会社を辞めたい人必見。簡単手続きで87万円貰った方法で違う未来へ!

Skitch から (71)

スポンサーリンク

仕事を辞めても大丈夫?僕はこうして87万円を貰った

 

通勤電車に揺られながらポケモンGO!もしくは、モンストとかパズドラ、あるいはまとめサイトを見つつ、とりあえずこのまま家に帰りたい思う。大型連休で世間が浮かれていても自分は日々、職場と家の往復をしていて、いっその事どっか遠い国に行ってしまいたい

そんなありがちな場面じゃなくても、パワハラ、セクハラ、モラハラ、マタハラ、鬱などとにかく仕事を辞めたくなる時ってたくさんあるよね

今では新卒フリーランスなんて言葉も流行っていて、大学を出てから収入源はあまりなくとも会社に務めない行き方をする人もちらほら見られるけど、学生で思いっきり親の臑をかじれるならまだしも、社会人になって後ろ盾や貯金が無く会社を辞めるのは勇気がいるもの

だけど、どうしても仕事を辞めたい人、辞めようと思っている人に、仕事を辞めても生活する為のお金を貰える方法を紹介するよ!

かくいう僕が、つい先月まで(2016年7月)この方法で87万円をゲットした。下写真の赤枠部分が振り込んで貰った額になる。

Skitch から (70)

やり方次第ではさらに48万円(個人差あり)を貰う事ができる方法もあるのであわせて紹介しまーす。

雇用保険で失業手当を貰おう

 

少し勿体つける形になってしまったけれどなんて事はない、その方法とは雇用保険で失業手当を貰う事

正社員として会社に勤めている人は必ず加入している雇用保険を利用する事で、誰でも国から次の仕事が決まるまでの間の生活費などを保証して貰える

働かずともお金が貰えるので、超簡単とは言わないものの、月あたりの所要時間は多くても10時間程度。これで、毎月十数万円が貰えるので時給にすれば、2万円を越えてしまう。

大まかな流れを説明するとこの通り。

① 会社から離職表を貰う

② ハローワークで求人申し込み、失業給付の手続きをする

③ 就職活動をする(面接・応募・求人の検索など)

④ 月に1度、ハローワークに報告をする

かなりざっくりなのでそれぞれやる事はあるけれど、仕事をこなしてきた社会人の人からすれば難易度は五段階でE、最も低いレベルだろう。バイトの面接を受けれるだけの能力があるなら、問題なく手当を受ける事ができる。

全ての詳細については以前書いた記事を見てもらえればほとんど分かってもらえると思うのでそちらをどうぞ!

▼関連記事

【実体験】失業保険(失業給付)の初回給付から個別給付延長まで!

この記事では、詳しい手続きの方法ではなく、雇用保険を上手く使えば、自分の可能性を再発見できたり、やりたい事で生きていくきっかけになるよ!という事を雇用保険に触れながら、少し話してみる。

無職生活8ヶ月目。やりたい事だけやって生きる

 

現在、僕は28歳。妻一人、一歳七ヶ月の子一人、来年には新しい家族も増えると言った状態だが無職生活8ヶ月目を満喫している。サラリーマン時代は1000万円以上の年収があったけれど、それを捨てて、一度実家に帰り今までとは違う生き方を歩む事にした

きっかけは子供が生まれた事が一番大きい。そこそこの年収を貰っていたが、仕事へ費やす時間は大きく、家族との時間をなかなか持てなかった事。そして、サラリーマンを続けていれば一生、ある程度上下幅の中での給料で終わってしまう事。それらに疑問を抱いて辞めた。

貯金は数百万はあったものの、新婚で子供もいると考えればあってないようなもの。

思い立ってから行動は早く、退職したらそのまま実家に帰り生活コストを抑える事から始めた。

お金はあればある分だけ困らない。そんな時に、辞める時には考えてもいなかったが、雇用保険が適用できる事を知り、現在までに87万円のお金をもらう事ができた。冒頭にも書いた通り、ある手続きをすればさらに48万円ほど貰えるようなので、実家暮らしであれば家族が一年間生活するくらいのお金は手にする事ができる。(最低限ではあるけどね)

仕事から解放され、家族でいろいろなところに出かけた。国内旅行は3回、僕一人ではあるけれど海外旅行も行く事ができた。本を読み、料理をし、時間を気にする事なく映画に出かけ、子育てを頑張る。

まさにやりたい事だけやって生きる生活に満足している。

さすがに8ヶ月も働いていないと刺激の面では足りない部分もあるし、お金も働かなければ底をついてくる状態にはなっているが、それでも、雇用保険を使えば新たな人生を考えるきっかけになると感じた。

仕事を辞める事は悪い事でもなければ難しい事でもない

 

仕事を辞めたいけど踏み出せない人は、どこか仕事を辞める事に罪悪感を覚えていたり、仕事を辞める際のいざこざや、その後の生活を考えて躊躇してしまっている場合が多いと思う。

ただ、仕事を辞める事は悪い事でもなければ、難しい事でもない。例えば、会社の人にどうしても残って欲しいと言われる事もあるだろうが、仕事を辞めたいと考えた人に会社の為に尽くせと言うのは「お前の人生を諦めろ」と言われている事と同じ。どうして、そんな理屈が通るだろうか。またそれで押し切られてしまって本当にいいだろうか?

そして、会社を辞めた後の生活についても心配な事があるかもしれないけど、人や行政を頼る事は何ら恥ずかしい事ではない。

今の生活に流されて、人生の最後に後悔してしまう方がよほど悪いと言える。

繰り返しになるけれど、会社を辞める事は誰に恥じる事でもないし、その後の生活を含めて仕事を辞める事は難しくはない。難しいと考える人は、自分で難しい状況に自らをおいているだけだと言える。

そして、雇用保険を使えば生活をしていくだけのお金を国から正当な権利として貰える事ができるのだ。

一体、どのくらいお金が貰えるの?

 

会社を辞めたければ辞めていい。雇用保険でお金が貰えるという主張は分かってもらえたと思うけど、実際どのくらい貰えるのか?ざっとまとめてみた。

☆自ら会社を辞めた場合

10万円から22万円 × 3ヶ月から5ヶ月分

☆会社都合で辞めた場合

10万円から22万円 × 3ヶ月から11ヶ月分

人によって数万円の開きがあるので、一概には言えないが元貰っていた給料の6割程度を数ヶ月に渡って支給して貰う事ができる。僕の場合は、月30万円ほど支払っていた固定費を、実家に移り住む事で6万程度までに下げた為、単純な生活だけであれば一年分をまかなう事ができた。

会社都合で辞めた場合が圧倒的に貰う事ができるが、自己都合でも会社都合として扱ってもらう事は相談次第で可能になる。

貰える金額や、日数などの詳細はこちらの記事から見れるのでどうぞ。

▼関連記事

【実体験】失業保険(失業給付)の初回給付から個別給付延長まで!

繰り返しになるけれど、どちらにしても辞めても半年くらいは何とか生きていける。半年あればその間に、新たな生き方、自分の違った未来を見つけるきっかけにはなるはずだ。

会社を辞める前にしておきたい事

 

雇用保険で最低限の収入は得れるとしても、より安心して無職生活を満喫する為にしておきたい事がある。

1、生活固定費の削減計画

 

僕の場合、月収80万円ほどから16万円と収入が激減した為、どうしても家賃や、光熱費、通信費など削れる部分は削る必要があった。辞めてから考えてみるのもいいが、月単位で支払いをするものに関しては早めに辞めたりする事で、かなり出費を抑える事ができる

中でも家賃を削る事は最優先事項で、実家があるのであれば迷わず、実家に入る事をおすすめする。世間体や自分の中でのプライドはあるかもしれない。

ただ、自分が実家に帰る事で両親や祖父母などにしてあげれる事、一緒にいる事で得られるメリットは必ずあるし、それらを提供してあげれば何ら恥じる事はない。

日本の中でも世帯収入が高いとされる北陸地方では3世代で住みながら助け合い、高収入を稼いでいる家庭が多いと言う。

実家で暮らしている=親の臑かじり

このような図式は一般的な考えだけど、それがどうしたっていうのだろう。確かに光熱費があがったり金銭的な負担をかけてしまう事はあるだろうが、仕事をどうしても辞めたくて日々喘いでいるのならばどちらがいいかは答えは見えてくる。

通信費なども格安simに変える事でかなり安くできる。

▼関連記事

DTIの格安simプランが業界最安値。申し込みから設定まで徹底解説

生活固定費を削減する事で、少しでも気持ちに余裕を持てるようにすれば、雇用保険の手続きなどに専念できるからね。

2、仕事以外での収入源の確保

 

仕事を辞めてしまうのだから収入は無くなる。生きていくのにはお金が必要だからこそ、いやいやながらでも仕事を頑張っている人がいる訳で、仕事以外に収入源の確保が出来ていれば苦労しないと思うかもしれない。

ただ、いざ仕事を辞めてしまうと頭が真っ白になってしまう事もあるかもしれないので、事前に【どんな方法ならお金を稼ぐ事ができるのか?】という事を考えて、収入源を確保しておきたい

サラリーマンとして勤める以外にもお金を稼ぐ方法なんてごまんとある。

今であれば、ポケモンGOのヒットにあやかって退職し、捕まえたレアなポケモンを売ったりして生活していく人も出始めた

自分が考えている以上にお金を稼ぐ方法とは身近に存在するものと僕は思っている。

短期間で手っ取り早く稼ぎたい場合は下記の記事を参考にして貰いたい。

▼関連記事

すぐにお金が欲しい!短期間で手っ取り早く稼ぐ裏技を紹介

3、協力者、理解者を作っておくこと

 

雇用保険があるから仕事を辞めても何とかなるだろう、その気持ちで一向に構わないけれど万が一、他にトラブルがあったり手続きがうまくいかなかったりで、失敗してしまった場合、一人では持ち直せない場合もある。

実家に帰るにしろ親の理解と同意がいるし、パートナーがいるのであれば同じ様に理解がいる。僕の場合は子供が生まれたてという状態で、嫁さんが理解してくれた事は本当に感謝しなければいけないし、協力があったからこそ今なんとかやれている。

ここをおろそかにすると、お金以外でも考え事が増えてしまい、上手くいかない原因となってしまうので必ずやっておきたい。

まとめ。雇用保険は新しい人生のきっかけになる

 

繰り返しになるが雇用保険で僕は87万円を貰う事ができた。

職業訓練と言って指定された職業の訓練校に通えば、それでさらに3ヶ月の間、一定の額を給付してもらう事も可能だ。単純計算で僕の場合はさらに48万円が貰える計算になる。

僕は、就職という道を考えなかった為それを選ばなかったけれど、雇用保険を上手く使えば十分に生活の基盤になりえると僕は思う。

もちろん、数ヶ月と限定的ではあるけれど、会社都合で退職した人は僕くらいの額を貰う事は可能だし、数ヶ月あれば、何かを変えるきっかけには十分になる。

仕事だけが人生ではない。

極端な話、世の中には親の遺産だけで生活している人もいれば、グレーな事をして稼ぎ働かずに贅沢な暮らしをしている人もいる。仕事を辞めたいと悩んでいるのなら、周りの意見にあまり流されずに、雇用保険という人生に対する保険と新たな道へのきっかけがあると言う事を知って、自分の人生を見直して見るのもいいかもしれない。

冷静に考えて見ると87万円って軽自動車一台買えちゃうくらいの額だよね。すげー!

感謝です!

お後が宜しい様で!

雇用保険(失業給付)の貰い方の詳細はこちらをどうぞ!

▼関連記事

【実体験】失業保険(失業給付)の初回給付から個別給付延長まで!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。