【一位はあれ!】長崎人が選ぶ長崎の本当においしいお土産ランキングトップ10

スポンサーリンク

長崎人が長崎のお土産から本当に美味しいものを選んでみた

ぜにげばお(@zenigebazura1)です。

長崎は他の県に比べて、「メイン級」のお土産が多いと感じるのは僕だけでしょうか!

観光地だけでもグラバー園、稲佐山、平和記念公園、軍艦島など外れのない場所が揃っていますし、西洋文化が混じっているので、その観光地の数や文化の数だけお土産があります。

見た目が美味しそうなカステラなどもあれば、一見、何か分からない様な海の珍味みたいなものもあるので、お土産と言ってもきっと迷ってしまいますよね。

外れのない美味しいお土産を大切な人に届けてもらいたい!

と言う訳で、長崎人の僕が選ぶ『本当においしい』お土産を紹介します。

自分が食べて本当に外れがないと思ったものをピックアップしたのでどうぞ!

ハズレなし。絶対においしい長崎のお土産ランキングトップ10

第10位 麦焼酎 壱岐ゴールド

長崎県の『壱岐』という島で作られる壱岐焼酎【壱岐ゴールド】です。

長崎人に美味しい麦焼酎と言えば何?と聞くとほとんどこれを答えると思うくらいメジャーで、長崎の居酒屋でこれを置いてないお店はないんじゃないかなぁと言うくらいどこでもみます。

飲みやすいのが特徴で、口当たりはほんのり甘くて香ばしい感じ。かなり、飲みやすく一口飲んだら止まらずに一本あけるまでぐいぐいいっちゃう人も多いですね。

名前の通り、ゴールドが特徴が女性へのプレゼントとしてもおすすめです。

東京に住んでる時はいくら探してもなかったので長崎にきたらぜひ!

第9位 長崎かまぼこ

長崎では式見かまぼこが有名ですが、別に式見かまぼこじゃなくてもかまぼこはほとんど美味しいです。

普通は板付のかまぼこを想像すると思いますが、長崎かまぼこはすりみかまぼこの方が味わい深いです。

ちゃんぽんや皿うどんに入れたら当然美味しいですし、普段の野菜炒め、みそ汁などとにかく何でも使えます。

みそ汁に入れると魚介のうまみがある出汁がでてうまい。

もちろんん酒のおつまみにも最高。

第8位 長崎物語

数ある銘菓やおみやげお菓子の中でも特におすすめなのがこれです!

巻いたバームクーヘンの中にクリームが入っていてとてもしっとり、重厚感もあるので一つ食べれば大満足。

オレンジピールがアクセントになっていて、後味も爽やかでたまりません。

そこそこ値段がするだけあって、箱も金ピカに輝いていてもらった人も嬉しいと思います。

実際に自分が渡した長崎のお菓子土産の中ではダントツに喜ばれましたね。

おいしいんだけど良くも悪くも観光土産だなという感じではなくて、本格的なお菓子を食べているような感覚になれます。

全て手作業で作っているからこそでしょうか。

第7位 みろくや ちゃんぽんセット

長崎の料理の中でも有名なちゃんぽん、さらうどんは食べたことない人はまさかいませんよね。

みろくやはお土産だけではなく、スーパーなどでも販売していたりするのでちゃんぽんの中でもより本場っぽい味がします。(どんな味と言われたら食べてみてくれと言うしかない)

箱入りのちゃんぽんとさらうどんがセットになったものがおすすめで、作る時はぜひリンガーハットのちゃんぽんなどを参考に、野菜を多めに入れて下さい。

ちょっとこだわってきくらげ、コーンなんて入れたら最高ですよ!

第6位 一口香

一口香(いっこうこう)は初めて食べた人が不思議そうな顔をするお菓子です。

食べた時のリアクションを見るのが超楽しい。

見た目はおまんじゅうなのに、外はさくっとしていて、中は空洞、一口齧ると、しょうがが入った餡の香りが口に広がると言う書いてて摩訶不思議な感じ。

美味しいのに食べたときのインパクトもあるお菓子なのでお土産にぴったり。

茂木 一◯香(いちまるこう)が有名で、食べた時のインパクトだけではなく普通に美味しいです。

第5位 茂木びわゼリー

長崎名産の「茂木びわ」をまるごと一個包んだゼリー。

ぷるぷるのゼリーはのどごしが良くて、びわは肉厚、しっかりとして食べごたえがあります。

ご存知の通り長崎県はびわの生産量が日本一で、茂木の地形はびわ作りに最適。良く落ちて売れなくなったビワをもらって食べてましたけど、それですら美味しいのでパーフェクトなビワを包んだゼリーなんてやばいに決まってる。

って言うか実際にやばすぎ、うますぎです。

地元民はあえて高いビワを買うことはないので僕も逆おみやげでもらいました。

高級品なので特別なお客様へのお茶うけとか、いつもお世話になっている上司なんかに買っていくと一目おかれるかもしれませんね。

第4位 岩崎本舗 角煮まんじゅう

県内の観光地にはほとんど出店している角煮まんじゅうの大手がつくる角煮まんじゅう。

やわらかくてふっくらしたまんじゅう生地に、しっぽく料理のラフテー(角煮)をはさんだもので万人ウケする味です。

他の角煮まんじゅうと違うのは、生地のふんわり感とお肉のとろとろ感。脂肪の部分がとろっとしている割にはしつこくないのが特徴ですね。

観光地では試食の為に常にせいろで蒸しているので、出来立てを食べてみて下さい。人気の秘密がわかると思います。

お土産としても貰った事がありますが、家庭でレンジでチンするだけでできたての味とほぼ変わりなく食べれます。

第3位 ハトシ

食パンの間に、エビのすりみや豚肉などをすりつぶしたものを挟んで揚げたもの。

お酒ともめちゃくちゃあうので居酒屋のメニューでも良く見かけます。

中華街にいくと露天で売っている事も多いがちょっと時間が経ってしまっているものはおいしくないので注意。

長崎以外では見かけないのでぜひどうぞ。

第2位 五島うどん

日本三大うどんのひとつ「五島うどん」は、長崎県の五島列島と呼ばれる島が発祥のうどん。

普通のうどんに比べると細めで、しっかりしてコシがかなりあります。

麺自体はとても上品な味ですが、スープとあわさるとうまみが出てどんな具材をのせても美味しいです。

五島うどんを買うなら必ず「あごだし」トビウオなどで作ったスープがついているものを選ぶようにしましょう。

細かくきった野菜とあわせて焼うどんにしてもグッド。少し値段ははりますが値段にみあうだけの味わいがありますし、セットになっていることが多いので貰って作る楽しみもありますね。

第1位 福砂屋 五三焼き カステラ

そうなんです。結局カステラなんです。

でも本当に選ばれるだけの美味しさがあります。

一位に選んだ福砂屋の「五三焼き」というのはカステラの中でも厳選した素材と、製法でこだわって作っている高級品で卵の味がダイレクトにします。

こだわった卵黄を通常の数倍多く使っているので、しっとり感が普通のカステラとは別次元でたまりません。

名前の由来としては卵黄と卵白の割合が五対三、大切な贈り物として桐の箱に入れて送る為、桐の家紋「五三の桐」にちなんで名付けられたなど諸説があるが、そんなのどうでもいいくらいうまいです。

福砂屋の五三焼はそこについているザラメの粒の大きさが他とは違い、生地とあいまってジューシー。

ランキング一位にふさわしい本当においしいお土産です。

カステラのマメ情報として、県内の外れにある工場に行くとできたてのカステラを直売しているのですが、そのカステラは安いのに五三焼きくらいのクオリティがあります。

出来立て熱熱ののカステラはなかなか食べれないので本当に好きな人は足を運んでみてもいいかもしれません。

まとめ

以上が長崎人の僕が教える本当においしいお土産ランキングでした。

最近で言えば軍艦島の炭鉱ラスクとか奇抜なお土産も増えてきましたが、実際王道が最強というのが真実です。

なぜならお土産ランキングにあるようなものは、長崎に住んでいると普段から食べる事も多く、お土産を渡す身としても味を普段のものと比較しちゃう訳ですね。

スーパーで売ってるくらいのものなら全国どこでも買えるものもあるし意味がないと思ってしまう訳です。

しかし一位のカステラでも【五三焼き】は普段食べているようなカステラとは一線を画すので、貰うとテンションマックスになりますし、それ以外も外れなしと思えるものばかりです。

同じ商品でも製造している場所が違ったりして結構味の善し悪しがあるので、本当に味にこだわりたい時は「平成長崎俵物」のマークがついた商品が外れがないです。

食べ物以外にも、沖縄に負けない綺麗な五島の海や、世界三大夜景が見れる「稲佐山」など外れの無いスポットが満載なのでぜひ遊びにきて下さい。

ツイッターから声をかけてもらえたら、暇があれば案内しますよ(大抵、暇)

お後が宜しいようで!

最近の流行はこれ↓

良く読まれてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)