【必読】1歳で行くディズニー。大人、子供どちらも楽しむ為に大事な10の事

image3 (4)

スポンサーリンク

人生初ディズニー応援企画。1歳2ヶ月の息子と初ディズニーランドに行ってきたのでレポートする。

(※サムネ画像がどこか分かっちゃう達人はもう既に知っている事かもしれない事を書いてるズラ)

2016年2月も後半である本日、息子にとって人生初となるディズニーランドに行ってきた。

ディズニーリゾートの値上げが決定し、4月から大人料金は500円あがるという事で4月までにはと思っていたのだが、それよりも生まれる前々から「家族で初めてのディズニーランドに行きたいよね」なんて妻と言っていた事なので、本日行った事も遅すぎたくらいだった。

 

遅くなった理由として、ディズニー自体が僕はそんなに大好き!というほどではなかった事もあったのだが、実はディズニーへ連れていく事自体に不安があった。

 

おそらく、同じ様にあまりディズニーが好きではない(嫌いでもなく)という人で1歳くらいの子供がいる人は、どのタイミングが一番いいのか?と計り兼ねているんじゃないか?と思う。1歳くらいの子供とディズニーランドに行きたくてしょうがないけど足踏みしているという人に、本日の経験もふまえて、知っておいた方が良い事、知っておくとタメになると思われる事を10個にまとめてみた。

素晴らしい経験が出来たので、ぜひ読んでいただきたい。

なお、2歳過ぎという場合は当てはまらない事もあると思うので、個人差も考えてあくまでも1歳前半から2歳くらいの子限定と考えてほしい。

 

その前に。。。何故ディズニーに行く事をためらっていたのか?

10の事を書く前に、ディズニーランドに行く事をためらっていた理由に共感がある方が読みやすいと思うので少しその理由を書いてみようと思う。

端的に書くとこんな感じである。

 

・混雑に対する不安

・乗り物に対する不安

・子供に対する設備環境の不安

・子供よりも自分が楽しみたいんじゃないか罪悪感

 

少し長く、頭の中で考えている風に書くと

 

「ディズニーランドと言えば4歳未満は無料なのではりきって連れていきたい所というのは十分かるけど、まだ生まれてまもない新生児を引き連れていくのはあまりにもかわいそうそだよね。だから、1歳までは行けないよね。で!もっといったら、1歳でも乗れる乗り物はあんまりないと思うしー、行ってもそんな楽しめないと思うんだよね。その理論で行くと、3歳くらいまではまだ楽しくないんじゃないかな。楽しくないんじゃいってもしょうがないよね。それに、人も多いし迷子とか誰かに当たったりして怪我したら大変だよね。って事は、ようやく4歳くらいで楽しめるんじゃないかな。そもそも、ディズニーランド自体、子供が遊ぶところだけれど、まだそんなに分からない子供を連れていくって事は自分が楽しみたいんじゃないのかな?自分が楽しむ為に行くのを、子供を連れていきたいなんて変換するなんてちょっと罪悪感あるよね。本当は自分の心に気付いてるけど、気付いてないふりしてるんじゃない?」

という具合である。

 

結論から言うと

「まだそんなに楽しめない1歳くらいの子供を連れてディズニーランドに行ってもあまり楽しめないんじゃないかな。という気になってしまう」

と言う事になる。

ここで本題に戻るが、それらは全て今回で変わった。

行く前に子供と行くディズニー的な本で少しはリサーチしておき、それをふまえた上で今回行ってみてこれだけ気をつければ「大人も子供も楽しめる」と言う事がなんとなくみえた事がこちらだ。

大人、子供どちらも楽しむ為に大事な10の事。

1、離乳食を食べて、よちよち歩きは出来る。くらいは最低限できた方が良い。

僕自身ディズニーランドは数えるほどしか行っていないが、ディズニーに限らず、生まれてまもない新生児をベビーカーで連れている姿は意外と多く見られる。

ご両親がとっても好きなのか、何か思い入れがあるのか結構多く、ディズニー側もそれをしっかりとサポートする対応、施設作りをしているようだ。

今回利用させてもらった「明治安田生命提供」のベビーセンターと呼ばれる乳幼児用の休憩施設はとても使い心地が良かった。

まず場所が良い。パークで乳幼児連れの家族が多く利用するだろう重点的なエリアをカバーできるような、良い位置に2つ配置されている。なのでトイレをしたり、ミルクをほしがったりという時に行きやすい。

場所としては、入り口から近いモンスターズイングや、バズライトイヤーのアトラクションがあるトゥモローランドエリアに一つある(バズライトイヤーのアトラクションは今回、息子と一緒に乗ってきたので1歳でも乗る事は可能だ)

もう一つはトゥーンタウンとよばれる、ミッキーの家などがあるキッズ向けのパークエリアにある。このように、他の身長制限があったりして乗れない様なアトラクションが多いエリアは外して、重点的に配置してあるのだ。

サービスも素晴らしい。どちらも、清潔にしてあり入り口にはこれまた清潔感のある笑顔のキャストのお姉さんがいる。このお姉さんたちが、おむつを替えた後の処理をしてくれたり、おむつ台を拭いてくれたりしてくれる。おむつ処理をしてもらって申し訳ない、そんな所まで拭いてくれるんすか?てな感じで、普通はしてくれない所までしてくれる。でもって、行ってらっしゃいと明るく送りだしてくれてるから非常に気持ちがいい。

設備も充実している。

休憩室、授乳室、給湯設備意外に粉ミルクや、ベビーフード、紙おむつの販売までしており、元々ミルクやベビーフードの販売をしている明治安田生命だけに商品も見慣れたものが多い。

とこれだけそろっているので、新生児やまだミルクしか飲めない子供でも連れてこれるとは思うのだが、まずは子供が楽しめるという事で考えると「楽しい」という感情が確認出来るくらいの状態は欲しいという事だ。

新生児が楽しめないとかいう事じゃなくて

・自分で地を踏みしめ歩く楽しさ

・ディズニーランドの食事を食べれる楽しさ

を共有できる事が来る意味になるんじゃないかなぁと思う。子供も大人も楽しむ。その上で必須と言えるだろう。

2、土、日、祝日は避けると行動範囲が広がる

これはディズニーランドの混雑自体が嫌いな人だけではなくて、今から1歳ディズニーデビューしようと思っている人は知っておいて欲しい。

もう、ディズニーランドなんていつ行っても同じくらい混んでいるという事は分かるのだけれど、やっぱり、平日でイベントの半ばくらいの時は混雑はいつもより和らいでいる。

ただ、今回(イベントの半ば)(平日)(一番、遊ばせやすいトゥーンタウン)という条件で子供を歩かせてみたのだが、やっぱり人に当たってしまう。そして、急なパレードでの混雑や、思いがけないキャラクターの嬉しいサプライズ登場などで抱っこしなければならない機会は増えてしまう。行動範囲を増やすという意味では混雑しそうな日は避けた方が良い。

この条件でもと考えると土、日、祝日、の場合はちょっと危ないなとも言える。

無職のお前だから行けるんだろ。という声を頂いてしまいそうなので前置きしておくが、もちろん、避けようという事なので、混雑時への対策も後ほど記載する。

3、暑さ、寒さ対策はしっかりする事。キャンプくらいのノリでOK

ディズニーランドへの外出に限らず、出かける事全般に言える事だが暑さ、寒さへの対策はしっかりと心がけないと心から楽しむ事はできない。

本日、2月後半だったが非常に寒かった。ランドが存在する舞浜は海に面している為風が強く、当然平坦な土地なので風通しもよい。周りに建物がないようなエリアや、行き帰りの駅への道は風が凄かった。

それだけではなく、飲食をする場所などもパレードを見る為にテラス席になっていたり、混雑で屋内に入りきれない場合があるので思った以上に外に滞在している時間がながい。

ブランケットやカイロ、もう一枚着込ませる為の服など、その季節にキャンプに行く時くらいのノリで準備した方が良い。

また、銭の話になって申し訳ないがブランケットが一枚「4200円」と高額で、値段の幅が意外と無い為(デザインが可愛いけどね)、持ってった方が金銭的な面でも気持ちがよい。

同様に暑さ対策も気をつけたい。

コンクリートの照り返しや、実際に熱中症などの話題があるのでディズニー側も暑さ対策は十分に行っているが、寒さと暑さの場合、暑さの方が危険な場合がある。

気温や、気候の変化に備えてキャンプ気分で準備をしよう。

4、一番最初に見たいショーを決めよう

後で書く事になるが実際、ディズニーランドを子供を連れて歩くと思った以上に時間がかかってしまう。

そこで、時間が短くて暇になったり、逆に時間がなくて焦ってしまうなんて事にならないような方法を書いていくが、その前にまずは、絶対に見たいショーを設定する事をおすすめする。

ディズニーランドはアトラクションがメインという人もいるだろうが、定期的に行われるパレードや、シンデレラ城を使ったプロジェクトマッピングなど見ておくべきものはある。

なのでアトラクションとは別にこのショーだけは見たら帰る。

というショーを決めてからアトラクションを設定していく方法が良い。僕の場合はワンス・アポン・ア・タイムは見たいので19時30分開始まではアトラクション、ランド散策を楽しめる。という具合だ。

それでも見たいショーが無い場合は帰る時間を設定しておこう。

5、楽しめるアトラクション、楽しめないアトラクションを知ろう

ショー、また時間を決めたらアトラクションなどを考えていこう。

その前に、ディズニーランドで1歳から2歳の子供がのれる、見れるだろうというアトラクションはどれくらいあるのか?と考えると身長制限があるもの以外は割となんでも乗れる。

ただ、子供によって暗い、音が大きい、光の点滅が激しいのが苦手、などいろいろNGがあると思うのでそれを加味してアトラクションを主観でまとめてみた。

特に問題なく楽しめる

・ミッキー・ミニーの家
・グーフィーのペイント&プレイハウス
・キャッスルカルーセル・オムニバス・イッツ・ア・スモールワールド
・チップとデールのツリーハウス
・トゥーンパーク
・ドナルドのボート
・ペニーアケード
・スイスファミリー・ツリーハウス
・蒸気船マークトウェイン号
・ウエスタンランド・シューティングギャラリー
・シンデレラのフェアリーテイル・ホール

暗くなる、アトラクションが少し激しいのが大丈夫であればのれる

・ウエスタンリバー鉄道
・ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション
・魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”
・カントリーベア・シアター
・ホーンテッドマンション

・ピーターパン空の旅

・ミッキーのフィルハーマジック
・白雪姫と七人のこびと
・バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

2歳未満ではちょっと楽しめないかも

・アリスのティーパーティー
・空飛ぶダンボ
・ピノキオの冒険旅行
・プーさんのハニーハント
・ロジャーラビットのカートゥーンスピン
・グランドサーキット・レースウェイ
・スタージェット
・モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”

ほとんど乗っているがあまり覚えていないのもあるので、ネット上の意見も少し参考にさせてもらった。まずは、何が乗れるか?乗れないのか?それを知る事が大事だ。

また、子供目線で何を楽しいと感じているか?という部分が大きい。これは次に記載するので見てほしい。

あらかじめ制限も含めて絶対に乗れそうにないものは除外させてもらった。

6、子供が今、何を楽しいと思っているか?を見極めてアトラクションや回り方を選ぶ

1歳を過ぎてくれば感情が現れてくる。遊んでいるものを取り上げれば泣くし、本を読んでとせがんだり、そんなものに?というものをずっと夢中でいじっていたりする。

その上で、今、何を楽しいと思っているかを見極めるのがとても大事だ。

実例として、今日僕がまわったアトラクションはどれも比較的1歳でも乗りやすいものだったが、まだ楽しんでいるかというと見てるだけという印象が強かった。

1、イッツ・スモール・ワールド

2、ミッキーのフィルハーマジック

3、バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

4、スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”

5、カントリーベアーシアター

6、白雪姫と七人のこびと

逆に普通にエリア内を歩いたり、他の人から声をかけてもらったり、お土産屋さんを見ていたりした方が楽しそうだった。

なのでアトラクションに乗れば楽しいという訳ではない。

何が興味があるのか?と考えながらリサーチする事で大幅に楽しめる確率は高くなる。

7、絶対に行きたいアトラクションは大人一つ、子供一つに絞る。

6で回ったアトラクションを書いたがタイムスケジュール的にはこのようなものだった。

・12時到着

・バズ・ライトイヤーのファストパスを取る

・イッツ・スモール・ワールドを見る

・ミッキーのフィルハーマジックを見る

・14時過ぎ トゥモローランドでミッキーの形のハンバーガー(コカ・コーラ提供)を食べる

・お土産屋をまわる

・ランド内を散歩する

・16時過ぎ バズ・ライトイヤーのアストロブラスターをファストパスで乗る

・スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”を見る

・カントリーベアー・シアターを見る

・ハングリー・ベアレストランでカレーを食べる(ハウス食品)

・白雪姫と七人の小人に乗る

・19時30分 ワンス・アポン・ア・タイム ショーを見る

・19時50分 ランドを出て帰宅

達人からすれば回り方が甘い!もっと回れる!と言われるのもあるのだろうが、移動に思ったより時間がかかったり、昼寝をしたり、実際おむつを替えたり、食事に時間がかかったりと、1歳くらいの子の行動限界もあり、8時間近くいてもそれほど多くは回れない。

またファストパスという予約券の関係もある。

そこで、慌てたりしない為に大人がどうしても乗りたいアトラクション。子供がのりたいアトラクションと一つずつに絞り、そこを軸に行動していくとうまくいくと思う。

またここでの大人がどうしても乗りたいアトラクションは「子供は乗れなくてもいい」という選択で良いだろう。夫婦二人で行ったならどちらかが面倒を見ていてもファストパスをうまく使えば、子供は寂しい思いをしないで十分にいける。

子供ばかりではなく、大人も楽しむ事が大事だ。ディズニーランドが混雑する事を考えてどうしても乗りたいのは二つくらいに絞っておくのが良いだろう。

8、アトラクションの待ち時間は長くても30分以内のもののみ乗ろう

7であげた通り、2つしか乗らないとなってしまうと当然、一日いようという時は時間があまってしまうだろう。ショーを見る、とか目的を決めその時間までいれるとしたらアトラクションはいくつ乗っても構わない。

ただ、どのアトラクションも待つ事が基本となる。その待ち時間の間、子供を抱っこしたままだったり、降ろして遊ばせながら行列に並ぶ事は、大人、子供どちらにもストレスがかかると言える。

なのでどう譲歩しても30分以上、行列に並ぶアトラクションはその時点で乗らない方が良い。

実際に僕が今日回ったアトラクションは全て待ち時間が20分以内だった。

平日ならば、それくらいの時間でなんとなくアトラクションに入る事はできるので、どのアトラクションにも記載されている時間は必ずチェックしよう。

当然、人気のアトラクションは60分以上平気で並ばなければいけないのでファストパスを有効活用しよう。

9、食事はいつも食べているものが吉。

食品メーカーなども多く協賛しているディズニーランドでは和洋中様々なものが食べれる。ビュッフェもあるのでもはや、あげてみる必要もないのだがカレー、ラーメン、担々麺、麻婆豆腐、ハンバーガー、パン、サンドイッチ、ピザ、ホットドッグ、パスタ、スープ、チュリトス、ポップコーン、アイスなどあげればきりがない。どれもディズニー仕様に可愛くアレンジされている。

一体何を食べればいいのだろうと迷うはずだ。

せっかく、ディズニーランドまで来たからいつも食べさせないようなものを食べさせてみようかな。と思ったりするかもしれないが、ちょっと待ってほしい。

もし、何でも好き嫌いせずに食べる子なら良いのだが、1歳くらいから味覚が形成されていく事もあり、選り好みする子は多い。

そして、万が一冒険したものを食べないとなると余計な出費になるし、テンションがなんとなく下がる。

アトラクションなどもまだまだ楽しめないものが多いからこそ、食事はとても大事な上に、お腹がすいていると機嫌が悪くなったり、ミルク、授乳の回数を増やしたりと忙しくなってしまう。

なので、食事はできるだけいつも食べているようなものをたくさん食べる姿を見る方向性でいこう!もちろん、冒険できる子はどんどん冒険すると言いだろう。

10、ワンス・アポン・ア・タイムはは2回目以降でいいかも!

シンデレラ城をキャンパスに、ディズニーアニメのプロジェクトマッピングを花火や壮大な音楽と共に映すディズニーランドの目玉のショー。見て損はない!というくらい素晴らしいものなのだが、もし、子供を連れてみるのであれば2回目以降でいいかなと思う。

というのも、まず1歳半くらいの子供にはまだその凄さや面白さが伝わりにくいかもしれない。

何でも決めつけるのは良くないので語弊がないようにしておくが、僕の息子が1歳2ヶ月、そして、周りの同じくらいの年齢かな?という子を見ていても、ぽかーんとただ見ているか、寒そうにしているか、寝ているか、のどれかであった。

時間が19時30分から開始という事もあり、ショー自体が終わるのは20時手前。帰宅の時間を考えると少し遅い時間になってしまう。

普段の生活習慣はあると思うが、特に寒い時期などは体力的にきつそうだなと思った。

もちろん、ショーを照準に夕方からいくのであれば全然構わないだろう。それくらいの価値があるショーだが、様子を見ながら楽しく思えそうだなという年齢を見極めながら2回目以降くらいに行く事をおすすめする。

大人も子供楽しむ為のまとめ。

どうだろう。参考にできそうな事はあっただろうか?

内容をまとめるとディズニーランドに1歳から2歳でデビューする時は

・歩ける様になってから、見たいショーや遊ぶ時間をまずは決める事。

・子供が楽しそうな事を見極めて、アトラクションを知ってから遊び方を選ぶ事

・アトラクションを選ぶ際は「自分が楽しめる」「子供が楽しめる」どちらでも構わないので2つくらいに絞る事

・アトラクションの待ち時間は30分以内がベター。食事は食べやすいもので防寒、防暑対策はしっかりと!

という感じだろうか。

毛嫌いする人は一生行かないディズニーランド。

ただ、多くの世界中の人を魅力するディズニーランドには必ず魅力がある。

その魅力を1歳くらいの子供と一緒に楽しんでいく為にぜひ、取り入れれる部分は取り入れてほしい。

最後に、絶対に見つけようと思っていた隠れミッキーが一度も見つからなかった事を報告したい。

少し長くなってしまったが最後まで読んでくれたあなた!ディズニーにぜひ行ってみよう!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。