リップル(XRP)って何?オススメの本をサクッと紹介!

スポンサーリンク

ドルに代わる世界の基軸通貨はリップルのブリッジ通貨XRP

前々から気にはなっていたリップル(XRP)。

どうやらビットコインとは似て非なるもの、大きな違いがあるというではありませんか。

キンドルアンリミテッドの読み放題本がありました。

なかなか手作り感満載です。

あまり期待せずに読んでみたら結構分かりやすかったのでシェアしたいと思います。

大和富士って誰?

著者は大和富士(やまとふじ)さん。

実は仮想通貨(暗号通貨)の専門家でなければ、金融や投資の専門家でもありません(驚)。

大和富士ブックスの公式サイトを見てもらったらわかる通り、スピリチュアルが専門分野なんですね。

著者はあまりにもリップルからうけたインパクトが強かった為、一人でも多くの人に新しい波を伝えよう!筆をとったそうです。

より専門家の正しい情報が欲しいと考えた愚かな僕は本をそっと閉じようとした訳ですが。。。

閉じようにもあまりにもさらっと入ってくるので気づいたら最後まで読んでしまいました。

リップルについての基礎知識とビットコインの違いがさくっと頭に入ったので箇条書きしてみます。

リップルの基礎知識

箇条書きでいきます!

※XRPと記載するのが正しいですがここではリップルと書きます。以下すべて。

  • リップルはブリッジ通貨である
  • リップルは1憶発行されていて徐々に減少していく
  • 世界中の貨幣の価値を橋渡しし相手に送ることができる
  • リップルは社名なので通貨の名前としてはXRPと書くのが正しい
  • リップルは2004年Ryan Fuggerが開発を始めRipple Inc.に譲渡された
  • ビットコインに比べて決済が格段に速い
  • リップルは限られた承認者のみでトランザクションの検証が行われている
  • Google及び各企業から100億円以上の資金を調達している
  • 世界の取引高トップ50銀行の中から15銀行が採用を検討している
  • 7月1日からSBIが取引・採用を開始

こんな感じでしょうか。

特に本を見ずに頭の中に入っていたことを書いてみたのでもしかしたらちょっと違いがあるかもしれません。

これらをまとめる要点としてはたった一つ。

リップルは銀行決済においての問題を解決するために特化して開発が行われている仮想通貨で、ビットコインと使用している技術は似ているものの、性質的には全く違う。

ということです。

リップルとビットコインの違いについてもさくっと書いてみます。

リップルとビットコインの違い

  • ビットコインは資産、リップルは借用証書
  • リップルにはマイニングがない
  • リップルはRipple Inc.という管理者がいる
  • ビットコインに比べてリップルは消費電力が少ない

これも頭に入ったことをつらつら書いてみたので検証が必要な部分があると思います。

ビットコインの弱点、消費電力や決済速度の遅さ、扱うデータのサイズなどを克服したのがリップルとよく言われるようですが、実際は開発の意図が違うので当然ということが書いてありました。

リップルは上にも書いた通り、銀行を顧客として作られた専門的な通貨なんですね。

XRPを買うことはリップル社の株を買うようなもの?

世界中の名だたる銀行が注目し、実際にそのネームバリューを利用して資金を調達していますが日本でも三菱UFJ銀行やSBI銀行などが採用するというニュースするのは、その技術が銀行向けに作られているからこそ。

ビットコインを買うのとはちょっと訳が違います。

確かにこれから価値はあがっていくでしょうが、リップルはリップル社がコントロールできます。

取引の際にリップルは減少していきますが、消えた分はリップル社の利益になるそうですから、どこまでいってもリップル社有利に作られていますからね。

有利に作られている例として2017年内はリップルの一部をロックアップ、つまり凍結するという話もありますし。。。

これらを総合して、リップルを買うってことはリップル社の株を買うようなものなのかなと思いました。

ただ、リップルの業績が上がったからといってリップル自体の値段が上がるとは限らないそうです。

ややこしや。

まとめ

リップルについて調べると面白すぎるのでしっかりとまた別記事でまとめ中なのでそちらをご覧下さい。

さくっと本を読んでみた感じは確かに出来レース感もあるけれど、しっかりと準備を重ねて一分野に特化した通貨として開発をしているリップルには確かに魅力があるといえます。

なんで上からの目線やねんという突っ込みはおいといて、ICOにリップルが利用にできるようになる上に、本当に名だたる銀行が採用に名乗りを上げていますから、とりあえずよさげな雰囲気だけはバシバシします。

とにかくニュースには事欠かなそうな気がするので、現リップル社の会長クリス・ラーセン(@chrislarsensf ‏)のツイッターも今後チェックしてみたいと思います。

時間がなくて雑なまとめになってしまってすいません。

とりあえず、専門家じゃなくともすごく頭に内容が入ってきたので、リップルに興味がある人は読んでみてはどうでしょうか?

XRPは国内取引所ではcoincheckさんとbitbankさんが対応しています。初めての利用ならcoincheckさんがおすすめです。

お後が宜しいようで!

▼アルトコイン日記の続き

危険な仮想通貨(詐欺)を見極める超簡単な7つのポイント

仮想通貨詐欺にあわないために知っておきたい7つのポイント

2017.06.30

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)