気をつける事をあげてみる

・登録情報の変更は常日頃からしておく

 

今回、住所さえ先に変更しておけばこんなに時間がかかる事にはならなかった。普段忙しい日々を送っていると、たくさんあるカードの住所変更などは忘れがちになってしまう。

ただ、良く使うカードから優先的にでもいいので、住所や登録情報の変更を日頃から行っておく事が大事

・まずは探してみる

 

今回こうなってしまった原因の一つとして、めちゃくちゃありがたいんだけど、拾ってくれた店舗が楽天に拾得届けを出してしまった事にある。この時点で、紛失したという扱いになり停止され、後で見つかろうが、二度と解除する事はできない。

拾われた場合はどうしようもないが、もしも、何とか見つけ出せそうで、人に拾われる心配がない範囲の場所でなくしてしまった事が分かる場合は、焦らずにまずは一度探してみる事をおすすめする。それでもなかった場合には紛失届けをしっかりと出すのを忘れない様に。

以上が、今回の体験を通して感じた事だ。

僕がバカなのか意外と、カードの停止=口座の停止ではないという所が最初飲み込むのに時間がかかった。

これを放置していると、引き落としの際などに信用問題に発展してしまう事もあるだろうから、十分に気をつけておきたい。

ちなみに、楽天以外のデビットカード(三菱東京UFJ)などは再発行できるものが多いので、再発行ができないのが嫌な場合は他のカードが良さげ。再発行と、新規発行は厳密に違いがあまりないかもしれないけど、番号が変わるというのが一番大きなポイントかな。

後、言い忘れたけど楽天デビットカードをゴールドにしていて年会費を払っている場合は引き継がれるので、新規に発行しても払う必要はないので安心

それにしても、デビットカードしか持てない僕が、デビットカードを嫌いになってしまいそうだ。

まぁ、落としてしまった自分が一番悪いんだけどね。

みんなも気をつけよう!

お後が宜しいようで!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。