「Eleaf iStick Pico」初心者向けレビュー!はじめてのVAPEにおすすめ!

スポンサーリンク

「Eleaf iStick Pico」を初心者の方向けにレビューします!

みなさん、今日もVapeがうまいですか?ぜにげばお(@zenigebazura1)です。

先日Amazonで注文した「iStick Pico」が届きました。

つい最近までは「MODって何?」という初心者っぷりだったので正直そんなに期待していませんでしたが「iStick Pico」を使ってみてびっくり。一瞬でVapeの沼が足下に広がっちゃうくらい素晴らしかった!

ぜひこの素晴らしさを今からVapeを始めるみなさんにお伝えしたいとブログを書こうと調べていると、ピコは2016年に最も売れたスターターキットらしい事もあり、既にVape先輩方が詳しくレビューされてる記事がたくさんあるんですね(汗)。

Vape自体突き詰めるとメカニカルでテクニカルな話ばっかりになる中、初心者の僕が付け加えて語れることって残念ながらありません。ショップとかに行って勉強させてもらうと店員さんの知識って半端じゃないって思いますし、他の方のブログ読んでると数学者みたいなオーラが出てますからね(汗)。

そこでVape初心者の僕がVape初心者の目線で「初めてのVape何を買えばいいか分からない」「今のじゃ煙が足りないからもっと爆煙体験したい」「Picoの組み立て方とか分かんない」という初心者の方の為にゆるーくレビューしていきたいと思います。

Check it out!

数あるVapeから「Eleaf iStick Pico」を選んだ理由

さて、まずはVapeの中からピコを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

購入前に聞いた前情報はこんな感じでした。

  1. とにかく売れてる(らしい)
  2. ボディがコンパクト(らしい)
  3. 爆煙体験ができる(らしい)

この選んだ理由はそのままおすすめする理由にもなるので少しだけ掘り下げてみます。

とにかく売れてるらしい

とにかくこのピコ…売れてるらしいんです。

売れてるって言葉に人間が弱いのは科学でも証明済みなのですが、その効果だけじゃなくて確かに売れているみたいです。

都内と横浜のVapeショップを数軒回った結果どこのお店でもセンターに鎮座していましたし、関連商品の充実度が他とは一線を画しています。実際に売れてるからピコをおすすめしておけば間違いないって言ってましたし(笑)。

売れる理由はもちろん製品が良いからという事もあるのですが、売れていればパーツやグッズも充実しているので買った後の楽しみがより増えるという部分があると思います。

 売れてるはいろんな意味で正義です。

コンパクトサイズがGood!

サイズがコンパクトとは聞いていましたが、これって重要なことですよね。

僕はバリバリの無職なので原則カバンは持ちません。

全然、ミニマリストでもないのですがVapeを120%と楽しもうと思うとやっぱり荷物がかさばっちゃいます。最低でも「本体」「リキッド」「充電器」を持たなきゃいけないのでカバンが必要かなと。

ただ実際手に取ってみると、なるほどこれはコンパクトでポケットに入れて持ち運んでもストレスフリー。アトマイザーにたっぷりリキッドを入れておけばリキッドや充電器も不要って感じです。

確かに1台目に購入したペンシル型のMODに比べれば形状が違うので大きくなりますが、煙の量が物足りないのでそれを考えれば無問題。

常に携帯して気軽に外でもモクモクしたい人にもおすすめなんです。

75Wで爆煙体験

僕が2台目のVapeを買うきっかけになったのは友達の爆煙Vapeを吸わせてもらってからです。

1台目「Jpytech eGo AIO」は人からプレゼントしてもらいましたが、ペンシルタイプなので煙はそこそこ。非喫煙者としては別に煙の量にこだわるとかはないのですが、爆煙がでるVapeを吸わせてもらうとその煙の量が面白いというか、子供心が湧いてきて欲しくなっちゃいました。

実際は煙だけじゃなくて同じリキッドでもかなり美味しく感じられた事もあるんですが、やっぱり煙をブホーって吐けるのはいいですよね。 

さてこの煙の量ですが、MODのワット数と抵抗値の大小によって決まるみたいなんですね。初心者的にはワット数は大きければ大きいほどすごい煙が出るんじゃないかと思っていたのですが、実際はセッティングによって煙の量が変わったりするのででかければいいってもんでもないです。

ピコは最大75Wまで出力できるのですが、実際それがどんなレベルなのかって想像着きませんでしたが、使った感じで言うととりあえず十分すぎるほど十分に爆煙です。

「Eleaf iStick Pico」開封します

以上の理由でとりあえずAmazonでポチってみました。(↓↓Amazonのリンクは自分が購入したショップと同じです)

AmazonでのVape購入には賛否両論があり、いわゆる「正規品ではない」モノが混同しているとの事でしたが、僕個人的には問題ないと判断しました。「安ければ良いし、使ってみないと分からん」というポリシーがありますし、Vape自体リキッドのことも含めてどこまで言っても自己責任ですからね(汗)。

届いたVapeを開封していきます。

  • 本体:(Eleaf iStick Pico color BRONZE BLACK)
  • アトマイザー:(MELO3 mini)
  • バッテリー:SONY VT4C 

 のセットです。

ビニールでパッキングされていて、スタイリッシュな箱です。感じがええね。

f:id:vapeman:20170519102432j:plain

裏面にはメーカーの「スクラッチチェック」シールが張っていました。

f:id:vapeman:20170519102702j:plain

どちらにしても気にしていませんが、これが張っていたからって正規品とは限らないというのは勘ぐりすぎでしょうか?(笑)

オープンすると本体とアトマイザーが入っています。

f:id:vapeman:20170519103154j:plain

本体を手にとってみるとこんな感じ。

f:id:vapeman:20170519103318j:plain

他のMODに比べると大分コンパクトです。

こちらがアトマイザー。

f:id:vapeman:20170519105947j:plain

ここがリキッドを入れる部分になるのですが、初心者なので他のアトマイザーと比べてどうだとか特に感想はありません(笑)。

本体とアトマイザーを取り出すと説明書などが入っています。

f:id:vapeman:20170519103301j:plain
  • 説明書
  • 充電コード
  • 替えのコイル
  • アトマイザー用のゴムパッキン

が入ってました。図解の説明書は日本語で書かれていないのであまり参考にならないですね。

全体的にAmazonの宣材写真ほど高級感はないですが、バッテリーとアトマイザーコミコミで6500円ですから十分満足。個人的に本体のカラーはシルバーとかの方が映えるんじゃないかなと思います。

「Eleaf iStick Pico」組み立てる

Vape初心者ですからもちろんこういうタイプのMODは組み立てた事がありません。ただもう成人男性、その前に一人の男ですからこれくらいは説明書無しで組み立てて見せたいところ! 

しかし「Vapeは一歩間違うと爆発する」みたいなイメージがあったので別途付属されていた日本語マニュアルを読みました(笑)。

ふむふむ。とりあえずまずは本体に電池を入れたらいいみたいですね。

電池は本体とは別にパッキングされていました。

f:id:vapeman:20170519110129j:plain

なんとなく中華臭がしますね。(良い意味で)。

こちらが電池本体。単三電池より一回り大きいくらいでしょうか。

f:id:vapeman:20170519110209j:plain

本体に張られているシールの意味はこうなります。

18650=(18(直径)650(全長mm)2100mAh(容量)3.7V(ボルト数))

大きい電池なのでなんとなく怖い。爆発しそ(ry

本体にぶちこんでみます。本体部分を立てて置いた状態の写真です。

f:id:vapeman:20170519111013j:plain

①の部分はアトマイザーとドッキングするところ。②が電池を入れるところになります。②はペットボトルキャップの様になっていますので回して開けて下さい。

蓋を開けるとこんな感じ。

f:id:vapeman:20170519111248j:plain

電池を入れる際は+極、−極を間違えない様に注意が必要です。(間違えても爆発しません)

f:id:vapeman:20170519110505j:plain

上の写真では若干分かり辛いですが出っ張っている方が+極(普通の電池と同じ)で、こちら側を下にします。

このように上側がフラットな面が来ると覚えれば簡単です。

f:id:vapeman:20170519110721j:plain

結構本体から出っ張りますね。入れたらキャップを閉めて準備完了です。+、−を間違えない意外はほとんど気をつけることはありません。

次にアトマイザーを取り付けます。

実際には写真の木枠部分をくるくる回してリキッドを入れて本体に取り付けるだけでいいいのですが…

f:id:vapeman:20170519112206j:plain

分解してみました。

f:id:vapeman:20170519112307j:plain

初心者でもくるくるひねったりするだけで簡単にこの状態にできますが…

f:id:vapeman:20170519112423j:plain

特に意味はありませんし、分解はおすすめしません(笑)。ちょうど中央にあるゴムパッキン(呼び方適当)が液漏れ防止の為のものなので取り付け方が甘いと液漏れの原因になってしまうからです。

アトマイザーを洗浄する際には分解が必要になると思うのでまた別の記事にまとめてみたいと思います。

一応、説明書の図も載せておきます。(スペイン語)f:id:vapeman:20170519113109j:plain

改めて書く事でもないのですがアトマイザーには上下があります。

f:id:vapeman:20170519113329j:plain

黄色の丸で囲んだ部分がドリップチップといって煙を吸うところ。赤色の丸で囲んだ部分が本体に取り付ける為のボルトです。

ボルトを下にして置き、先程黄色の四角い枠で囲んだ部分を外してリキッドを入れます。(僕は外した状態で入れましたが本体につけた方が入れやすいです)

今回試すリキッドはFashion Juiceの「Gari kun」。

f:id:vapeman:20170519113952j:plain

本家はレアチーズやらマンゴーなど様々なフレーバーを出していますが(笑)オーソドックスなガリガリくんソーダ味風味です。

リキッドを注入。

f:id:vapeman:20170519114029j:plain

赤枠で囲んだ部分はコイルになっているので間違ってここにリキッドをいれないように注意して下さい。銀色の部分の端からタンクにリキッドが溜まるようになっています。(ちょっとこぼれやすいかも)

赤丸部分を下にして先程の本体写真の①番の部分に回し入れます。

f:id:vapeman:20170519113456j:plain

しっかりとアトマイザーが本体に固定されたら準備完了!

f:id:vapeman:20170519114211j:plain

分解さえしなければものの数分で終わる超単純作業です。

アトマイザーをつけてもサイズ感は変わらずコンパクト。非喫煙者なので持ち合わせていないのですが一般的なタバコの箱よりも若干小さいくらいです。

「Eleaf iStick Pico」本体セッティング

では次に本体のセッティングをします。

Pickは上級者の方にも一目置かれるほど多様なセッティングができるのが魅力らしいのですが、1台目〜2台目にPicoを選ぶ人にはまだ早いです。パソコンとUSBで繋げてファームウェアをアップデートってなんかメカニカルすぎてまだちょっと手が届かないですよね。

とりあえず、まずは試してみたいという人は基本的に次の動作さえ覚えておけば問題ないかと思います。

本体の作りはシンプル。それぞれこんな感じです。

f:id:vapeman:20170519115759j:plain

電源ボタンと書いていますが、正確には(パフボタン)と言って煙を吸うときに押すボタンを5回連続でクリックすることで電源が立ち上がります。同じ様に、5回連続でクリックすると電源が落ちます。

使わないときは基本的に電源は落とした方が良いようです。

写真は電源が落ちている状態です。

こちらが電源をつけたもの。

f:id:vapeman:20170519120233j:plain

液晶部分に

  • 抵抗値(Ω)
  • ボルト数(V)
  • ワット数(W)
  • バッテリー残量

が表示されます。(VWというワット数だけを変更するモードになっています。)

本体底部分には+、−と書かれた調整ボタンがあります。

f:id:vapeman:20170519122353j:plain

このボタンでモードやワット数などをコントロールします。

初心者の人はまずはVWモードでパフればいいとの事なのでモード変更しましょう。

電源をつけたらパフボタンを3回クリック。

+ボタンでも−ボタンどちらでも構わないので「wattage」と表示されるまでクリックして下さい。

このように表示されたら

f:id:vapeman:20170519122603j:plain

パフボタンをクリックして決定。先程のワット数などが表示される画面の状態でワット数の増減が出来ます。

例えば、これは20.0ワットにしたもの。

f:id:vapeman:20170519122708j:plain

ワット数をあげればあげるほど煙も出やすくなるというイメージで構いませんが、MODが出力できるマックスワット数を使い続けるのは「時速300kmでる自動車が300kmで走り続けるようなもの」なので機械にもバッテリーにも良くないようですからおすすめしませんとの事。(ショップ店員さん談)

僕は20〜30ワットで使っています。

【Ω】で表示されている抵抗値はこれまたショップ店員さん曰く

抵抗値が低ければ低いほど煙が出にくくなるが、味が感じやすくなる(ダイレクトに味がくる)

らしいです。ちなみに抵抗値はVWモードでは操作することはできません。

アトマイザーや、コイルなどの巻き方などで変わります。例えば、こちらはPicoの本体はそのまま「Maze RDA」アトマイザーをつけたものです。

f:id:vapeman:20170519123151j:plain

MERO3 miniの場合は「0.28Ω」でしたが、Maze RDAの場合は「0.53Ω」になっていますね。

とりあえず初心者は「アトマイザー替えたら煙の量とか味が変わる」くらいに覚えていたらいいのではないでしょうか。

セッティングしたら後はパフボタンを押して吸うだけです。

お疲れさまでした!

「Eleaf iStick Pico」はじめてのVAPEにおすすめな3つの理由

以上が本体の組み立て方と、セッティングなどでした!

なんとなくテクニカルMOD(いろいろモードが変えれるMODをそう呼ぶ)って難しいイメージがありますけど、見てもらった分かる通り初心者でも簡単に扱えるのではないかと思います。

さて、タイトルには「はじめてのVAPEにおすすめ」と書いた訳ですが、実際にいろんなMODを試した訳ではないので(10種類くらいしかやってない)、絶対に初心者におすすめと断言することはできないのですが、初心者目線ではじめてのVAPEにおすすめな理由をあげてみます。

動画やレビュー、関連グッズがたくさん!

僕が一番Picoをおすすめする理由はやっぱり「たくさんの人が使ってる」が故に動画やレビュー、関連グッズがたくさんあることですね

他の業界で上手く喩えることができないですが、Picoはスタンダードだと思うんですよね。

だからこそ、分からなくなった時に動画やトラブルシューティングを探そうとすると直ぐに見つかりますし、掲示板なんかでも他の機械に比べて活発にやり取りされています。

VAPEは精密機械と言って差し支えないですからちょっとしたメンテナンスの不備でうまく動作しないこともあるようです。

だからこそ、たくさんのケースを元に参考にできたり、情報交換できるのって嬉しいですよね。

どの業界のどの商品でも売れてる商品ってどんどん改良されて、良い物になっていきますし、VAPEってかなり優れたコミュニケーションツールでもあると思うので、たくさんの人が持ってるっていうのはあらゆる面でメリットだと思います。

デザインやカラーが被るのが嫌という人も当然出てくるかもしれませんが、そもそもカラーバリエーションがすごいですし(これはNewカラー)

f:id:vapeman:20170519163122j:plain

 

専用のケースやデザインシール、アトマイザーにつけるリングなんかもあるのでオンリーワンを目指すことは簡単です。

そういう意味でも初心者のはじめての一台におすすめできると思います。

初心者でも使いやすい

すごく当たり前のことなんですがPicoは初心者にも使いやすいです。

VAPEにはまりつつある友人2人がテクニカルMODを買ったのですが、爆煙という言葉に憧れすぎて高出力のMODを買いました。

すると全然セッティングが分からなくて吸えなくて(笑)。

ネットで買ったからこそ起きた現象でもあるんですけど、ショップに持って 行ったら

「これはかなりの上級者向けのセッティングだね」

と店員さんから言われてしまいました。セッティングはアトマイザーのことで、MODはそれなりに有名らしいのですが、調べてもあまり情報が出なかった上に、ディスプレイに表示される文字などが意味分からなさすぎました。

それに比べるとPicoって案外説明書がなくても吸えちゃう感じがします。

さすがに、クリック5回でロック解除(電源ON)みたいなのは発見しにくいですけど、なんとなく調整ボタン(+、−)でコントロールするんだなというのも直感的に分かる感じもします。(結局、ネットで調べましたけど(笑))。

非喫煙者の妻から言わせると

「女は化粧があるからこういうものはシンプルに作って欲しい」

とのことで、いろいろいじれなくていいからボタンを押せばシンプルに美味しい煙がでる。くらいがちょうどいいそうで、ピコはそんなユーザー層も満足できるんじゃないかと思います。

全てのバランスが良い

スタンダードだけあって、押さえて欲しい部分のバランスがすごく良いと思います。よく、強さを表すのに五角形のグラフとかありますけど、あれで表すとかなり優秀なんじゃないでしょうか。

五角形グラフの五要素としては

  • 値段
  • サイズ
  • 爆煙
  • カスタム
  • 使いやすさ

ですかね。どれも突出していると言えるほどMODをたくさん見てきたのではないので分からないですが、お店や友人などからMODを試させてもらった上ではどれをとっても満足値が高い気がしました。

この中で優れていると思うのは値段とサイズ。

Amazonで購入すればMODとアトマイザー、バッテリー、全てセットになって6500円くらいです。iQosと比べても格安ですし、持ち運びにも丁度良いサイズ。

最初にあげた前情報にたがわないこのバランスの良さがPicoの魅力ですね。

まとめ

「Eleaf iStick Pico」は初心者にこそおすすめできると思います。

  • どのMODを買えばいいか分からない
  • お店じゃなくて通販で買おうと思ってる
  • 値段も性能もそこそこの入門機が欲しい
  • 何台も変えないので長く使えるものが良い

まとめるとこんな人には特におすすめできるのではないでしょうか。

VAPEの沼は深く、Pico一台でここまでいろんな事ができるのかと発見の毎日ですが、沼にずっぽりはまっていく為にはショップへ行くことって必要だと思う今日この頃。

都内や横浜でも次々に店がオープンしていますけど、地方なんかではまだまだ出店がなく、ネットで情報を手にいれるのが主流だと思います。

そういう意味でも、初心者がレビューをしていくことで、同じ様に見てもらっているみなさんとステップアップ…じゃなくて、VAPEの沼にはまって、今日もVAPEが上手い!ってなれたらいいと思ってます。

まだまだ初心者なので記事内にも間違っている点もあると思いますのでご指摘あれば幸いです。

お後が宜しい様で!

スペック
IMR18650電池を1本使用(30A以上推奨)
510コネクタ(スプリング式)
ボタン式出力変更
Temperature Ni & Ti & SS(温度管理)/TCR(温度管理)/Wattage Mode/Bypass Mode

バッテリー出力(Wattage mode/Bypass mode)
出力範囲:1W〜75W
使用可能な抵抗値:0.1Ω〜 3.5Ω(カンタルコイル)

温度管理機能(Temperature Ni/Ti/SS316/TCR)
温度設定範囲:200〜600°F・100℃〜315℃
出力設定:ワット(1W〜75W)
Ni(ニッケル)、Ti(チタン)、SS(ステンレススチール)コイルが使用可能
使用可能な抵抗値:0.05Ω〜1.5Ω
ノーリキッドプロテクション

バッテリーユニットサイズ:縦70.5mm × 横45.0mm × 厚み23.0mm

良く読まれてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)