今更ですがCOMSAトークンは「買い」な気がしてきたので買います

スポンサーリンク

COMSAトークン買いましたか?

みなさん、COMSAのICOには参加しましたか?

僕は参加する気は一切ありませんでしたが

げばお
COMSAってもしかしたらスゲーいいんじゃない?なんだったら大分儲かるんじゃない?

※あくまでも個人の主観です。

と今頃になって考えるようになってきました。

という訳でCOMSAのICOに参加します。

実は僕、仮想通貨ブログをほぼ毎日更新しているのに、ICOへの参加は国内、国外合わせて初なんです。(どうでもいいか(笑))

ICOは当たりくじを引ける確率が低いですし、何より利益が出るまでのスパンが長めなので潤沢な資金がない僕としてはあまり参加する理由がありませんでした。銭ゲバですから儲けが一番。

それでもCOMSAは参加しようと決めました。

どうして、今まで参加を躊躇していたか?そして、今頃になってCOMSAのICOに参加しようと思ったのか理由を説明します。

※かなり長いのでブックマーク推奨です。

COMSAのICO参加を躊躇していた理由

なぜ今まで参加を躊躇していたか?というと

「短期では儲からない可能性が高いよ」

という声が多く上がっていたからです。

日本発のプラットフォームを応援したいのは確かですが莫大な含み益がある訳でもないので、無駄なベットをするくらいなら本業であるバカラ(ギャンブル)を存分に楽しみます。

ICOはプロジェクトが持つ可能性や、運営が描く未来、考え方に賛同して資金を投じるもの。

ただやっぱり投資した人も利益が出てというwin-winじゃないと面白くないですよね。

短期では儲からないと言われている訳

なぜ短期で儲からないかと言われているか?をホワイトペーパーと照らし合わせながら見ていきます。

すでに考察はみなさん行われているのでおさらい程度に簡単にしますね。

発行枚数が多い

トークンセールの参加者は、1USD相当の購入に対して、1COMSA(シンボル:CMS)トー クンを取得する。セール時には発行数の上限は設定されない。

トークンセール終了時、トークンセール参加者分と同数のトークンを足した数を以て、総発 行数はそこでロックされる。言い換えれば、申し込み数を100とした場合、もう100が追加 発行されることとなる。

WPのこの部分より「発行枚数が多いから希少価値がない」という意見はすごく多かったように感じます。

例えば、現時点では100億円突破する勢いで資金が集まっていますが、

▼2017年10月15日時点のトップページより

「1USD=1COMSA」ですからこの画像のUSD相当の部分はそのまま発行枚数と見ることができます。

現在は8230万USDですが、このまま最後にセール終了駆け込み購入があって、仮に1億USD集まったとしたら「1億COMSA」になりますね。

この「1億COMSA」に対してさらにプレセールのボーナスが入ります。

10万ドル相当以上の暗号通貨を以てCMSのトークンセールを希望する者は、個別に20%ボーナス 付きのプレセールに参加することができる。 また、トークンセール中には以下のタイムボーナスが適用される。

+14%ボーナス 10/2 14:00 – 10/4 14:00(JST)

+10%ボーナス 10/4 14:00 – 10/11 14:00(JST)

+5%ボーナス 10/11 14:00 – 10/25 14:00(JST)

まず10万ドル以上の大口購入には20%(初日で3億円突破してました)加えて早期購入ボーナスが「5%から14%」がつき、さらにここにZaifトークンでの購入だと2%のボーナスも付与(10月2日から4日まで)。

2日目頃には70億円近く集まってましたので、すごくざっくり計算して70億円程度に14%のボーナス、20億円くらいに対して5%ボーナスが付与されると考えます。

なので、1億USD集まった場合は総合的に1億3000万COMSAになる感じですかね。(あってるか保証はできません)

そして「申し込み数を100とした場合、もう100が追加発行」という部分から

「1億3千万COMSA(申込数)+1億3千万COMSA(追加発行)=2億6千万COMSA」

が総発行数としてロックアップされることになります。

ビットコインの総発行上限数が2100万枚ですから約10倍ですね。

ちなみにこれが多いかどうかについての僕個人の考えは後述します。

運営が半分近くを保持する懸念

もう一つ挙げられているのが運営がトークンの半分近くを保持する懸念です。

簡単に言うと

コイナー
運営側がトークン持ちすぎになる。これじゃあ、開発資金としての売り込みがあったら価値は落ちるよね

と言うもので、もちろん憶測に過ぎないのですが半分近くを運営側が保持することは事実です。

発行数ですが、上の暫定の計算通り2億6千万COMSAが発行された場合、配布の振り分けはこのようになります。

この追加発行された100を分母として、そのうち10%がトークンセールのリフェラルボーナ スとして紹介者に配布され、40%は既存のテックビューロ経営陣、ステークホルダー、開 発者、従業員、契約社員、そしてCOMSA ICO協議会運営に配布される。50%はテック ビューロが保持し、将来の開発、将来の配布、マーケティング、パートナーシップ、報酬、 事業拡大などにあてがわれる。

※分母は「追加発行分1億3000万CMS」

  • リフェラルボーナス(紹介者への報酬)=【10%】「1300万CMS」
  • テックビューロ関係者(社員)と評議会=【40%】「5200万CMS」
  • テックビューロ社=【50%】「6500万CMS」

結果として、総発行量全体の55%がトークンセールの貢献者に配布されることとなる。

結果、図のように

購入分【50%】とリフェラルボーナス【5%】=【総発行料の55%】がトークンセール参加者と紹介者に分配され、残りは経営陣、テックビューロ社が保有することになります。

確かにこれだと

「いつ売り浴びせ(言い方に悪意があるけど)があるか分からない」

「いきなり価値が半分になるようなものじゃない?」

と思う気持ちも分かりはします。

他にもまだCOMSAでICOを行う企業が決定していないことや、ホワイトペーパーにも記載されていたICO予定企業の突然の中止発表などが、この意見に拍車をかける後押しになったのかもしれません。

この部分について考えたときに逆に「参加してもいいんじゃないか」と思うようになりました。

参加を決めた理由

上のことを踏まえて僕がCOMSAのICOに参加を決めた理由をまとめます。

トークンの発行数が多い⇨そうか?

まずトークンの発行数(上限が無い)が多いと言う意見には

げばお
そうでもないんじゃないかな?

と思いました。

例えば現時点の大まかな推測では今回のプレセールで2億から3億CMSが発行されることになりますよね。

その半分はテックビューロや評議会が保持しますので単純に直ぐに流通するトークンは半数「1億から1億5000万トークン」になります。

他の通貨と枚数を比べるのは少しナンセンスかもしれませんが、発行上限がなかったり、発行上限が1億枚と言う通貨は珍しくありません。

例えば、最近急騰して話題のモナコインは発行上限が1億512万枚で現在の発行数は5400万枚ほど。

これと比べてもそんな異常に多いわけじゃ無いと思います。(トークンと比べて申し訳ないです)

また発行したトークンの一部はCOMSAの利益に応じて「Burn(バーン)」すると言われています。

CMSトークンのBurn COMSAソリューションで上げられた収益の一部は、Zaifのマーケットから順次CMSトークンを購 入してBurnするために割り当てられる。それら収益には以下のものが該当する:

● ICOに関するコンサル料金とサービス料金。

● COMSA COREにおけるトークンの変換料金。

● mijinのライセンス料金とBaaS利用料金。

簡単に言うとトークンの発行数を減らす為に行います。

もちろん、上限発行数はなくセールを何度でも行えますからまた追加発行される可能性はありますが、そんな非難轟々な選択肢を運営が取るとはあまり考えにくいです。

健全に運営してCOMSAでのICOを成功させて行けば自ずと、COMSAの価値は上がるでしょうから緩やかに保持分を売却して行けばいいですよね。

運営が半分近く保持している懸念⇨これからの運営を考えるとアリ

運営が半分近く保持しているから「いつ売り浴びせ(言い方に悪意があるけど)があるか分からない」という話ですがこれに関しても

げばお
そんなアホなことをするか?

と言う意見。

むしろ、これだけのお金を集めて「何もできませんでした」じゃあ日本のICO界は焼け野原だし、テックビューロ社の信用もガタ落ちになります。

なので半分は持っておいて、上手に売りつつ資金を調達しようという考えだとしたら、至極真っ当なことですよね。

そもそも、朝山さんは5000万ドルから6000万ドルの資金調達を予定していたようですが

この計画では、大手投資家向けに1000万ドルのプリセールを開始し、登録されたCOMSAユーザーに5,000万ドルの売却を行うことで6000万ドルを調達する予定です。

NEM FLASHより(和訳)

既に90億近く集まっているため、予想以上の良い結果では無いでしょうか。

なので、トークン上場後に直ぐに資金を調達するような売りは必要ないはずですし、COMSA上場時に1CMSが1USDを割ったり、乱降下することは会社としての信用や、ボラティリティを解決すると言うCOMSAの理念に反することなので絶対に避けるはず。

トークン上場前は入念に準備を整えて、価格が安定するか、少なくとも上昇していくような絵を描く為に、ICO案件などを整えてやるでしょう。

ボーナスやリフェラル分で貰ったトークンを処分してしまおうという大口がいたとしても、そんなに多くはないと思います。

上場直後の利が薄い部分で売却するのは普通に考えて得策ではないですよね。

まずこの二つで最初に参加しないと決めていた理由が解消されたことが大きかったです。

もちろん「短期で儲からない」という部分は完全には払拭しきれていません。

しかしそもそも短期で儲かる必要があるのかなと身も蓋もないことを言ってみますし(笑)、何より長期で見た時のリターンが見込めると感じました。

調べるほどCOMSAには面白く、期待できる点があるのでさらに続けます。

改めて見ると協議会員やパートナーがすごい

COMSAのICOが発表された時その協議会のメンバーや、パートナー企業には驚いたはずです。(もう家入さんはいません)

協議会のメンバーはここには書けないほど多く(ここから確認できます)、パートナー企業だけでも

  • インフォテリア株式会社
  • 株式会社フィスコ
  • 株式会社カイカ

有名な企業が並んでいます。

特にインフォテリアは株式でもフィンテック、ブロックチェーン銘柄としても度々話題になりますよね。

メンバーの豪華さより、プロジェクトが第一。

それはもちろんだとしても、プロジェクトは熱意と金さえあれば先に進んでいくはず。まずはお金を集める上で協議会メンバーや、パートナーをしっかりと立てることは戦略の一つとして重要です。

それに、テックビューロ社はICOをせずともその前から16億円の資金を調達に成功してますからね。

▼外部URL

ICOソリューションと仮想通貨取引所を提供するテックビューロがジャフコとインフォテリアから総額約16億円の資金を調達

お金を集める力って絶対に大事です。

貧乏な会社にお金を突っ込みたいって思いません。

まだ企業のICOが決定していない段階でこれ(90億円)

今日本円にして90億円近く集まっていますがこれってとんでもない額です。

日本国内を主なターゲットにはしていますが、ロシアなどでも盛り上がっているようですし、日本国内での評価が高まれば海外でも評価は当然上がるでしょう。

COMSAの一番の目的は企業のICOプラットフォームになることで、現在企業のICOは決定していません。

  • プレミアムウォーターホールディングス
  • CAMPFIRE

が上がって頓挫しましたが、そこまで知名度がある企業かといえばそうでもありませんからね。

それで90億円が集まってしまっているという事実は受け止めるべきかなって思います。

結局、今COMSAトークンを買う人やこれから買う人のほとんどが実情を全て理解した上で買っていないと思います。

そこに、有名企業のICOが宣言されたらどうなるのかは楽しみですよね。

COMSAトークンで企業トークンを購入すると5%ボーナスがある

ホワイトペーパーに記載がある通り

CMSトークンを払込手段として使用 した場合に5%の追加ボーナスが付与される特権が得られる。たとえば、ICOにて100CMSが購入さ れた場合、購入者には105トークンが付与され、通常のCMSトークン購入に対してその追加された 5がボーナスとして計上されていることとなる。

企業のICOにはCMSトークンで参加でき、5%のボーナスを受け取ることができます。

「なんだ5%かよ」と思ったかもしれませんが、これに似た話を僕たちは知っていますよね。

そうです。Zaifトークンです。

Zaifトークンはたった2%、しかも3日間限定という条件にも関わらず噂が噂を呼んで数日で10倍近く急騰しました。

暴騰と暴落で一時サイトが繋がらなくなる事態にまでなりましたね。

Zaifトークンが大暴落でサイトが繋がらない。公式からのツイートに反応?

この教訓(!?)を活かせば「されど5%」であることの理は働くはずです。

実業を持つ企業のICOを進める

肝心のICOがあるのか?という点については、朝山さんの過去の発言を引用します。

Asayama氏はTechCrunchに、このプラットフォームは来年末までに20-30トークンの販売を行うことができると述べ、そのすべてが「正当な仕事をしている企業」になると発表した。

NEM FLASHより(和訳)

2018年末までに20-30トークンの販売を行うとのことですね。(期待してます)

さらに、COMSAのプラットフォームで行うICOは全て実業を持つ企業のみにすると朝山さんはおっしゃっています。

国外のICOにはお金を集めるだけ集めて頓挫するプロジェクトもある中で「実業を持つ企業のICO」というのはかなりでかいと思います。

「株式でやれ」

「上場会社じゃなくてベンチャーが行うものだろ」

という声はあるものの、全うなビジョンを持っていればお金を集めれることに悪いことはないはず。

あくまでも予定ですが、現時点ではメタップスの時間取引所「タイムバンク」がCOMSAでのICO実施を検討しています。

メタップスの時間取引所『タイムバンク』がテックビューロの『COMSA』でICOの実施を検討開始

COMSAのプラットフォームとしてのスケールがでかい

COMSAのコアやハブの理念がすごい。

これもCOMSAについてあげられる中の声の一つです。

正直、全てを理解できていないのでなんとなくではありますが、COMSAの場合はイーサリアムやネムなどのそれぞれのプラットフォームに縛られることなくトークン活用ができるようです。

選択肢の数が非常に広く、それを実現するだけの技術がテックビューロにはあり、ICOをバックアップしていく。

全てを理解できなくともスケールの大きさだけは伝わってきます。

実際にどのようにCOMSA使えるかはホワイトペーパーのユースケースをご覧になればいいかと思います。

おそらく、ここが一番暗号通貨に詳しい人にとっては推しのポイントになると思うのですが、技術的な仕組みなどは分からない為、話半分なところもあります。

COMSAで使われる「mijin」が実際に利用されている

COMSAには「mijin」というテックビューロ社のブロックチェーン技術が組み込まれています。

なので「mijin」がどれくらいの性能があり、どのように使えるかは非常に重要ですが、実用例が出てきました。

ブロックチェーン技術mijinをジビエ食肉トレーサビリティに採用、試験運用を開始

ジビエ(野生鳥獣の食肉)の食肉データや、流通データをmijinのブロックチェーン技術で管理するという非常に面白いもので

techcrunchより

社会的にも、経済的にも非常に意義がある分野で実運用していることは評価できると考えます。

インフルエンサーからの注目度が高く拡散されやすい

もちろん社会全体で言えばまだまだなのかもしれませんが、界隈でCOMSAの知名度は他のICOに比べても群を抜いていると思います。

これは単純に日本発のプラットフォームということや、リフェラルボーナス(紹介報酬)があることにより拡散されたことも大きいです。

COMSA関連で動きがあれば直ぐにインフルエンサーが拡散するので注目度は高いです。

国内はもちろんですが、海外への営業活動も地道に行なっているようです。

しっかりとプロジェクトを進めてもらう為にもそうですし、そもそもトークンが上場を狙っていくのであれば注目度が高いことは当然資金が流入して来ることを意味します。

トークンの値上がりを狙っているのであれば、好材料だと考えます。

まとめ

それではまとめです。

「短期的な儲けは難しいだろう」という判断で、COMSAのICO参加は検討していましたが、その理由である

  • 発行枚数が多い
  • 企業が半数のトークンを保持する

これらがさほどデメリットにも考えられない

もっと言ってしまえば、そもそも短期的な儲けは確かに出ないかもしれないけど将来的に期待が大きいということで参加を決定しました。

参加の決定理由としては

  • 協議会、パートナーの豪華さ
  • 企業ICOが決定していない段階で90億円集まっている
  • CMSトークンで企業ICOに参加すると5%のボーナスがつく
  • 実業を持つ企業のICOを進めている
  • COMSAのCore、ハブを使ったプラットフォームのスケールが大きい
  • 「mijin」の実用例がある
  • インフルエンサーなど注目度が非常に高い

などからです。

かなり長くなってしまいましたが、ここまで考えるきっかけとなったのは最近発表されたのは実はCOMSAの動画から。

壮大なプロモーションビデオがあるICOはスキャム(詐欺)みたいな都市伝説を聞いた話をちらっと思い出したものの、個人的にはワクワクしましたね。バックミュージックもEDM好きとしては音楽も良かった(笑)。

※ちなみにメタルギアのスネークやブラックジャックなど「イケボ」で有名な大塚明夫さんがナレーションを務めていて渋いです。

昨今のモナコイン暴騰なんかを見ていると、値上がりするときは本質やプロジェクトが実際どうなのかは二の次だということが分かります。(モナコインは今までが過小評価過ぎたと思っている)

実力もあって、注目度も高くて、現時点では実際に結果を出しているCOMSAに一つギャンブラーとしてベットしてみようと思ったのが一番大きな理由ですね。

短期的に儲けることは確かに難しいかもしれません。

ただ上場後に購入するよりも先に握っておいた方がワクワクできるのも確かですし、上場時にしっかりと場を作って来ると期待してますよ。今時点では韓国のメタップス取引所への上場に期待してます。

ぶっちゃけた話、リフェラルボーナスがかなり入りそうなので、そんなに無い原資をわざわざ突っ込む理由もないのですが、「上がるかも!」と思っているのは事実ですし、せっかくURLから参加してくださった方と一緒に楽しみたいと思ってます。

儲かるか、儲からないかは誰にも分かりませんが、僕はCOMSAに参加しますよという話でした。

COMSAに参加される方はこちらからどうぞ▼

公式サイト(参加ページ)

※自己判断でお願いします

COMSAについて初心者向けにまとめました▼

【初心者向け】10分でわかる「COMSA」のICO。テックビューロ発表のプラットフォームについてまとめました!

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)