CMSトークンの受け取り、配布、取引方法。zaifに口座開設しておきましょう

スポンサーリンク

COMSA(コムサ)トークン受け取り情報更新あり

※遂に資金調達額が100億円を突破!

CMSトークンの受け取り方法や、配布についての情報が更新されました。

要約すると

  • 受取・・・取引所「zaif」、ウォレット「Nano Wallet」「My Ether Wallet」
  • トークンの配布時期・・・11月中旬から11月末頃を予定
  • トークンの取引開始時期・・・11月末頃を予定

この通りです。

zaifでの取り扱い(上場)の目安が決まったでもホルダーとしてはワクワクですね。

予想通りzaifで取り扱い予定なので

  • すぐに取引を行いたい
  • ウォレットと分散管理したい

という方は仮想通貨取引所zaifさんに口座開設しておきましょう

受取の詳細や、取引開始後のトークン値段予想など簡単にまとめます。

CMSトークンの受取方法は3種類

トークンの受取方法を公式ページより抜粋します。

CMSトークン配布の流れと仮想通貨取引所 Zaifでの扱いについて

【CMSトークン受取アドレス登録方法について】

受取は「Zaif取引所で受取」または「各自のウォレットで受取」となります。

  1. 仮想通貨取引所 Zaif で受取(時期・受取方法は後日発表致します)
  2. 各種ウォレットで受取(アドレス登録可能時期は、11月中旬を予定)
    参考ウォレット:
  • Nano Wallet(XEM : mosaic)
  • MyEtherWallet(ETH : ERC20)

※ウォレットで受け取る場合は、「XEM mosaic、ETH ERC20」が取扱えるウォレットをご用意ください。

【CMSトークンの配布について】

  • トークンの配布は11月中旬〜11月末頃を予定しています。

【CMSトークンのお取引について】

仮想通貨取引所 Zaifにて、CMSトークンの取扱い(取引)開始を予定しています。
取引可能時期については11月末頃を予定しています。

受け取り方法は3種類です。

  • 仮想通貨取引所zaifさんで受け取る
  • 「Nano Wallet」で受け取る
  • 「My Ether Wallet」で受け取る

僕は1と2を併用して、zaifに7割、残り3割をウォレットに送る予定です。

理由としてはzaifで受け取りする方が簡単・確実そうで、せっかくなので値段に合わせて売買もやってみたいから。

ウォレットに送るのは資産分散、長期保有目的ですね。

なぜ3の「My Ether Wallet」を使わないかというと、普段あまり利用していないというシンプルな理由です。

リスクヘッジを考える人はウォレットで分散管理、すぐに取引したい人はzaifさんに送る感じになりそうですね。

ウォレット受け取りアドレスの確認方法

ウォレットで受け取る場合は11月中旬くらいから受け取り用アドレスの登録があります。

それぞれのウォレットの確認方法はこの通りです。

【Nano Wallet】

  1. Nano Wallet(Windows, Mac, Linuxに対応)を ”https://nem.io/downloads/“ からダウンロードし、インストールします。
  2. Nano Walletを起動し、アカウント作成(シンプルウォレット)します。
    ※発行されるプライベートキー(秘密鍵)はウォレットの復元などの作業を行う為の大切なキーです。必ず安全な場所に保管してください。
  3. Nano Walletへ作成したアカウントでログインします。
  4. 「アカウント」→「アドレス」が受取用アドレスです。

ウォレットの作成方法はこちらでまとめています▼

【NEM/XEM】Nano Wallet(ナノウォレット)の使い方(インストール方法)

【My Ether Wallet】

  1. MyEtherWallet “https://www.myetherwallet.com/” へアクセスします。
  2. New Walletから新しいウォレットを作成します。パスワードを入力します。
    ※発行されるプライベートキー(秘密鍵)はウォレットログインなどで使用する大切なキーです。必ず安全な場所に保管してください。
  3. サイドバーの「アカウントアドレス」が受取用アドレスです。

上の手順でウォレットを開設し、アドレスを確認、登録しておけばトークンがウォレットに送られてきます。

作成やアドレスの確認はそんなに難しくはありませんが、秘密鍵の管理などセキュリティ対策は当然必要です。

なので

  • 受け取りアドレスの確認方法が分からない人
  • ウォレットの利用にあまり自信がない人

万が一のことを考えてzaifさんで受け取りした方がいいかなとは思いますね。

zaifさんので受取方法詳細は分かっていませんが、アカウントを連携すると自動でトークンが反映される感じだと予想してます。

情報入り次第、追記しておきます。

取り扱い開始後の値段予想

すぐに取引したい人はzaifさんで受け取るとして

「取引直後、どのくらいの価格がつくのかなぁ」

と気になりますよね。

僕の予想としては

  • 取引開始後「1CMS=200円」まで上がる
  • 数日で「1CMS=100円」くらいに落ち着く
  • 提携発表などがあるまではヨコヨコ

こんな感じですかね。(めっちゃ適当です)

1CMSは1ドル換算なので、それ以下で売る人はあまりいないと考えられること。

COMSAの話題性を考えると、買っておけばよかったという人や、まだ知らなかった人が短期的に集中する可能性はあると考えて2倍くらいまではあるかなぁと思いました。

zaifトークンの例がありますのでなんとも言えませんが(笑))

CMSトークンは短期での上昇はあまり見込めないと言われていて、僕もその通りだと思っています。

ただし、長期的保有であれば十分に可能性はあると思いますから、取り扱い開始後異常な暴騰を見せない限りは長い目でホールドを考えています。

もし、上場直後に1ドルを割れることがあれば買い増しも考えたいですね。

詳しくはこちらでまとめているのでどうぞ▼

今更ですがCOMSAトークンは「買い」な気がしてきたので買います

あくまでも個人の感想なので参考までにお願いしますね。

まとめ

  • CMSトークンの受け取りは11月中旬から末予定
  • zaifで11月末取り扱い予定
  • 分散管理したい人はウォレットで受け取り
  • 受け取りに自信がない、直ぐに取引したい場合はzaifでの受け取り推奨

新たに更新された受け取り情報のまとめでした。

トークンセールに参加した方でまだzaifさんへの口座開設を行なっていない人はあまりいないと思うのですが、どちらにしても開設しておいた方が良さそうですね。

COMSAのダッシュボードでも推奨されています。

zaifさんはモナコインやzaifトークンなど何かとお祭りを提供してくれる取引所なので(笑)僕は大好きです。

COMSAの命運についてもzaifが大きく関わってきますし、一蓮托生の部分もありますからね。

上場直後、どのような値動きをするのかワクワクしているので予想の詳細をまた別にまとめてみる予定です。

という訳で、CMSトークンの受け取り詳細と、トークンセール参加者でまだzaifさんに登録していない人は口座開設しておきましょうというお話でした。

参考になれば幸いです。

口座開設はこちら▼

関連記事▼

【徹底解説】「Zaif(ザイフ)」の評判、メリット、デメリット

【徹底解説】「Zaif(ザイフ)」の評判、メリット、デメリット

2017.10.13

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)