仮想通貨のおすすめ本。苫米地英人「仮想通貨とフィンテック」

スポンサーリンク

仮想通貨、フィンテックがすぐに理解できます!

仮想通貨(暗号通貨)を語る上で欠かせないブロックチェーン技術の初歩的なことから学ぶ為、とりあえずは無料で読める本から物色中です。

キンドルアンリミテッドで読み放題本から始めて3冊目で早速ヒットしました。

その本がこちら。

「仮想通貨とフィンテック」苫米地英人著です

この本の何が素晴らしいかっていうと

げばお
仮想通貨とかよくわかんないけど、儲かるんでしょ?あー、でもちょっとくらいはなんか知っておいた方がいいよね

という人向けに書かれているので、投機目的でこれから仮想通貨を始める人にはぴったり。

読んだ方がいいよ!っていうポイントをまとめてみます。

苫米地英人=サトシ・ナカモト?

この著者の苫米地英人(@DrTomabechi)さん。

本を書くくらいなので当たり前ですがとにかく暗号通貨に精通しています

ジャストシステム(一太郎とか花子を作ってた会社。懐かしい!!)に勤務し今のビットコインに通ずる仮想通貨を開発したり、ブロックチェーン技術を支えるアルゴリズムに関する論文を有名な大学で発表しています。

今のビットコインにもこの苫米地さんが作った「苫米地アルゴリズム」がベースにされているらしく、ビットコインの作者とされる謎の人物「サトシ・ナカモト」は苫米地英人なのではないかと周りから噂されたと書かれています。

それだけ詳しい人が「ビットコインが儲かるそうですが大丈夫でしょうか?」という質問をたくさんもらって、それに答える形で書いてるから、一つ一つが刺さります。

自分自身がよくわからないままにやってますからね!(もちろん勉強してるし、人にいきなり尋ねたりしないけど笑)

どんな分野に関しても、いくら専門家だからと言ってそれが本当に正しいかはわかりませんが、今までの経歴や発言も含めてなんか説得力満載。

著書について調べてみるとギターが大好きでファンキーなお方です。

公式サイトとかいきなりインパクトあるヘッダーが飛び込んでくるけど、気にしない。気にしない(笑)。

公式サイトより

めちゃくちゃ読みやすいです!

仮想通貨に関する話題って横文字がとにかく多くて読みにくいですよね(汗)。

ツイッター見てても、140文字の中にこれでもかってほど横文字が詰め込まれられてるし、下手すると全部英文だから情報が入ってこないっていうか、スルーしがち。日本語で説明するのさえややこしいのにね。

例えば「フィアットに変えようか悩む」とかわかりますか?

僕はわかりません。

フィアット=法定通貨=日本円

と変換が必要で、辞書を片手に読まなきゃいけない部分とか出てきますが、この本に関してはそういうのがほとんどない!

あっても、よりわかりやすいように噛み砕いて、重要な部分は図を交えながら書かれているのですんなり頭に入ってきます。

まぁ、それでも半分以上の情報は忘れてしまってるんですけどね。

まだ関連本は3冊くらいしか読んでないけど、抜群に読みやすく理解しやすかったです。

初心者には非常にありがたい。

内容のまとめ

見出しはこの通り。

  • 仮想通貨とは何か?
  • 仮想通貨は暗号通貨
  • ブロックチェーンとは?
  • 苫米地アルゴリズム
  • 仮想通貨の未来

中身としては今まで自分が知っているビットコインのことについてをおさらいする感じなので重要な事実が書かれてたりはしていませんが、知識的にバラバラだったパズルが組み合わさった感じがします。

一つ一つの見出しについて丁寧に説明されていて、例えば仮想通貨とは何か?という章でも通貨の定義から、通貨がどのように発行され、どのように使われ、仮想通貨とはどう関係があるのか?流れがあるので理解しやすい。

途中は著書の経歴の紹介というか、セルフブランディングなところもありますが、それを加味しても必要な情報しか書かれていない為、コンパクトにまとめられています。

僕が重要に感じた部分としては

フィンテックとは何か?=色々言ってるけれど中身はブロックチェーンのこと

これがまず一つ。

国がフィンテック技術(つまりは、ブロックチェーン、暗号通貨)に補助金を出しているけれど、それが経済の根幹を揺るがことに繋がることに気づいていないのでは?

ってことでした。

ビットコインの登場により個人が誰でも銀行の機能を持てるようになってきている今、銀行が必要なくなると言っても過言ではないというのは良く言われること。

同じようなことを書いた本はたくさんありますよね。

政府はそれを理解して、フィンテック、つまりはブロックチーェン技術を応援しているのか疑問が残ると筆者は述べていました。

まぁ、MUFGコインも発行予定だし銀行が大崩壊することはないと思いますが、その単純な事実、フィンテックの中身、フィンテックが抱える問題が簡単に分かったのは大きな収穫です。

中央銀行が日本円コインを出したら最強!?

この本を読んだ最終的な感想がこれです。

今、草コインをガチホしていますがそれぞれのコインに一応目的や理念が掲げられているものの、ギャンブル要素が強く、仮想通貨に安定したものがないから買われているという印象。

ビットコインですら儲かると思うからこそ新たに人が入ってくるわけで、ビットコインの不安要素はその価値が保証されていないこと、裏付けがないこと、だけどそれがそのまま、魅力にもなっているってことですよね。

例えば、MUFGコインは1コイン=1円で不変だけど、仮想通貨のよさとして決済手数料を減らして、ブロックチェーンにより管理コストを大幅に減らすことができる良さを組み込んでいます。

さらに資本金が100兆円を超えるメガバンクという裏付けがあるから、コインとしても有望な訳です。

著者が言っているように、日本銀行が日本円コインを本気で開発して出したとき、ビットコインの価値はなくなる気がします。

ビットコインの技術自体は1990年からあるもので、オープンソースだから誰でも作ろうと思えば作れる。時価総額が騒がれていますが、国内取引所でも数億円の売買注文で大きく板が動くほどのレベルなので、市場自体が大きい訳じゃないですからね。

アメリカがビットコインを貨幣認定しないのは最後にどんでん返しできるからで、一つ一つの国がコインを発行した時ビットコインが終わる可能性は十分にあるってことですね

同時に、紙幣や硬貨の時代も終わるのかもしれません。

12日投資結果

本を読みながらそんなことを考えつつ、ポートフォリオを見ていると順調に下げています(笑)。

  • 原資 9万円
  • 現在値 7万7千円
  • 前回比 −1万1千円

一時期は14万円の価値があったから遂にそこから半分に。10日も経ってないような気がする(笑)。

ビットコインはなんとか反発しながら耐えてるけど、ネムとかリップルとかアルトコインは全体的に寒いです。しかもなかなか戻してこないですね。

分裂問題を孕んでいることも含めて、今から仮想通貨投資をする人はちゃんと研究して、納得した上でエントリーすべし!

信用取引を検討していましたが、今の状況じゃちょっと入りにくいなぁ。

まとめ

という訳で、各国で中央銀行コインがでたときビットコインは終わるんじゃないかというお話でした(そうだっけ?)

その可能性があるということを簡単に納得させてくれる良著なので仮想通貨初心者は騙されたと思って読むべし!

とにかく研究して分析することが何事も大事。

この本の内容が全面的に正しいかどうかは、自分が体験して確かめていくしかないですね。

僕はビットコインの未来にまだベットしてみます。

またなんか読んだらすぐにシェアしますね。

お後がよろしいようで!

仮想通貨を直ぐにでも始めたい!儲けたいなと思っている人はこちらをどうぞ。

【初心者向け】仮想通貨で儲けるまでの流れとやるべきことのまとめ

【初心者向け】仮想通貨で儲けるまでの流れとやるべきことのまとめ

2017.07.31

▼アルトコイン日記の続き

リップルを買いたい気持ちにさせられる本を読みました!

リップル社(XRP)って何?オススメの本をサクッと紹介!

2017.06.29

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)