ビットコインは怖いと言う人に怖くないことを説明しようとしたら真理に気づいた

スポンサーリンク

丸井で使えるビットコイン。それでも仮想通貨は本当に怖いのか、怪しいのか?

ぜにげばお(@zenigebazura1)です。

ここ最近TVでビットコインについてのニュースや特集を良く見かけます。

  • ビックカメラやメガネスーパーでビットコインが使える
  • リクルートが運営する飲食店などでも使えるようになる
  • 10万円から始めて1億円になった人がいるらしい
  • 若者がビットコインで得た利益でBBQしている

など(※一番下はあかんやつ)

つい先日もあの「丸井」でもビットコインを試験導入するとイベントがありました。

一時期売上高が4000億円あった有名企業がビットコインを導入する。

これってなかなかすごいことだと思いますが、画面が切り替わって記者が街頭インタビューになると大体こんな反応になります。

インタビュアー
ビットコインって知ってますか?
町の人
あー、知ってます。知ってます!テレビでよくやってますよね
インタビュアー
丸井でビットコインが使えるようになったのはご存知ですか?
町の人
そうなんですねー。便利になっていいですね!
インタビュアー
ちなみにビットコイン使ったことはありますか?
町の人
ないです。怖いので

エッ。今便利って言うたやん。

なぜ急に怖いとなってしまうのか、、、。

もちろんメディアが怖いと言う一部分のみをピックアップしている可能性もありますけど、数少ない自分の周りの人の反応からも「怖い」って人は多いです。でもこれって勿体なさすぎる。本当にMOTTAINAIよ!

少しでもビットコイン人口が増えて仮想通貨界隈が盛り上がればいいなと思っている筆者が、ビットコインが怖いからやらないと言う人の為に怖くないってことを説明してみます!

そして説明しようとしているうちにこれからビットコインが普及するかどうかの鍵になる「ある真理」に気づいてしまいました。

お見逃しなく。

そもそもなぜビットコインが怖いのか?そういえばこの状況あの時に見た!

なぜビットコインが怖いのでしょうか。そもそも人はどうして恐怖を感じるのかを調べてみると全ては「良くわからない、理解できないから」と言う部分に集約できるようです。

もうこれは人間が本能として感じる部分だからこそ、ビットコインを知らないことにはその怖さは解決できないことになります。何らかの形で、少しずつでもいいからビットコインを知ってもらわなければ。

しかし興味がなければ当然知りたいと思う訳ないですよね。

そういえば、なんかこう言うパターン昔にもあったなと。何だっけなー。そう考えてた時に僕の頭の中で遠い記憶が蘇りました。

そう、「LINE」です。

国内の月間アクティブユーザーが7000万人と言われる通話、メッセージアプリ。使ってない人いませんよね。

今までショートメッセージでメールを送信するのにもお金がかかっていたのにラインの登場により、メッセージは無料。しかも、通話料まで無料には皆が衝撃を受けたと思います。

今となっては当たり前ですが、リリース当時これだけ便利にも関わらずインストールしない友達が結構いました。それはLINEの友達追加方法があまりにも斬新すぎたからです。

「電話帳に電話番号登録している人が勝手に友達として出てくる」

もちろんそうしない方法もあるのですが、相手の電話番号さえ知っておけばラインでの登録アカウントが「友達かも」として出てくるので

「エッなにこれ怖い。。。」

となっていた訳です。

電話帳からデータを抜き取られてるみたいな、その仕組みがわからないから便利なはずなのに恐怖していた。なぜ、通話料がかからないのか。後から電話代を請求されるんじゃないか?のような解釈も含めて、便利すぎて怖いっていう感じが確かにありました。

しかしご存知の通り、ラインのはその恐怖を乗り越えて(笑)普及しました。なぜなら無料通話、無料メッセージ送信が手軽にできると言うのは「多くの人が望んでいること」だったからですね。

でもそう言う意味ではビットコインはお金の価値を持っているもの。お金も人間の生活にって必要不可欠なものなのにどうして、ここまで怖いと言う印象が強いのか?

そこを突き詰めるとある考えが浮かびました。

ビットコインが怖いと思われている理由はわざわざビットコインを使う理由がないから?なのでは

それは、ビットコインが怖いと思われている理由は、お金の代わりのモノであることは理解してもらったとしても、わざわざお金じゃなくてビットコインで決済する必要性がないからなのではないか?

という仮説です。

本当であればビットコインの仕組み自体がわからないから怖いんだという考えで、ブロックチェーンはどうとか、分裂とか言ってるけどこういう原理だから怖くないとか説明すればいいのかもしれませんが、それを説明しても怖いという印象は変わらないですよね。きっと。

というのも、ビットコインはその送金システムが複雑で分かりにくく、某番組で、人に楽しくモノを教えることでは天才的な「池上彰」さんもビットコインの仕組みを説明していましたが、クレバーな芸能人でもやはりピンときてない人が多かった。(石原良純半ギレでした(笑))。

かなり表面的に全体像を分かりやすく、横文字を省いて説明しているのにそれでも理解できていない。

正確にいうと、何となく分かるけれど「その必要性を感じない」という雰囲気があったように感じます。

朝の情報番組、スッキリで特集されていた時も同じ印象。

番組で取り上げたにも関わらずみなさんのコメントの歯切れも悪く、何となく仕組みは理解できたけど、それがどうしたの?って感じ。

現時点で一般の日本人がビットコインで受けれるメリットって「海外の人に安く送金できる」くらいしかない。本当はあるんですけど、母にビットコインで何ができるの?って説明する時、お金と異なる点がそうない。実際海外に送金する必要性がある人ってほとんどいないですよね。

さらに言えば手数料がいくら安くとも、為替変動の損益と同じように、値段が変わる上にその値幅もとんでもないので手数料とかいうレベルじゃないくらいの損をする可能性もあります。

結果、どの番組でも儲かるっていうところがピックアップされる結果になってしまうのではないかと。

何かと話題になったNHKクローズアップの現代仮想通貨特集とかでも、結局詐欺行為を働いていた人を紹介する結果になっちゃいましたし。

結局、ビットコインも含めた仮想通貨をわざわざ決済に使う理由が見当たらないのが「怖い」と思われてる理由の根底にあるような気がしてきました。

ビットコインである必要がないのに儲かるから、その仕組みがすごいからという理由でプッシュしてくる人がいる

盛大なブーメランがここで自分に刺さります。

自分はビットコイン怖くないよということを説明しようとしてたはずなのに、熱弁しようとしていた瞬間に、説明する人側に与えている怖さの元凶が自分であることに気づいたんです(笑)。

仮想通貨に詳しくない一般の人からすれば、日本円やドルで十分。むしろちょっと調べるとビットコインの方がリスクが高いと分かるのに

「ビットコインまだやってないの?儲かるんだよ」

という人が現れます。中にはスキャマー(詐欺師)はビットコインの特性を十分に生かし詐欺商材として昇華させ、グレーゾーンでがっつりお金を毟れる仕組みを作ってしまいました。

これとは別に純粋に仮想通貨が持つ可能性に惚れた人は儲かるという点をプッシュしすぎると日本ではバッシングされてしまう為

「確かに儲かるけど余剰資金でやろうね!それより仮想通貨が面白いのは儲けるとかじゃなくてその仕組み。リップルは銀行が(ry ネムはカタパルト4000倍(ry」

とその仕組みの面白さ、未来性をプッシュしてくる訳です。(何度も言うけどブーメラン。僕もです。だけど僕はギャンブルとしてやっています(笑))

そりゃ胡散臭くなってしまうのもしょうがない。

確かにそこらの理屈はわかるし面白いかもしれないけど、多くの人が求めているのは日常生活での利便性であって、普段コンビニで使えるとか、電車の通勤に使えるとかそう言うすぐに関係あるレベルで使えるかが重要。

もっと言えば、そこに損得が関わってくるからこそ、わざわざ支払いという日常的に行う行為を変更する訳ですからね。

Suicaにチャージするのは便利だから。nanacoにするのは小銭を持たなくてもいいから、ポイントがたまるから、などすぐに受けれるメリットがあるからこそで、そこに必要性を感じていると思います。

つまり最終的にいうと、いくらビットコインやその他の仮想通貨の仕組みがすごくても現時点では

「半端なく儲かる可能性がある」

が最大のメリットで、それは逆に言えば損をする可能性もあって、それをなんとなく理解した人ほど、儲かるのが当たり前の世界でも怖いとなっちゃうんじゃないでしょうか。

ビットコインなどの仮想通貨で得られるものは「スリル」と「金」

後、ちょっとだけ話を続けると結局、今のビットコインなどの仮想通貨が注目される時って

暴騰、暴落

分裂で数千億円が無になってしまうかもしれない

っていう時だけなんですよね。どこそこで新しく使えるようになったからって注目される度合って全然ないに等しいです。だって別にクレジットカードでも、ポイントカードとそんな変わらない訳で、使うまでの段階を考えるとビットコインの方が明らかにめんどくさい。

ちょっと考えれば値段が上下するのにわざわざ日本円からなんでチャージしなければならないのかって話ですよね。

なので結論として、今の段階ではビットコインなどの仮想通貨で得られるものは「スリル」。

ウワーーーーー!!!!めっちゃ上がってる!!!!!!月に届くぜ!!!

GOXして数百万円が無に消えました

全く仮想通貨の値動きは予測できない。だから面白い

などなど、各SNSや取引所を見るからにみんなが求めているものは結局スリル。

もっと言えば世の中金。

ここに行き着いてし待って、これが、ビットコインを怖いと思う人が多い理由なんじゃないでしょうか。

といっても僕はギャンブラーなので、賭け事大好き、スリル大歓迎です(笑)。

今のビットコイン億り人の方からすればゴミみたいな額かもしれませんが数十万円をカジノのテーブルにベットする時、そしてそれを見事当てた時のアドレナリンは仮想通貨から得られる快楽よりもはるかにでかいですけど、確かにトレードもスリルと興奮がありますからね。

ビットコインだからこそ意味があるとなった時の可能性は半端ないよね

ビットコインは「スリル」と「金」だなんてぶった切りましたが、僕自身はビットコイン(仮想通貨)の可能性にを信じています。(再度ブーメラン!!)

 

よく知らない人がビットコインを怖がる理由としては仕組みがわからないとかじゃなくて「ビットコインである必要は?」という部分だとしたら、ビットコインだから意味があるとなった時の可能性は凄まじいものだと思います。

例えば、最近話題のICO。テックビューロが発表したプラットフォーム「COMSA」は一時ツイッタートレンドになるほどの盛り上がりを見せています。

【初心者向け】10分でわかる「COMSA」のICO。テックビューロ発表のプラットフォームについてまとめました!

【初心者向け】10分でわかる「COMSA」のICO。テックビューロ発表のプラットフォームについてまとめました!

2017.08.03

興味のない人の為にICOを超ざっくり説明しますが資金調達を仮想通貨で行うものです。

それなら、上の理論でいうと、従来通り株(IPO)で行えばいいじゃんとなりますが。ICOで行うこと、仮想通貨で資金を集めることによって以下のようなメリットがあります。

  • 上場に比べて簡単に資金調達できる
  • 株式を渡さなくても資金調達できる
  • 市場自体が爆発的に成長しているのでお金が集まりやすい

ベンチャー企業にとっては、ありがたい条件が揃っていて、これこそ仮想通貨でしかできないことのように僕は感じてます。

いうならば、無からお金を生み出し、そのお金を実にぶち込んでどんどん膨らませていく。

この話だけ聞くともう「バブル」っていう一言ですけど、これが行き着く先には「ロボットが働いて、誰もが遊んで生活する未来」なんて未知の世界が待ってる気がしますね。

金なんて実態があってないようなもの。

もっと富の分配しろや!!カモン投げ銭!!!

、、、

やっぱり仮想通貨の可能性はに凄まじいものがあるなぁ。

まとめ

本当であればビットコインが怖いっていう人に向けて「ビットコインとは何か?」を詳しく説明する記事だったのですが、こんなまとめになりました。

「ビットコインが怖いと思われてるのは、現時点ではお金を払う手段がビットコインである必要がないから」

だからこそ、これだけニュースになったり、爆益でBBQのような状態が胡散臭く、人間味がない=怖い。という方程式になっているのではないでしょうか。

周りの人に勧める時にすごく苦労するというか、ぶっちゃけギャンブラー以外はのってこない仮想通貨。決済手段として仮想通貨じゃなきゃできない。と自分の親世代が思えるようになった時、もしくは、自分の孫の世代くらいにはとんでもないことになってそうですね。

ただ自分の母親が今頃ラインを使い始めたことを考えると、仮想通貨の普及には当分時間がかかるんじゃないかなぁって思います(笑)。

と言いつつ、今日も生活費を稼ぐべく孤島で草コインでデイトレしてます!(良い子は真似しちゃダメ絶対!)

皆さんはなぜ、ビットコインが怖いという人がいると思いますか?

お後が宜しいようで!

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)