ビットコインの取引所と販売所の違いを知らないと損をする!

スポンサーリンク

ビットコイン(仮想通貨)を買う場所は「取引所」と「販売所」がある

突然ですがビットコインを買う場所は2種類あるって知ってましたか?

  • 取引所
  • 販売所

この2つの違いを知らないと

「最悪、手数料で絶対に勝てない無間地獄」

にはまってしまう恐れがあります(汗)。

ちょっと脅かしすぎましたが簡単な例を挙げるとこんな感じ。

  • A社では50万円でビットコインが取引(購入)できる
  • B社では53万円でビットコインが販売してもらえる

あなたはどちらでビットコインを買いますか?

当然、価格が安いA社のビットコインを買いますよね。

販売所と取引所の違いを知流だけでお得にビットコインや他の仮想通貨を購入することができますので必ずおさえておきましょう。

販売所とは?

販売所とは文字通り、ビットコインを「販売」している場所になります。

例えば、コンビニでお弁当を買うとしたらローソン、セブンイレブンが販売所になりますよね。

これと一緒で取引所から「ビットコイン」を「販売」してもらえる場所が「販売所」です。

どれも取引所内にあり、一見「販売所」と「取引所」は明確に見分けがつきません。

コンビニでもお店が利益を出す為にお弁当の原価に対して、価格を上乗せしているように、販売所ではビットコインにも取引所が利益を出す為の手数料(価格)が上乗せされています。

販売所では買うのと同じように、持っているビットコインを売ることができますがこれにも手数料がかかります。

なので原則的に「販売所」で売買する場合は「手数料が上乗せされている」と考えて下さい。

これを聞いただけで、販売所では買いたくなくなると思いますが、初心者の方は知らない人が多いのも事実。

僕もそうでしたからね(汗)。

一応、販売所には販売所のメリットがあるので後ほど説明します。

取引所とは?

取引所とは「誰かと誰かの間をとり持つ場所」のこと、ビットコインの場合でだと

  • Aさん「ビットコインを買いたい」
  • Bさん「ビットコインを売りたい」

この二人をマッチングさせる(組み合わせる)場所ですね。

販売所でビットコインを買う場合は企業が相手になりますが、取引所の場合はAさん、Bさんのように「世界のどこかにいる人」が相手になります。

ビットコインを取引所で取引する場合は、販売所と違って手数料がかからないところがほとんどです。

むしろ手数料が「-(マイナス)」表記になっていて、取引をすると「お金が貰える」取引所もあります。(Zaifさん)

取引が活発になった方が取引所としては嬉しいのでそこにボーナスをつけてくれるのです。

取引所は手数料がかからない(かかっても僅か)ので、取引所と販売所では同じビットコインを買うにしても価格に差がかなりつきます。

では販売所と取引所ではどのくらい価格が違うか見てみましょう。

販売所と取引所の手数料の違い

これはbitFlyerさんのメニュー画面です。

ご覧の通り【赤枠部分】販売所と取引所の二つがあるのが分かりますね。

同時刻に販売所と取引所のビットコインの価格をそれぞれ見てみました。

まずは販売所から。赤枠部分がビットコインを買うことができる価格で1BTC=【655246円】となっています。

対して、こちらが取引所の板、注文状況が確認できる画面になります。

【赤枠部分】が注文が成立すれば購入できる価格で1BTC=【636805円】となっています。

  • 【販売所】655246円
  • 【取引所】636805円

二つの差は【18411円】になりますので、取引所で買うだけでこの額がお得になる計算になります。

手数料だけで言えば、この時点で取引所が圧倒的にお得なことが分かりますね。

これは買う場合ですが、売る場合にも同様に手数料が発生し【価格差】が生まれるのでご注意下さい。

販売所のメリットとは?

じゃあ販売所は手数料が高いだけでメリットはないの?と言うとそうとも言い切れません。

まず第一に先ほどの取引板をみて欲しいのですが【青枠部分】

ここは現在売りに出されている数量の表示で【約1BTC】となっているのが分かります。

つまり、その横の値段【636999円】で買えるのは1BTCまでとなります。

いくら販売所より安かろうとそれ以上の数量を買う場合は一つ上の額に繰り上げとなりますし、指定した値段で買う注文を入れた場合は注文がない場合は買うことができません。

しかし、販売所では予め決められた値段で購入したい数量を選択すると手数料などを含めた額でまとめて購入できますから、瞬時に簡単に注文可能です。

また、ビットコインの値段が暴落したり暴騰した時に焦ってなかなか注文ができないなど初心者にありがちなミスを解消してくれます。

販売所は手数料は高いけれど「簡単に確実にビットコインを売買することができる」ことがメリットにあげれますね。

アルトコインを安く買うなら取引所で

販売所にもメリットはあるのですが、注文や操作に慣れてきたらメリットと呼べないくらいのものだとも言えます。

なので基本的には販売所ではなく取引所で買うのがおすすめです。

トレードで負けない為に、必ず実践するようにしましょう。

ビットコインの場合は、どの取引所でも取引方式で売買することができますが、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)に関しては「販売所」しかない取引所もあります。

アルトコインを販売所ではなく、取引所で手数料を安くおさえて買いたいなら以下の取引所は登録必須です。

zaifさん

ネム(NEM/XEM)、モナコイン(MONA)を買うなら迷うことなくZaifさん一択!

bitbank.ccさん

  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

を買うならbitbank.ccさんで決まりです。

詳細についてはこちらの記事にあるので確認して下さい▼

ネムやリップルを安く買う!アルトコインの手数料が安い取引所

まとめ

あまり売買に慣れていない人や、相場が変動するくらい大量に注文する人以外は

「販売所より取引所」

を使うようにしましょう。

coincheckさんの場合はアルトコインが全て取引所方式になるため、チャット内で

「取引手数料が高くて勝てない」

という書き込みをよく目にします。

そう言う人は、取引所と販売所の違いを知らないことになりますからそっと教えてあげましょう。

販売所には簡単でまとめて買えるメリットもあるのですが、これを知っているか知らないかでトレード結果にかなり差が出てきますし実際やってみると、販売所で利益を上げることがなかなか難しいことは分かると思います。

ビットコインだけではなく、アルトコインを購入しようと考えている人は取引方式で買える取引所への登録は必須と言うお話でした。

紹介した取引所の公式サイト▼

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)