【エヴァ破れる】君の名は。興行収入がどれくらいすごいか検証!

kiminonaha

スポンサーリンク

新海誠監督「君の名は。」が大ヒットスタート!

 

日本のヒットクリエーターにまた一人の名が刻まれる瞬間がキターー!

新海誠監督「君の名は。」の3日間の動員が68万人、興行収入が12億円と、つい先日まで話題に上りっ放しだった「シンゴジラ」を越えてのスーパーヒットスタートを記録。

「君の名は。」「シンゴジラ」共に公開初日に見に行きレビューを書いているが「【君の名は。】二度見不可避!鑑賞前後どちらでも楽しめるレビュー!」「【シンゴジラ】エヴァファン必見!見る前に絶対見てはいけないレビュー」どちらも、ヒット納得の出来映えだった。

【君の名は。】二度見不可避!鑑賞前後どちらでも楽しめるレビュー!

2016.08.26

【シンゴジラ】エヴァファン必見!見る前に絶対見てはいけないレビュー

2016.07.30

それでも、シンゴジラを初回の勢いでは越えた「君の名は。」は興行収入が60億円を見込める勢いとのことだからすごいよね。

という訳で、もし興行収入が60億円を突破したら歴代日本映画のどの興行成績を打ち破るのか?まとめたみたよ!

あなたもきっと知ってるあの映画が破られてしまう!?

興行収入60億円なら歴代邦画32位(実写含む)!!

 

このまま60億円の興行収入が見込めれば「君の名は。」は邦画の実写も含めた歴代32位の記録となる。これは、文字通りヒットクリエーターへの仲間入りで、第二の宮崎駿と言われている新海監督にとっては名誉なことだろう。

実際に、歴代ランキングではスタジオジブリ、宮崎駿監督作品が軒並みランクインしているまさに無双状態。

ジブリ作品の興行成績

1位 千と千尋の神隠し 304億

2位 ハウルの動く城  196億

3位 もののけ姫    194億円

30位までに他5作品がランキング 総額500億円

こう見ると、まだまだ宮崎駿と肩を並べるとまでは行かないがランキング下位のジブリ作品には肉薄する成績だよね。また、アニメ作品だけじゃなくて、邦画作品でも一度は聞いたことがあるだろうヒット作品をぶち抜くことになる。例えば、「踊る大走査線」「デスノート」「るろうに剣心」など大ヒットした邦画実写作品でも60億円は突破していない。

SNS時代の今はどれだけ宣伝をしようと「クチコミ」がかなり重要。シンゴジラは事前の宣伝を抑えていた分、クチコミでその内容が広まりヒットとなった。「君の名は。」もTwitterなどでの評価が高く、十分に60億円突破は狙える状態のようだ。

今までの新海作品、興行収入は大したことない

 

これほどのヒットを狙えるというニュースがある中、今までの新海作品は一部のファンに受けていたと評価される通り、興行収入は大したことはない。数は少ないものの正式に上映された『言の葉の庭』

ですら最終興行収入は1.5億円とのことだから、今回の60億円となった場合は偉業も偉業、本人も予想できなかったくらいの大ヒットだろう。それに、新海作品はその映像の緻密さや綺麗さが話題のため、ブルーレイやDVDの売上も相当見込める気がする。ここは興行収入には関係ないけどね。

それに「君の名は。」レビューでも書いた通り、二度見したくなるような作品だったので、二度以上映画館に足を運ぶリピーターもいそうだよね。

これはますます興行収入に期待できるのでは!?

アニメではエヴァ新劇場版、ワンピースゴールド、ポケモンをぶち抜き!

 

もし興行収入が60億円を突破した場合、名だたるアニメ作品を一気に打ち破ることになる。中でも「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」の記録58.5億円を打ち破ってしまうのは正直驚き。

エヴァと言えば十数年社会現象を引き起こしている伝説的アニメな訳で、それを抜いちゃうってことはまさに新海時代だよね。さらに、大ヒット間違い無しと言われてきたワンピース・フィルムゴールドも最終着地は60億円越えるのは難しいと言われている為、国民的アニメも越えてしまうことになる。

ワンピースアニメの歴代興行収入はこちらからどうぞ。「ゴールドは「Z」を越えれるか?ワンピース劇場版興行収入ランキング!

ゴールドは「Z」を越えれるか?ワンピース劇場版興行収入ランキング!

2016.04.03

ポケモンは言わずもがな世界的に人気なスーパー映画。その1作品の記録を抜くだけでも十分にすごい。

 いやー、このまま伝説、国民的、世界的アニメをぶち抜いてしまうのだろうか。

公開2日間動員数ではエヴァ、ワンピの勝ち!勝算はあるか?

 

ただ、これはあくまでも60億円を突破した場合の話。現時点では十分に狙える範囲だということだが、シンゴジラの公開2日の興行収入は越えたものの、エヴァ、ワンピースの公開2日動員数には及んでいない。(エヴァは公開2日で11.2億円、ワンピースフィルムゴールドは11.5億円)

勝算があるとすればエヴァ、フィルムゴールド共に大人気アニメのため、公開初日からかなり期待していたファンが多いということ。特にフィルムゴールドは前売り券に特典をつけて数種類販売していた為、初日に見に行く人も多かったはず。

エヴァも初日は劇場が大混雑していたのを覚えている。

そう考えると、前者2作品に比べるとまだまだ知名度が低い「君の名は。」に勝算はあるかもしれない。これからのクチコミが勝敗を分けそうだね。現在、僕が見る限りでは圧倒的に賞賛の声が多く、各方面の著名人からも絶賛されている。

特に主題歌・劇中音楽を担当している「RADWIMPS」への評価も高いため、相乗効果が見られそうだ。確かに、これはRADのPVなのか?と思うほどに歌詞付き曲が挿入されていたからね。それでも十分にハマっていたよ。

細田守監督「バケモノの子」をも抜いてしまうのか?

 

個人的に注目したいのが「サマーウォーズ」や「おおかみこどもの雨と雪」などで高い評価を得ている細田守監督の大ヒット作品「バケモノの子」の興行収入58.5億円を抜いてしまうのかってところ。

バケモノの子はそのヒットもさる事ながら、役所広司、宮崎あおい、広瀬すず、リリーフランキーなど豪華声優陣がこれでもかと登場し、さらに日本のトップアーティストとも言えるMr,Childrenが主題歌を担当と万全の布陣。

エヴァ、ワンピースよりはどちらかというと、作風も同じで、新海監督もきっとこの作品を越えるといろんな意味で感慨深いだろう。

気になるバケモノの子の公開2日興行収入は6.6億円だった為、既に「君の名は。」が勝利スタート。これはもしや、越えてしまうのか!?

まとめ。二度見不可避!あなたも伝説を目撃せよ!

 

十分に60億円突破を見込める「君の名は。」だが、現在はAbemaTVなどネットテレビでは過去作品の放送が行われたものの、映画の尺の関係から金曜ロードショーなどでの公開は望めない。特集もこれから落ち着いてくるだろうから、クチコミだけが頼りとなってくる

ただ、映画レビューでも書いた通り「【君の名は。】二度見不可避!鑑賞前後どちらでも楽しめるレビュー!ガチで二度見不可避の展開になっているので、一度足を運んだ人がもう一度見れば大台突破も夢ではない。

【君の名は。】二度見不可避!鑑賞前後どちらでも楽しめるレビュー!

2016.08.26

既に、RADWIMPSの映画アルバムもamazonで品切れになるなど、十分に人気が沸騰してきているのでここらで「新海マジック」を興行収入でも発揮してもらいたいところだよね。

今作品は「ファンの為に作った」と言っているので、まだ新海監督を知らない人には向けられていないはず。それでもヒットしているということは作品が持つエンターテイメント性が受け入れられてるってことだよね。

日本のアニメ業界が盛り上がってくるのはとても嬉しいことだし、公開前にすでにアメリカでも上映しスタンディングオベーションだったらしいから、どんどん世界的にこれからも活躍し、日本アニメを届けていって欲しい。

それにしても、今回「君の名は。」を配給している東宝パワーは凄まじいね。

 歴代ランキングもほとんど東宝作品!次は怒りに期待!!

お後が宜しいようで!

◯新海誠監督の過去作品が無料で見放題!◯

30日間無料トライアルがあるから、見てから解約してもOK!

U-NEXTで新海作品見放題! U-NEXT

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。