VALUの基礎知識。個人がビットコインで簡単に資金調達できる!

スポンサーリンク

新サービス『VALU』。あなたの価値はいくら?

ビットコイン持ってますか?!ぜにげばお(@zenigebazura1)です。

今話題のビットコインに関連する面白いサービス『VALU』のベータ版がリリースされました!

サービスの説明を公式からお借りすると『だれでも、株式会社のように、あなたの価値をトレード。ビットコインを用いたマイクロトレードサービスです

補足
現在「株式会社のように、あなたの価値をトレード。」という文言はサイトから削除されています。誤解を与えやすいため運営が削除したとのことです
げばお
???

はい。完全に『?』ですね。

なんのこっちゃ分かりませんが、ホリエモンこと堀江貴文さんの価値が『VALU』で時価総額8億円を突破したと聞いたら銭ゲバの血が騒ぎます。

調べてみると面白かったので『VALU』の基本情報と、実際登録した感じをシェアします。

VALUって何?

まずはVALUって何ってとこから。

これはマイクロトレードサービスの一種みたいですが、そこを掘り下げてしまうと話が逸れてしまいそうなのでやめときます。

公式でもおっしゃっている通り、VALUを身近な物に喩えると『株』です

株は会社を運営する為の手段の一つで、会社は株式を発行し、購入してもらう事で資金を調達しますよね。

VALUでは『株式』=『VA』となっています

はじめての方へ

VALUは、誰でも会社の株式に見立てた『VA』を発行できるサービスです。カンタンに発行して、好きな価格をつけて、他の人と売り買いすることができます。

つまり、会社ではなく個人単位で誰でも『株(VA)』を発行でき、それを買って貰うことで資金が調達できるということですね。

図式で表すとこんな感じ。

株式では株を購入した人を『株主』と呼びますが、VALUでは『VA』を購入した人を『VALUER』と呼びます。(バリュアーでいいのかな?)

このVAの発行や売買の仲介をしてくれるサービスがVALUで、株式においての『株』が『VA』に変わったものですね。

意外とカンタン!

VAはビットコインでしか買えない

株取引をする人なら、上の説明だけでも衝撃を受けたかもしれません。

げばお
簡単に誰でも上場できるってアリなの?

僕はそう思いました。

一般的に、株式を上場している会社というのは社会でも信用のある会社ばかりで、上場するまでにも厳しい審査がありますし、上場後も社会の目と取引委員会の監査の目にさらされます。

会社の数とは桁違いになる、個人を把握し、管理することが果たしてできるのか?っていうか、審査基準がどうなってるか分かりませんが、ホリエモンが時価総額8億円になったように芸能人、有名人が上場して価値が破格の価値がつくのであれば現在の株式にも少なからず影響してきます。

このサービスをリリースするにあたり金融庁に足しげく通ったという記事を見かけましたが、さすがにそこは考慮されており、とりあえずは「ビットコインでしかVAは購入できない」という条件があります

ビットコインがお金としての価値を持ってき始めている今では「だから何?」ではありますが、そこがVALUのキモですから、とりあえずはビットコインでしか買えないことは把握しておきましょう。(クレジットカードでの購入も不可です)

このビットコインを買うには国内の取引所に登録する必要があります。今はZaifさんが人気です。

▼関連記事

【仮想通貨取引所】Zaifの登録者数が急増中!人気の理由とは?

VALUでVAを買うメリットは?

ビットコインでしか購入できないという点で分からない人にとっては面倒くさいVAですが、VAを買うと良いことがあります。

株にも『株主優待』がある様に、VAも購入すると『優待特典』を貰えます。

VALUERになると、うれしいことが。

他人のVALUを手に入れると、VALUER(株主)になれます。その人のタイムラインや、限定コンテンツが見える様になります。「優待」はVALUごとに自由に作れるインセンティブで、その内容もさまざま。あなたにとって嬉しいイベントやグッズがあるかもしれません。

実際にどんな優待がうけれるかは登録後の様子を後で書きますが、自由に作れるインセンティブという言葉は魅力的で可能性を感じますよね。

好きな個人がとても魅力的な優待特典を出してくれたらそりゃその人のVAを買っちゃいます。

例えば、好みの顔と体のアイドルと一日添い寝できるとか

アリじゃないですか!?(必死)

どの範囲までの優待特典をつけていいのか規約を見てみると特典には禁止されているものがありました。

項目がかなり多いので詳しくは(規約)の第11条(優待特典)を見て下さい。中でも重要と思われる部分を抜粋してみます。

  • 現金、BTCを含む仮想通貨、電子マネー等
  • 情報商材
  • 公序良俗に反する商品又はサービス(アダルト、児童ポルノに関する商品、わいせつな商品、性的サービスを含むがこれらに限られないものとします)

まず特典に現金や仮想通貨などはつけれません。

これは株とは大きく異なる点で株式の様なものという事ですが株のように配当を受取ることはできません。

そして情報商材。どこからどこまでがそれに該当するか分かりませんが「天元寺翼の1億円稼ぐ秒速メソッド」みたいなものはつけれない感じですかね。

同様にどこまでが該当するかは分かりませんが、公序良俗に反する商品又はサービスは禁止。続けて「わいせつな商品、性的サービスを含むがこれらに限られないものとします」と「これらに限られない」とするとアイドルの添い寝もできるかどうかは分かりません。

ここら辺は実例と前例を見ていくしかありません。

補足
この記事を書いてから約3ヶ月が経ちますが現在確認できている人気の特典に

  • 得意分野のコンサルティング
  • オリジナルイラストやグッズ
  • トマトなどの農産物

などが見られます。優待をつけている人の数の方が少なめですね

ちなみに物品はオッケーですが、規約にある通り

4.発行者が優待の内容として物品の提供を行う場合には、特定商取引に関する法律、不当景品類及び不当表示防止法、その他関係法令を遵守しなければなりません。 なお、発行者が以下に該当する場合には、自身のプロフィールページに以下の記載を行う必要があります。

物によっては、古物許可証や通信販売種類小売業免許の記載なども必要になってきます。これが金とか銀など価値を持つものが可能ならアコギなことを行う人もいるかもしれません。(規約により不可能です)

とりあえず、VAを買うと何かしらの優待を受けれる場合がある。もちろん、受けれない場合もあるという感じです。

VAを買うメリット『VAの価格が変化する』

優待特典の他にメリットがもう一つあります。

株式で株の価格が変化するようにVAの価格も変動します

まずVAの価値の決まり方から説明します。

株ではブックビルディング方式という方式で価格が決定します。引受証券会社が仮の発行条件を提示して投資家の需要を調べた上で公開価格を決定し、それを元に売り出しがされ価格が決定されます。

これがVAでは「Facebook、twitter、instagrumのアカウントのフォロワー数など」によって決定されます

これはなかなか!

SNSでの繋がりが多く、知名度がある人はいきなり破格の数字を叩き出すこともできちゃいます

フォロワー数などで売り出し価格の上限が決定され、売り出し時の発行部数を調整することによってVALUの価格を安くおさえたり、高く設定することが可能で、売り出し後はVALUの売買によって値段が決定します。

VALUの売買によって値段が決定するところは株に似ていますが、公式サイトにある図では少し説明不足ですね。

正確にはVALUER同士での売買が可能なので、VALUER間にも矢印が必要になります。

ちなみにこのVALUのやり取りによりどういうアルゴリズムで価格が決定しているかは全く分かりません。

実際に取引状況を見てみたのですがいきなり7倍、20倍に価格が上昇し、株で言うところの値幅制限が無いように見えた為、とても恐ろしく感じました(笑)

補足
現在はこのような事態を防ぐために初期の売り出し数や取引回数などに制限が設けられています。しかし未だに値幅の大きさなどは解消できていない部分があります

VALUに実際に登録、ログインしてみました!

以上が簡単な説明です。

百聞は一見に如かずということで実際に登録し、スマホからログインしてみました。

こちらがトップページ。

デザインはとても見やすくシンプルで使いやすい感じ。

ログインはFacebookID(必須)で行います。

なので登録も何もFacebookでログインした時点で登録完了ですね。

ログイン後はここが基本ページ。

登録状況や、取引可能状況がタイムライン表示されます。

下にスクロールすると堀江さんに津田さん、イケダハヤトさんなどいきなり豪華な面子が出てきました。

ホーム画面のハンバーガーメニューをクリックすると取引メニューが現れます。

  • Faceboo登録名
  • VALU内保有BTC(JPY)
  • MY VALUの発行
  • 保有中のVALU一覧
  • ウォッチリスト
  • 取引履歴
  • 口座の管理
  • 設定

クリックしてみましたが、大体項目通りで全てシンプルなページです。

ホームボタンのトロフィーを押すと現在のVALU時価総額ランキングが見えます。

1位は堀江貴文さん!(2017年6月時点)

お昼から時価総額が2億円もアップし10億円越え。ワンピースのルフィの懸賞金よりもインフレしてますね。

2位は尊師。イケダハヤトさん。

ブログやTwitterでVALU情報を更新し始めてからの急上昇、さすがです。

3位は家入一真さん。4位ははぁちゅうさんと、何かとネットに関係が深い面子ですね。この時価総額が景気がいい感じですが、この額がそれぞれ調達できている訳ではありません。現在発行しているVALUの価格に発行部数をかけたらこうなるという事で、実際に購入する人はもっと少ないので入っている金額はもっと少なくなります。

どれくらいお金が入るのか気になりますが、そこはイケダハヤトさんがしっかりと公開してくれていました。

マジでさすがです!

尊師くらいの知名度があれば11万円くらいは簡単に手に入れることができちゃう訳ですね。これは単純にすごい。

尊師の手応えでは100万円〜200万円は調達できそうとの事。

追記:その後2週間も経たないうちに1000万円の資金調達の報告があり、Youtuberのヒカルは炎上問題になりましたがたった一日で1千万円以上のビットコインを手にしました。

優待情報をチェックします。

ウォッチリストに追加ボタンの下にある

  • ホーム
  • データ
  • 優待
  • 保有中のVALU

から優待をクリックすると確認できます。

ブログ作成のコツを教えてくれるようです。かなりラフですが、これでも11万円越えのビットキャッシュが通達出来てしまうのがすごい。

ちなみにホリエモンの優待は何もありませんでした(笑)。

先程の4つのメニューからデータをクリックすると、その人のVAの現在の価格などが見れます。

これは尊師のVALUの価格なのですが初値1142円から、6月2日の終値が24627円、6月3日変更時で68531円とボラリティが半端ない事になっています

おそらく、1VALUの値段を表していると思うのですが、最早ぶっ壊れすぎてコメントに困るレベル。出来高は24VAでこれだけ価格があがってしまうのですから、どんなアルゴリズムだって言いたくなりますね。

下にスクロールすると株で言うところの売買の板が出てきます。

なんとなくしか分かりません。左から現在売り出されているVAの数、現在の価格【BTC換算】(緑が買い、赤が売り)、気配がそれぞれ色の大きさでボリュームを表しています。

もうここはJPYで表示して欲しいところですが、法律的にアウトになってしまいます。

ざっと見たところの印象としてはまだまだユーザー数が少ないですね。

登録は簡単ですが、自分のVALUを発行する前に審査が必要となり、登録後直ぐにVALUを発行できる訳ではない為、若干放置する期間が生まれそうです。

これから100万人までユーザー数を目指すそうですが、もしそれが実現したとしたらとんでもないだろうなぁ。いろんな意味で目が離せないのは間違いなさそうです。

VALUはこんな人におすすめできる

簡単にログイン後を紹介しましたが、こんな人にはVALUはおすすめできます。

  • Youtuber、ブロガー、ネットアイドル
  • フォロワーやファンがたくさんいる人
  • フォロワーやファンから投げ銭が欲しい人
  • セルフブランディングに力を入れている人
  • 間接だけど金銭的に応援したいファンの人

成功するか失敗するかは、僕の浅い見地では判断することはできませんが、イケダハヤトさんが11万円稼ぎだしたように、VA発行側としては確実に人気と知名度があれば、ビットコインを獲得することができます。

なのでYoutuber、ブロガー、ネットアイドルなどネット活動で収益を拡大したい人には収入源の一つになるポテンシャルは十分。実際にサービス開始から3ヶ月間の間に多くの人がビットコインを手にしているようです。

実際のところ、中身は個人を応援するクラウドファインディングや、Youtubeの投げ銭機能「super chat」と大差ありませんからタレントとファンの関係を、投げ銭することで一歩越えれるような感じ、もっと言ってしまえばホストやキャバクラの指名システムとも言えます。

本当に自分が応援したい人にお金はあげれないけど、ビットコインとか間接的に金銭的支援をしたいという場合なら、半分お金は捨てるつもり、あげるつもりでやってみてもいいかなと

馬鹿らしい理由はもう一つあって、例えばVAを購入した人が退会すると無価値になってしまうなど、株と同じと言いつつ仮想通貨であるビットコインを集めて、上場廃止(退会)への対策などが不十分であるというのは杜撰です。

現時点では投資側は応援に徹するファン以外は無くなってもいいくらいの金額で遊ぶのが適切ですが、発行側は特にデメリットは無い気がしますね。

まとめ

VALUの現時点での情報をまとめてみます。

  • 個人が発行できる株式のようなもの
  • ビットコインでしか購入ができない
  • 購入すると優待特典が受けれる
  • 価値が変動する
  • まだまだ登録者が少ない
  • ネットで収益を得たい人気者はやってみて損はない
  • 投資する場合は投げ銭のつもりで!
  • 場合によっては億り人も生まれる?

追記:サービス開始から約3ヶ月まだまだ話題になっています。Youtuberのヒカルさんの炎上問題から法的解釈のコメントがあったりと話題に事欠きません。サービスの改善はありましたが、特段大きな変更点は現状ありません。

こう箇条書きにしてもやっぱり面白い仕組みだとは思います。

この仕組みの案自体は2013年くらいからあるみたいですが、仮想通貨、ビットコインの盛り上がりにあわせて良い形でリリースが出来たのではないでしょうか。ナイスタイミングですね。

堀江さんにしろ、イケダハヤトさんにしろ、既に発行したVALUからビットコインを十万円数千万円単位で獲得している訳ですし(逆にそのレベルの人でそれだけ)、価格のボラを考えると本当に早い者勝ちというのは納得の状況です。

  •  売買が活発化するか
  • 芸能人、有名人がどれだけ参加するか
  • 金銭的トラブルが発生しないか

などがこれからの普及の鍵になってきそうですね。本当に儲かるかどうかは購入してみないと分かりませんが、投資目的での購入は禁止されていますが、実際に利益を得ている人は大勢います。

特に新たに登録した有名人は狙い目だと思います。

後はビットコインにレバレッジをかけるのが怖いって人が、ビットコインに違う形でレバをかけるという意味で試しにやってみるのにも向いているかもしれません。

VALUは仮想通貨にさらなる価値を持たせてくれるアイデアの一つ。

クラウドファインディング、投げ銭然り、ネットで収入源を得る方法など、お金を稼ぐ形も含めて、お金との関わり方が急激に変化を見せていると思います。この波を起こす側になれれば一番ですが、それは無理なので落ちている金は全力で拾いに行きましょう!

ちなみに、VALUを始めたい人はまずはビットコインの購入は避けて通れません。(日本円として出金するなら)

ビットコインの購入なら国内で唯一ビットコインの盗難保証がある簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckが断然おすすめ!

大きな取引所がいいなーという場合はbitflyerもあり!

今一番人気があるのはZaifさんですね。

ビットコインなどの仮想通貨について全くわからないと言う人はこの通りやれば大体わかるでしょう。

【初心者向け】仮想通貨で儲けるまでの流れとやるべきことのまとめ

【初心者向け】仮想通貨で儲けるまでの流れとやるべきことのまとめ

2017.07.31

VALUを始めても取引所を作っていない為に、入金出金ができずに困ったと言う記事が話題になっているので一通り仕組みは理解し、取引所はあらかじめ開設しておきましょう。

目指せVALUでビットコイン長者!

お後が宜しいようで!

▼あわせて読みたい

VALUは投資ではなく投げ銭。加害者・被害者にならない為のまとめ!

VALUは投資ではなく投げ銭。加害者・被害者にならない為のまとめ!

2017.06.07

追記:VALUでの応援ありがとうございます!

審査申し込みより3週間近くたってようやく審査に通りました!

ぜにげばのVALUはこちらから

ポツポツと購入をいただいております。この記事とは別に書いてあるとおり、VALUは投げ銭と捉えていますので物質的なリターンなどはお約束できませんが、現在バカラに関する負けにくいマニュアルを作成中でそちらをVALUER限定で配布予定です。

人気ブロガーや有名人のVALUに比べて超格安で購入できるので、VALUを少額で体験してみたい方もお試しにいかがでしょうか?

購入方法がわからないなど、質問はコメントや問い合わせからどうぞ!このブログでビットコインを配布するイベントも合わせて行なっていますよ!

良く読まれてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)