このサイトがすごい!見ないと損をする「お金」でググると一位に出てくる「Happy Life Style」

スクリーンショット 2016-02-28 18.09.40

スポンサーリンク

お金・・・グーグル検索ヒット数「7800万件」、頂点にたったのはこのサイトだ!

 

まがりなりにも「お金をまつわるニュースサイト」と銘打ってブログを書いているからには、やっぱり、人の為になるものを書いていきたいよね。とりあえず、「お金」ってキーワードで検索してみて、自分のサイトってどれくらいにくるんだろう。

 

そんな軽い気持ちで検索してみるととんでもないサイトを見つけてしまった。

一目、そのサイトを見た瞬間の清々しいインパクト。

そして、やけに目に入ってくるフォントや文字達。

極めつけはその膨大な情報量。

一部分の触りを読んでいる間には「ネットは広大よ(草薙素子風)」もう、そんなセリフが次々と頭を駆け抜けた。やはり、世の中にはすごいサイトがたくさんある。そして、自分もこんなサイトが作れたらいいよね。って思いました。

という事で、今回は、超ド級、なぜか心を打たれる事間違いない暮らしの為の情報サイト(こんな簡単に定義できるものではない気がする)「Happy Life Style」を紹介するズラ。

 

記事は作品である。By「Happy Life Style」

まずは、トップページをご覧頂こう。広告はあるもののスッキリと見やすい。

スクリーンショット 2016-02-28 17.13.39

悩み解決、幸せ生活向上サイトと銘打たれたタイトルの下にはメニューが並ぶ。

・生活と健康

・家庭と教育

・心と精神

・知識と教養

・人と関係

・仕事と技術

・資産と運用

うーん。文字を眺めているだけでなんだか、心の中が整理されていくような清々しい気持ちになる。それは、単純に並べられている言葉が清く正しいだけではなく、なんとなくフォントや文字の大きさがきりっとしていて目からぐいぐい入り込んでくるのである。

下に見える、記事のタイトルも素晴らしい。

生活と健康カテゴリからは

「高級なものさえ身につければいいという訳ではない」

「能力の向上より意識の向上の方が大切だ」

うん。読んでみたくなるなぁ。読み進めようとして

そのすぐ下の項目に今回一回目のノックダウンをくらった。

「足のにおいがひどい人は、実は繊細な心の持ち主だ」

 

おふぅ。。。一体どんな内容なんだ。気になる。気になる!!

なんというか、他のタイトルも含めて哲学的というか、ニートというカテゴリでは

「ニートとは何か?」

とシンプルに考えているその文字がすごい引きつけられるのだ。

まとめサイトを批判するつもりはこれっぽっちもないが、よく見られる

 

「ニートがニートについて考えてみたったwwwwwwwwwww」

ような、扇情的な書き方が一歳無い。そこにはキャッチーなタイトルで閲覧数をのばそうとか、SEO的にとかこっちの方が良くない?という邪推はなく、単純な伝えたい思いが見てとれる。考えすぎかもしれないが、実際サイトを目にするとそんな気分になってくるのだ。

そんな中、メニューの下に作品一覧という文字を見つけた。

作品?

これは、情報サイト、何かのアーティストを行っているという事なのだろうか?

吸い込まれる様にクリックすると驚愕のページに移行した。

 

スクリーンショット 2016-02-28 17.26.07

ほうほう、記事ですな?

 

記事の事ですな?作品とは記事の事なんですな?

 

557冊目。記事数の事を書いてあるのだろうがその一個一個が作品であると。。。本日二度目のノックアウト。一回目のノックアウトからおおよそ、1分後の事である。

 

とにかく情報量がすごい。読みやすく、分かりやすい。

どれも素晴らしいタイトルなので作品のタイトルをあげてみよう。あくまでも記事ではなく作品なのであしからず。

 

・テンションが高い人と低い人の30の違い

・悪徳業者を見分ける30の方法

・分かれたときの30の名言

・つらい失恋を乗り越えるときの30の名言

・復縁後、結婚に導く30の名言

 

お気づきになられただろうか?

どれも、30という数字が多く、その状態の時に30も対処の方法や名言があるの?と思わず袋とじをきる前の男子状態になってしまうような抜群の数字にひきつけられる。

これが、557もあるのか?ゴクリ。。。生唾がとまらないぜ。。。

 

ただ、ここで一度冷静になった。

 

この神々しいサイトにはどこか人間の温度が感じられない。中身を読んだら、実はまとめ的な感じでワードサラダになっちゃってんじゃないの?

 

さすがにそうだよね。人間味がないのはロボット的にまとめてるんじゃないの。プログラムとかくんでさ。危ない。危ないだまされる所だった。

 

まぁ、試しにここくらいから見てみようか。

「仕事を効率化させる30の方法」クリックと。。。

 

おふぅ。。。。

 

スクリーンショット 2016-02-28 17.34.16

完全に甘かった。

現れたのは目次だ。いかにも仕事を効率化できそうな内容と見てとれる数々。

 

しかも、よくあるテーブルで囲まれた様ないかにもブログ的な見出しではなく、アイコンのように画像までつけてある。

 

このページにあるのはまだ10項目。

 

これが、下にまだあるだと!?

 

負けたよ。作品だ。作品だよ。これは。

 

もうそこからはなす術はなかった。

圧倒的な情報量、みやすい書き方は徹底され、サイドバナーにはテキストを読み上げたものが動画にしてある。しかも、読み上げ速度が数段階に分かれているという親切設計。印刷用のPDFまで用意してあった瞬間に運命を感じた事はいうまでもない。

一体、このサイトは誰がどういう目的で作ったのか?

サイトの中を探すとすぐに答えは見つかった。

よくある質問に答えは全てあった。なんと運営者は一人。

メニューによくある質問という項目があり、見ると一問一答式で読者からの質問とそれに対する回答があった。少しだけ紹介させて頂こう。

 

スクリーンショット 2016-02-28 17.43.41 スクリーンショット 2016-02-28 17.46.50 スクリーンショット 2016-02-28 17.47.03 スクリーンショット 2016-02-28 17.43.54 スクリーンショット 2016-02-28 17.44.06

良くある質問より

ほうほう、悩み解決を無料で読み物として提供しているんだな。

運営期間は既に13年か、すごいな。

しかもたった一人でこれを!?

タイトルにもスペースまでこだわりがあるんだ。

これは、やはり細部まで考えて作られている、文句のつけようのない化け物サイトだぜ!

読み進めていくとこんな質問もあった。

スクリーンショット 2016-02-28 17.44.19

当然だよね。

本当に当然。このサイトに出会った時が遅かったら僕もこんな感想を抱く事は間違いない。

よくある質問は他にもあり、サイトの内容を良く説明してくれている。

一体、このサイトを作った水口貴博(みなぐちたかひろ)さんとは一体どういう人なんだろう。

プロフィールをチェックしてみたぞ!

水口貴博さんと「Happy Life Style」ができたきっかけとは?

 

運営会社という部分があったので見てみた。

 

良くある質問にもあったがこれほどのサイトだから会社が運営していてもおかしくない。ただ言った通り、著書である水口貴博さんが一人で代表取締役兼、作品一覧を作っているようだ。

 

このサイトを作ったきっかけは親友からのすすめだったそうだ。

 

生活の向上の糧になるような記事を最初は、印刷して配っていたのだがそれが作品としてまでなるうちにWebに公開していき、2014年に法人化したとの事。

 

著書の写真があるのだが、なんとも清々しい顔をされている。

 

なお、読んでいるとその信念というものを感じるのだが、本は出版していないらしい。それに関しては良くある質問にあったがこんな理由からだそうだ。

 

スクリーンショット 2016-02-28 17.44.31

脱帽としか言いようがない。

こんな信念を持ってサイトを作ればそりゃ、すごいサイトができるよね。納得です。

 

だまされたと思ってまずはみてみよう。まとめズラ。

あまりの興奮にちょっとテンションがあがってしまって煽りっぽくなってしまったかもしれないが。さっと見ただけで役に立つような話がたくさんある。

 

とにかく、見やすくて、分かりやすい。

 

銭ゲバなどと言って金、金言っている自分が悲しくなるような徹底的な打ちのめされ方はしたものの、必ず為になる部分はある。

ポリシーがあるからこそ、天命など若干、普段使わない様な心にドキッとするかもしれないがこれも一つの作品として自分の中に受け入れるときっと成長できるような気がする。

 

何より、哲学的な気分になりたい時、このサイトや文体から発せられる独特な波動がきっとあなたを哲学の世界にいざなってくれるだろう。

ネットは広大よ。

この言葉で最後は締めくくらせてもらうズラ。

ハッピーライフスタイルはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

-人生はギャンブル
リスクを取れない事が最大のリスク-
年収1000万円のサラリーマン生活を捨て、無職でお金を稼ぐ方法(ブログ、アフリエイト、中国輸入、株、ギャンブルなど)をひたすら実践中。 韓国カジノの魅力を伝える為のナビゲーター業も行っているので、韓国カジノに行ってみたい人、随行します。 お問い合わせからご連絡下さい。