【第2話】仮想通貨bot(ボット)の種類(FX・アービトラージなど)を紹介します

スポンサーリンク

仮想通貨bot(ボット)でどんなことができるか?

開発未経験の筆者が、エンジニアと協力して仮想通貨botを動かせるようになるまでのお話。基礎知識から具体的な方法までを初心者向けに分かりやすく解説するシリーズです。第1話はこちら

第1話では仮想通貨botの基礎知識と、僕がbotを作成することになった経緯について書きました。

正直、今すぐbotを作って動かしたい人にとっては基礎知識、特に経緯はどうでもいいかもしれませんね(笑)

それよりも

botやってみたい人
仮想通貨botではどんなことができて、どんなbotが儲かるのか?

まずはここが気になるかと思います。

一口に仮想通貨botといっても

  • 情報収集・分析
  • 出来高変動・通知
  • 自動トレード

など用途が全く異なるものが無限にあり、この一つ一つもまた多種多様です。

例えば自動トレードだけでも

  • FXトレード
  • アービトラージ
  • 回転

この通り。

今回は仮想通貨botでどんなことができるのか?

いくつか具体例を挙げてみます。

スポンサーリンク

仮想通貨bot(ボット)の種類を紹介

第1話でも書いた通り仮想通貨botで利益を出したい場合はロジック=どのようにして動くか?もっと言えば

『利益を出すためにはどう動くようにするか』

が重要です。

なのでbotの種類というのはそのまま、儲けるための手法の種類とも言えますね。

中には当然『利益に直結しないbot』もありますが基本的にはそこに注目すると理解しやすいかもしれません。

それではどんなものがあるかを紹介していきます。

仮想通貨の未来を予測するWebBot(情報収集・分析系)

webbotは元マイクロソフト・コンサルタントのクリフ氏が未来の株価を予想するために作ったbotです。

株の価格予想するためのロジックを仮想通貨向けに応用し

  • ビットコインはどのような動きをするか?
  • これからどんな通貨が値上がりするか?

などを予測しています。

その内容はかなり具体的で

【いつまでに、どの通貨がいくらまで上昇するか?】

を文章として読めるのですごいですよね。

※有料(100ドルほど)、過去の予想を答え合わせしてみた感じで僕はおすすめしないのでリンクは貼りません。

botやってみたい人
未来なんて簡単に分かるの?どうやって予測してるの?

ここをが重要。

webbotの主な予測手法は

SNSや掲示板への書き込み、インターネットの記事の情報を収集し分析する

というものです。

すごく簡単にまとめるとこのようなイメージ。

  1. SNSやでビットコインについての書き込みを検索
  2. 買いたいと発言している人やポジティブの数を調べる
  3. 売りたいと発言している人やネガティブの数を調べる
  4. 買いたい人が多いと判断した場合値段が上がると予測する

仮想通貨の価格は需要と供給によって決まりますから、欲しいと思う人の数が多いほど価格は上昇しやすくなりますよね。

webbotのような情報収集・分析botはたくさんあり、例えばこのツイッターアカウントは

どの通貨についてのつぶやきが多いかをグラフで表示してくれます。

世界中の膨大な数のつぶやきや書き込みの中から一つ一つ目視で確認していくのは膨大な時間がかかり大変です。

それらを自動で検索し、数の比率などを計算してわかりやすく見れるのはとても嬉しいですよね。

トレード系(FX・アービトラージ・回転)

情報収集・分析はbotを動かすだけでは基本的に利益は出ません。

それらの情報や分析結果を活かしてトレードすることで初めて利益が出るものです。

これから紹介するトレード系ボットは動かすことがそのまま利益に直結します。

これも仕様が無限にあるのですが代表的なものを3つ挙げてみます。

FXトレードbot

この取引板にもbotの注文が紛れています▼

FXトレードbotはビットコイン・アルトコインFXを自動で売買してくれるbotですね。

トレード系の中でも最も高い利益が期待できるので、販売されている数も一番多いと思われます。

  • チャート
  • 指標
  • インジゲーター

などを元に特定の条件になったときに注文を発注するものがメジャー。

例えば、下の画像の赤枠部分などを指標にしたり

  • 買い(ロング)
  • 売り(ショート)

どちらかが多いかの比率によって自動注文する〜というものがあります。

FXボットは特にロジックが重要で、どのような手法で取引するかがそのbotの価値。

上に挙げたような単純なもので稼ぐのはなかなか難しいのが現実ではあります。

例えばの話、元手10万円で月に1000万円稼げる手法なら100万円払ってでも知りたいですよね。

その手法を自動で同じようにトレードしてくれるbotがあればもっと払ってでも欲しいという人はいるでしょう。

注意したいのはずっと勝ち続けることは基本的に難しいということ。

なぜなら常に相場はあらゆる意味で変動するからです。

特に仮想通貨は国の規制やハッキングなど予期せぬニュースでの変動、いわゆるファンダメンタルの部分も大きく予測は困難です。

昨日通用した手法が今日になって全く通用しないことは日常茶飯事。

だからこそ特にFXbotは自分自身に手法があって、アップデート・改良できるのが望ましいですね。

現物回転bot

FXbotではレバレッジをかけることもあるのでリターンが高い分、リスクも高くなります。

リターンは落ちるものの、リスクを下げて利益を狙えるのが現物回転botです。

回転とは株式などでもよく使われる言葉で仕組みはとても単純。

安く買って高く売る

というのを細かい値幅で何度もコツコツ行うことですね。

価格はこのように↓常に波を描いて変動しますから

  • 現在の価格から何パーセント下がったら買う
  • 買ったところから何パーセントあがったら売る

という命令を入力しておけば自動で売買してくれるという仕組みです。

実際うまくいくかは別として、損失を切り捨てる部分をシビアに決めておけばリスクを大分抑えることができます。

ちなみに、僕が今が動かしているbotはこの形です。

アービトラージbot

FXトレードbotよりも早くに話題になったのがアービトラージbot。

僕も一番最初に見かけたのはこのタイプのbotだったと思います。

アービトラージとは取引所間での価格差を利用して利益をあげる手法のこと。

世界中には複数の仮想通貨取引所がありますから

  • A取引所:ビットコインが80万円で買える
  • B取引所:ビットコインが81万円で売れる

こういうことがしばしば起きます。

A取引所で80万円で買ったビットコインをB取引所に送金して81万円で売れば、差額の1万円が利益になるという仕組みですね。

ービトラージbotはこの価格差を自動で察知し、送金や売買などを自動で行なってくれます。

現物かつ、利益が出やすい場面のみを狙うものですから上二つのbotよりリスクが少ないのが特徴。

話だけ聞いてもいい感じがするので人気がありますが、誤送金や送金の遅延などもあるのでコツコツと貯めた利益が一瞬で吹っ飛ぶこともありえるので注意が必要。

詐欺的なものも多いかなーという印象もあります。

利ざやを取る手法なので、資金力がそこそこないと大きな収益をあげることは難しいですね。

仮想通貨bot(ボット)の世界はめちゃくちゃ奥が深い!

以上、仮想通貨botのいくつかの種類を紹介してみました。

一般的で単純なbotを紹介しましたがこれはほんの一例。

仮想通貨botの世界は奥が深く、面白い逸話がたくさんあります。

例えば、一時期ビットフライヤーでSFDという手数料の仕組みを利用したbotが話題になりました。

SFDは現物とFXの価格差を埋める為の手数料のこと。簡単に言うと

現物とFXの価格差が一定以上になると注文時の手数料が余計にかかる・もらえる

という状況がbotが生まれる理由になりました。

この状況を利用して

SFD手数料がもらえる状況

を狙って自動売買するbotが横行。

詳しい仕組みは省きますが、注文するだけで数パーセント幅の手数料利益が約束されるという事態に!

自動で売買するだけで手数料が獲得できるという夢のような状況だったわけですね。

しかしSFDbotを作った人だけの利益ならいいものの、当然相場の仕組み上、botを利用しない人にも迷惑がかかりbitFlyer側が対処をしたほどです。

さらには

  • SFD botの動きを予測してbotを狩る人
  • SFD狙い撃ちbotを開発する人

も出てきたりとまさにカオスな状態!

このように、仮想通貨botでは日々、儲ける為のロジックが開発され改良されている奥が深い世界です。

スポンサーリンク

まとめ

仮想通貨bot(ボット)の種類として

  • Webbot(情報収集・分析)
  • FXトレードbot
  • 現物回転bot
  • アービトラージbot
  • SFDbot

を紹介しました。

書いた通り、基本的なことはbotじゃなくてもできることです。

なぜなら、botの動きに関しては人が決めるから。

すごく単純なことを言うと

自分でもできるけれどロボットに任せてしまえい!

ということ。

そんなわけで、第1話に続き

げばお
ロジックがなければ基本的にbotを作るのは難しい!簡単に儲かるというのはなかなかないよ!

ここはしっかりとお伝えしておきます。

しかし、botに任せることで自分でやるより高いパフォーマンスが出ると言うこと場面は確実にあります。

一度プログラムすれば【不眠不休・正確無比】に動いてくれるから素晴らしい。

実際にbotを動かしてる今と、コツコツと頑張って稼いでくれるbotが愛おしく思えるくらいです(笑)

次回はその素晴らしい部分や、逆にどんな不安があるかを掘り下げ

bot(ボット)を使うとどんなメリット・デメリットがあるか?

についてまとめます。

次回に続く▼

【第3話】仮想通貨bot(ボット)のメリット・デメリットとは?

【第3話】仮想通貨bot(ボット)のメリット・デメリットとは?初心者向けに分かりやすく解説

2018.10.02

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)