【注意】ポケモンGOを使ってお金を稼ぐ、儲ける方法が存在する!

スクリーンショット 2016-08-02 0.24.40

スポンサーリンク

ポケモンGOを利用して個人でお金を稼ぐ方法を紹介

 

リリース直後から世界的な社会現象になっているポケモンGO。

基本情報から裏技、小ネタ、面白ニュースなど話題には事欠かないね。僕も初めてみて面白かったので、かなりボリュームのある記事を書いてみた。

▼関連記事

ポケモンGO(Pokemon go)の噂、裏ワザ、小ネタ50連発!

「ポケモンGO、飽きた」という声は聞くものの、これだけ世界的な社会現象になっているゲームがそうそう簡単に終わるはずなく、ポケモンGOの問題点である歩きスマホを改善出来る画期的なアイテム【ポケモンGO プラス】の発売も延期され、それまでは最低でもブームは続くんじゃないかなと思っている。

そこで、まだまだ盛り上がりそうなポケモンGOをゲームとしてではなく、お金儲けの道具として稼ぐ、儲ける方法を紹介するよ!

 

難易度順。本当にポケモンGOで稼げるの?

 

結論から言うと、ポケモンGOでお金を稼ぐのはなかなか難しいだろう。

それに関しては今から詳しく紹介していくが、どの方法でもかなりの努力が必要になり簡単とは言えない。

ただ成功すれば、かなりまとまった額を手にする事も可能だと言えるので夢はあるし、儲けている人は実際に存在しているのも事実。

中には、日本ではポケモンGOの規約で禁止されている行為もあるので、あくまでも知的好奇心を満たす上で紹介している事を理解してね。

※★の数が多ければ多いほど難易度は高い。

ブログ、まとめサイトで広告収入を得る

 

難易度:★☆☆☆☆

ポケモンGOに関連する情報をまとめた記事を載せたブログや、まとめサイトを作り、ネット広告を貼る。その広告収入によりお金を稼ぐ事が可能だ。

ポケモンGO関連の記事の需要は高く、既存のブログに記事を書いただけで爆発的なアクセスを得る事ができたという報告も多く見られ、ブログで広告収入を得ている人なら、報酬をアップさせる事は容易だ。

難易度は星一つというのはあくまでも、広告収入を実際に得るだけの知識がある人という事に限られるし、実際に直ぐに稼げる額となれば僅か。数十円から数百円なら直ぐに可能だが、数万円から数十万円単位となれば、既にポケモンGO発表数ヶ月前から準備していたサイトなどに勝たなければならず、かなり厳しいと言える。

 

ポケモン育成、たまご孵化代行サービスを行う

 

難易度:★★☆☆☆

ポケモンGOは他のソーシャルゲームと違い、外に出て歩きプレイしなければならず、この実際に外に出て歩くという事が最大のネックでもあり、商売のチャンスになっている。

ポケモンGOでレアなキャラをゲットする方法として、たまごを孵化させるという方法があるけれど、これももちろん歩いて行うため、どうにか家の中で孵化させれないかとこのような自動孵化装置

 を作っている人もいる。

そんな状況の中、アメリカではたまごの孵化やポケモンの育成を代行をする人が現れた。

ポケモンGOは他のゲームと違い、メールアドレスとパスワードでログインが可能となっているので、わざわざ携帯電話端末を相手に渡さなくても代行してもらう事が可能。これが他のゲームであれば携帯電話端末認証が行われており、本人の携帯でしかプレイできない事も多いが、ポケモンGOであれば可能なのだ。

これらは会社単位で行っていて個人では参入しにくいのではないかと考えるかもしれないが、既にツイッターなどで個人で代行をアピールして、実際に代行し稼いでいる人もいる

他にも、自分のスキルを簡単登録で売る事ができる、ココナラ を使って募集をかけている人も存在し、確かにココナラ であればより簡単にアプローチして、目立つ事ができる事もできるだろう。

おおまかな流れとしては

・ココナラ、ツイッターなどでポケモン育成、たまご孵化の募集を募る

・応募者と連絡を取り契約を結び、報酬をもらう

・ポケモンを育成、たまごを孵化させたら応募者へアカウントを返す

という感じ。アカウントは人に教える事が違反となっているので、運営側にばれればアカウントが抹消されてしまう可能性はある。

しかし、インターネット状で全てが済む上に時間と体さえあればできてしまうので難易度は低い。レアポケモンであれば一体数千円の値段がついている現状なので、上手くやれば一日で数万〜数十万稼ぐ事も夢ではない。

図鑑コンプリート、強いポケモンを所持しているアカウントを売買する

 

難易度:★★★☆☆

日本でソーシャルゲームがヒットすると、必ず出てくるのが強いレベルのアカウントをオークションなどで売買する人。もちろん、規約で禁じられているがパズドラを含めた有名ゲームでも完全に規制する事ができなかったのが事実。(海外では容認されている模様)

実際に、Yahooオークションを覗いてみると強キャラ、カイリューの高CP(強さ)を所持していて、図鑑がコンプリートしているアカウントなどは20万円の値段がついているものもある。これは他のゲームのアカウント売買の値段に比べても高額だが、それでも買いたい人はいるのだ。

図鑑をコンプリートするにはかなりの時間を要し、一つのアカウントを育てるだけでも一苦労で、労力に見合わないとも考えられるが、それでも、難易度を★3つにしたのは「チート」と呼ばれる、データ改造、パソコンでプログラムをいじる事で強制的に図鑑をコンプリートしたり、強いモンスターを作れる方法が存在するからだ。

 このような方法を使い、コンプリートしたアカウントをオークションでさばいてしまえば、一気に数百万単位のお金を稼ぐ事も可能。繰り返しになるが、実行はおすすめできない。

ポケモンGOプラス、関連商品の転売

 

難易度:★★★☆☆

 冒頭でも紹介したポケモンGO関連グッズの、「Pokémon GO Plus」。これがポケモンGOの人気をさらに加速されると噂されていたが、7月末の発売予定が9月にまで延期されてしまった。現段階で既に予約を取れている人がオークションなどで既に転売を始めており、その値段は予約発売価格の6倍以上にもなっている。

 他にも関連グッズなどで人気が予想されるものがあり、それらを仕入れて転売すれば大きな利益をあげれるだろう難易度は高く品薄が予想される為、転売する前に商品を手に入れる事が難しいと考えられる。

ポケモンGOに関する自作商品を販売する

 

難易度:★★★☆☆

 ポケモンGOに関する自作商品を作って、売り出している人が外国に存在する。

ポケモンGOはプレイによる、スマホの電力消費が激しく、欠かせないバッテリーを、モンスターボール風(あくまでも風)に設計し、販売しようという事だ。早速、話題になっているし確かに、これなら欲しいと思う人はたくさんいるはずだ。

とても良い考えだとは思うし、これを見てか見ていないのかオークションにも既に類似の商品が業者から売り出されているが、気になるのは権利問題

オマージュでは済まされないレベルの類似なので、いざ企業側から訴えられるかもしれないという事を考えるとなかなか手は出しにくい。それなりの技術がいる上に、元手がかかるので難易度は高いが、上手くやれれば、まとまった額を手にする事は十分に可能だろう。

ポケモンGOの専門ツールで儲ける

 

難易度:★★★★☆

近くにいるポケモンをマップで検索できる「pokevision」など、ポケモンGOには既に多くのサードパーティがあるが、これらを公開しているサイトへのアクセスはかなりの数になると予想される。始めに紹介した、ブログやサイトで得られる広告収入とは桁違いの収入を発生させる事も可能で、まだまだアイデア次第ではいろいろなツールを生む事ができるだろう。

このようなツールは世界規模なので、ヒットした時の収入は桁違いに大きいと思われるが、そもそもツールを開発する技術力が必要となる為、難易度はかなり高い。

その上で、ポケモンGOの開発者がこれらのツールに否定的な考えがあるため、これから対策は必至となっている。


まとめ。確かに儲けれる方法は存在する

 

このように、実行すると規約や法律にひっかかる恐れがある方法も含めて、ポケモンGOでお金を稼ぐ事は確かに可能。ツイッターを見ればポケモンGO代行に関するアカウントは今や、山のようにあるが、アイデア次第で差をつける事もできるだろう。

大事なのはスピードで、どれだけ早く考え実行できるかが勝負になってきそうだ。

「銭のためなら何でもするズラ」

という気持ちは僕は嫌いじゃないし、規約に引っかからず、違法でもなく稼げる方法もあるので全てが悪いとは言わないけれど、ゲームに熱中するあまり、お金欲しいあまりに、知らない間に加害者にならないように注意しよう

今回、紹介しているのは「こんな方法があるよ!」という事なので、実行はおすすめしない!

あくまでも知的好奇心を満たす情報としてシェアしてみてね。

お後が宜しいようで!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。