一番おすすめな仮想通貨(暗号通貨)は結局「ビットコイン」になる理由

スポンサーリンク

どの仮想通貨を買おうか迷っているならビットコインを買いましょう

仮想通貨は世界に1000種類以上あると言われ日々その数は増えています。

新しい仮想通貨が生まれるICOに徐々に規制が入っていますので、増加は緩やかになるでしょうが、どの仮想通貨を買えばいいか迷っちゃいますよね。

ビットコインしか知らない人や、ネム、リップル、イーサリアムと他の有名な通貨、どれにしようか迷っている人に僕から一言言わせて下さい。

仮想通貨を買うならビットコイン一択。

これが真理だと最近思うようになりました。

「何を今更」とおっしゃる人もいるかもしれませんが、一番おすすめな通貨は結局ビットコインになると思う理由を書いてみます。

どの仮想通貨を買おうか迷っている人は参考にどうぞ。

規制が入った後に生き残る通貨

そもそもこう思うようになった理由は、中国のICO禁止などを見て「今後仮想通貨が伸びれば伸びるほど規制は厳しくなっていく」と感じたからです。

すでにビットコインがこの世に生まれてから数百万倍の価値になっていますが、それでもなお黎明期と言われ右肩上がりに上昇しています。

全世界にある金(ゴールド)の価値が500兆円と推定されていますが、仮想通貨(暗号通貨)の時価総額は25分の1(20兆円)を一時超えて、まだ規模は小さいものの経済的に無視できないレベルまで伸びるでしょう。

もちろんこれは最近の話で、まだ昔はここまで伸びると思っていなかった人がほとんどです。

例えば、麻生財務相はビットコイン取引所「Mt GOX」が破綻した時「いつか破綻すると思っていた」と発言したことで有名ですが、今となっては、ビットコイン分裂問題に「情報提供が必要」などと言って見たり、国としても暗に無視ができない状態と感じさせられます。

となると今後仮想通貨に日本でも規制が入ることは明白です。

税金問題、匿名通貨、ICO、仮想通貨に関する詐欺、国がこれらに対処する時法律などで消費者を保護する、加熱しすぎないように規制を入れてきますよね。

そう考えた時、どの仮想通貨が生き残るでしょうか?

そりゃあ当然、ビットコインってなりますよね。

(なんか、耳元でリップルって声が聞こえたような気がする)

なぜビットコインなのか?

そりゃあ当然と言いましたが、当然だと思う理由を述べます。

リップラーの声が聞こえてきたように、他の仮想通貨にもビットコインに勝るポイントはたくさんあります。(スマートコントラクト、ハーベスト、ブリッジ通貨、送金速度が早い、未来予想、lotなどなど)それらがビットコインに変わって覇権を握ると考える人もいるでしょう。

僕がビットコインが生き残ると思う理由はたった一つ。

元祖仮想通貨だからです。

やはり人間というのは伝統に弱く、始祖というか、一番初めの根源になったものを無視することはできないと思うんです。

例えるなら、マイケルがキング・オブ・ポップと呼ばれるようなもので、肩を並べるほど素晴らしいアーティストが後から出てきても、そのアーティストすらもマイケルからの影響を受けたんだとコメントしてしまうように強い信仰があると考えています。

正直、ビットコインの送金の遅さや手数料の高さは対策後(segwit)も全く解決しておらず11月には分裂すると言われていたりと、元祖を名乗るには実力不足な面も見られます。

それでも時価総額が世界一位であり、仮想通貨といえばビットコインという構図は揺るぎません。

それに、日本一の速度で為になる仮想通貨情報を届けてくれる墨汁うまい(BokujyuUmai)(@bokujyuumai)がツイートしてくれた通り

少なくとも中国はビットコイン、ビットコインキャッシュとイーサリアム以外は仮想通貨ではないと定義しているようですからね。

決済に使えてこそビットコインの価値がある

もう一つビットコインがおすすめな仮想通貨である理由としては「実店舗で決済に使える」からです。

もちろん、他の仮想通貨も全て決済に使うことはできるのですが(一部トークンを除く)、

実店舗で使える

となるとビットコインが今後一番多くなると考えられます。

名古屋の暗号通貨の聖地と言われるベルギービール専門店「サンタルヌー」さん(@StArnouldnagoya)(公式サイトに飛べないのでツイッターIDを紹介させていただきます)では、様々な通貨での決済にも対応してくれているようですが、大手企業にここまでのフットワークの軽さは無く、ビックカメラ、メガネスーパー、今後導入予定のリクルート系列の一部飲食店などは全てビットコインでの決済になっています。

実店舗で使えることが、今後仮想通貨が普及していく上で大きな価値になると言っていいからこそ、結局ビットコイン以外は持っていても実生活で役に立たない、つまり魅力がないと判断されてしまうのではないかと。

乱暴な意見ですが、自分ら親世代の反応を見るにビットコイン以外の仮想通貨が、一般的に広く認知されることはないかなと思います。

まとめ

一番おすすめな仮想通貨が結局ビットコインになる理由は

  • 今後規制や法律が整備された時に生き残る可能性が高い
  • ビットコインが仮想通貨の始まりで伝統があるから
  • 実店舗で使えるようになるのはビットコイン

これらが主な理由です。

短期的に利益を出したいのであれば好きな仮想通貨を思い思いに買えば宜しいですが、長期的な目線で考えた時や仮想通貨の将来を思うと、結局ビットコインが全てのコインを統べて生き残ると考えます。

とにかく普及していくにはリアルに恩恵があってなんぼって感じですね。

その点ではビットコインでさえまだまだ不十分で今の時点で仮想通貨のブログを書いていなければ、ビットコインをバンドルカードに移して買い物することもないですし、実店舗で使うにしても面倒くさい部分が多すぎます。

だからと言って他の仮想通貨を大手企業が決済支払い時に実店舗で使えるようにするとは思いません。(少なくとも短期では)

ビットコインの知名度すら低いわけで、ここに新しい通貨の導入を発表しても喜ぶのはホルダーだけですからね(笑)。

そんな訳でどんな仮想通貨を買うか迷っている人、もうどの通貨を買えばいいか分からないほど消耗している人はビットコインがもっと普及するまで黙ってホールドしておきましょう。

初心者ならcoincheckさん一択、長期保有で安定した投資をしたい方はZaifさんでのコイン積立がおすすめです。

お後が宜しいようで!

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)