coincheck(コインチェック)の手数料は高い?いいえ。むしろお得な場合も!

スポンサーリンク

coincheckの手数料は高い?

coincheckさんのチャットを見ているとまぁまぁな確率で「アルトコインの手数料が高くてツラい」という書き込みが目に入ります。

確かに少額で取引する場合、10%くらい値上がりしても手数料でトントンだった経験は過去にしました(汗)。

じゃあcoincheckの手数料が高いかと言うと結論「そうでもない」です。

例えばNEM(XEM)なんかはzaifさんで買う方が圧倒的にお得ですが、それ以外のアルトコインについては海外の取引所と結果的に変わらない場合もあります。

  • 販売手数料
  • 入出金手数料
  • 取引手数料
  • 送金手数料

の基本情報、coincheckの方が手数料的にお得になるケースをまとめてみたのでご覧下さい!

coincheckの取引手数料まとめ

coincheckには「取引手数料」「入出金手数料」「送金手数料」「販売手数料」の4種類の手数料があります。

そんなに手数料とってんのか!など怒らずに(笑)温かい目で見守って下さいね。

取引手数料

この画面でビットコインを取引する際の手数料です。

手数料は無料!(0円)。国内の大体の取引所は無料でZaifだと-0.05%なので逆にもらえる形になります。

現在はキャンペーン中▼

【好評につき7/31まで延長】今なら手数料無料!ビットコインはCoincheck #Coincheck

本来なら7月31日で終了していますが、現在キャンペーン延長中なのでいつ終了するかは未定です。

日本円(ドル)入出金手数料

ビットコインを日本円やドルにして自分の口座に入出金する場合の手数料です。

  • 銀行振込入金(日本円)無料
  • 銀行振込入金(USドル)25USドル
  • コンビニ入金 購入額により変動(756円から)
  • 日本円出金   400円
  • USドル出金 25USドル

ドルで入出金する人はあまりいないと思うので、銀行で入金する際は振込手数料以外はかからず、出金する際は400円かかると思っておけば大丈夫ですね。

コンビニ入金やクレジットカードは手数料が高いので銀行振込で入金するのがおすすめです。

仮想通貨入金・送金手数料

他のウォレットから仮想通貨を受け取る際、送る際の手数料です。

通常(3confim)は無料、高速入金(0confim)の場合は0.02BTC取られます。

送る場合は通貨の種類によって異なります。

 
通貨 手数料
BTC 0.001 BTC
ETH 0.01 ETH
ETC 0.01 ETC
XMR 0.05 XMR
REP 0.01 REP
LSK 0.1 LSK
FCT 0.1 FCT
XRP 0.15 XRP
ZEC 0.001 ZEC
XEM 0.5 XEM
LTC 0.001 LTC
DASH 0.01 DASH
Bitcoin Cash 0.001 BCH

トランザクション(取引)の詰まりによって送金手数料が変わったりするので(8月24日時点でビットコインは手数料が2倍になりました)、その都度チェックして下さい。

入金、送金手数料がなぜ変わるのか?などはこちらでまとめてます。

ビットコインが届かない、出金が遅い時の確認方法

販売手数料

僕も勘違いしていたのがこれ。

実はコインチェックでビットコイン以外の仮想通貨を買う場合は、全てコインチェックが保有している仮想通貨を買っていることになるんですね。

取引所ではなく販売所ですから「販売手数料」となります。

取引所の場合は世界中の誰かが売りたい、買いたいをマッチングしているので注文が多ければ細かく値段を指定して売買できますが、販売所の場合はおおよその市場の値段にプラスして手数料が上乗せされているってことですね。

ちなみにコインチェックのアプリを利用している人は取引所ではなくて販売所扱いになるのでPCから買った方が若干お得です。

この販売手数料は少し複雑になるので掘り下げて書きますね。

coincheckの販売手数料は常に変動します

販売手数料は常に変動するため何%と書くことができません。

相場が大きく動いている時は手数料も高くなる傾向にあり、急上昇している時は手数料の合計が10%になることも珍しくありません。

実際に売買しないと分からないのですが、ひとりブログを運営しているmoyashiさん(@hitoriblog)がこちらの記事「暗号通貨取引所Coincheckのスプレッドを可視化する」で公開しているコードを使うとリアルタイムの手数料が一目で分かるようになります。

なんとも素晴らしい!!

導入するとこの通り!

▼2017年8月24日時点

※入りきらないので二段表示にしています。

ビットコインキャッシュは対応していませんが、全ての手数料がリアルタイムで更新されていきます。

見方としては

  • 赤枠 買うときの手数料
  • 青枠 売るときの手数料

ですね。実際に導入してみると分かるのですが急激な上昇や下降時は手数料も高くなります。

大体平常時でビットコイン以外の通貨は6%から10%の手数料なので短期で繰り返せば手数料負けしてしまうのは当然でしょう。

coincheckの方がお得になるケース

こう見ると手数料が高く感じてしまうかもしれません。

しかし元々値段の幅が大きいからこそここまで手数料も高くなってしまっているので仕方ないと言えばないですし、すぐに売買を実現するための措置なので逆に有利になる場合もあります。

coincheckの方が手数料的に得するケースとしては

  • 大量の注文時
  • 高騰時の売り抜け

が考えられます。

取引タイプとは違ってその時点での手数料で保有している通貨をまとめて売ることができますから、自分の売買で値段が変動するくらいの大きな取引をする場合はcoincheckで売買した方がお得です。

確かに海外の取引所は手数料が抑えられていますが大量に売買すれば時価総額が低いアルトコインでは板にある売買を複数約定してしまって注文額から数%変わることもありますからね。

それに海外取引所の場合は最終的には基軸通貨に変わるので(BTC,ETHなど)、日本円に出金するまでは大きな変動を受けやすいというデメリットもあります。

coincheckの場合はすぐに日本円に変えることができますから大きな変動時の一時避難には持ってこいで、高騰時の売り抜けなどには向いてると言えますよね。

まとめ

コインチェックの手数料についてのまとめです。

  • 特に手数料が高すぎるわけではない
  • NEMはzaifさんで買う方が断然お得!
  • 日本円入金は銀行振込がお得
  • 販売手数料は6〜10%で常に変動している
  • 大量注文、高騰時の売り抜けだとお得かも

という感じでしょうか。

もちろん少額の資本で短期売買すると確実に手数料で負けます。

しかしコインチェック自体がデイトレでちょこちょこお金を動かすのには向いてないので、別に手数料が他と比べてすごく高いとか思うことは個人的にはないですね。

販売手数料以外の入出金や他の手数料を比較してみても大手取引所に大して差はありません。

一番のポイントとしては手数料を安く抑えたい場合は取引形式でトレードするということ、まずはこれだけ知っておけば手数料を気にする必要はなくなりますよ。

海外取引所を使わなくても多くの種類の仮想通貨を買えるのはコインチェックならではの良さ。

国内で仮想通貨の取引をする場合はまず誰もが登録する取引所だと思うので、まだ登録していない人はぜひどうぞ!

繰り返しになりますがNEMならZaifさんで決まり!

お後が宜しいようで!

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)