Shinobiライティングの基本情報。他サービスとの比較、初心者が稼ぐためのコツ

スポンサーリンク

Shinobiライティングで4時間で5000円稼げました!

文章を書くのが大好きな人にライティングの副業がおすすめです。

文章を書いてお小遣いを稼ぐと言えばブログなどもあるのですが、書き始めの頃はお金にならなくて楽しくないのが本音(汗)。

僕も今はブログで10万円くらい稼げてますがこの記事を書いた頃はひたすらブログを更新して月に2000円ほどしか稼げていませんでした(笑)。

という訳で、在宅で文章を書いてすぐにお小遣い稼ぎができる「Shinobiライティング」を試してみました。

結果、2日間4時間程度の作業で「5000円」が稼げたので

  • Shinobiライティングの基本情報
  • 同様のサービス、ランサーズと比較してみた感じ
  • 初心者が稼ぐためのコツ

をシェアしてみたいと思います。

Shinobiライティングとは?

Shinobiライティングは忍者ツールズなどのWebツール開発で有名なBIZ sumuraiが運営しているライティング専門のアウトソーシングサービスです。アウトソーシングとは「外部に業務を委託する」という意味ですね。

ブログやサイトを作成している「こんな記事を書いて欲しい」という人と、「何かしら記事を書いて報酬を得たい」という人をマッチングし、その仲介をしてくれます。

現在、フリーランス、ノマドという働き方が定着している中でこのライティングという分野をメインの収入源にしている人はたくさんいるので当然、怪しい仕事でもありません。

登録から実際にお金として受取できるまでの流れはこの通り。

  1. 登録する
  2. テーマに沿った記事を書く
  3. Shinobiポイントが貰える
  4. Shinobiポイントを現金やギフト券と交換

面倒な登録などは一切なく、パソコン一台あれば始めれるので初期投資も必要ありません。パソコンがなくても、スマホで文章を打つのが得意ならいけると思います。実際に妻はスマホで執筆して報酬を貰っていました。

とにかく副業としてもメジャーで、同様のサービスもたくさんあります。

中でもShinobiライティングは参加のハードルが一段低く、主婦でもゲーム感覚でいけるなと思いました。

実際にランサーズというフリーランス向けのアウトソーシングにも登録し比較しつつ、Shinobiライティングの特徴を上げてみます。

ランサーズと比べたShinobiライティングが優れているところ

登録が簡単

ランサーズはよりフリーランスに近い形での登録が必要です。

どういう事かというと自分で仕事の提案をしたり、こだわって仕事を受注する形なので、今までの実績や依頼主にアピールするための情報を細かく入力しなければなりません。

さらにライティングだけではなくアプリやサイトの作成など多岐にわたる案件を募集している為、サイトの作りが少し複雑になっていてまだ副業を試したことがない人には結構辛いかもしれません。

Shinobiライティングの場合は

  • 住所氏名などの最低限の個人情報を登録
  • 書きたいテーマを選ぶ

この2ステップで直ぐに書き始めることができる上に、書き上げた記事を採用するかは提出審査制なので途中気に入らないと思ったらやめることもできます。

記事を書くという点に特化しているという違いがありますが、ライティングだけをしたいのであればShinobiライティングの方が断然簡単に登録できますね。

実際サイトをみて見ると一目瞭然です。

記事の作成画面が見やすい

Shinobiライティングは記事を作成する画面が圧倒的に使いやすいです。

ランサーズの場合、画像のアップロードなどの項目に加えて、プロジェクト方式、タスク方式と応募の形式も二つに分かれている為ややこしく感じます。

指定されている項目や内容についてのチェック機能はない為、内容を依頼主に気に入ってもらえない場合は大幅な手直しも必要です。

その点Shinobiライティングの場合は

  • 指定されたキーワード
  • キーワードの必要利用回数

が記事入力画面のサイドバーに表示されていて、キーワードを指定された回数だけ使いながら文章を作っていけばある程度記事がまとまるように作られています。

これを見れば分かりますがかなり細かく指定がされていますよね。

これは初心者にはかなり嬉しいですし、ミスがないので結果採用されやすくなり報酬も貰いやすいです。

記事に必要な文字数を自動でカウントしてくれますし、書き終わった後には誤字脱字がないかのチェック機能もあるのでかなり便利です。

ゲーム感覚でライティングできる

Shinobiライティングには記事作成をどんどんしてもらう為に嬉しい機能があります。

まず報酬がポイント制という部分が斬新で、記事がめでたく採用された場合は直ぐにポイントとして反映される為、ゲームのスコアをあげているような感覚で楽しむ事ができます。

このように書いた記事数に応じてのキャンペーンが開催されていたり

さらに一日に投稿した記事数のランキングや、目標記事数を自分で設定しトップ画面に目標記事数までの残りを表示する事ができたりゲーム感覚なのでモチベーションも上がります。

記事を書くと「マイ記事」という画面で、対象の記事に「審査中」というマークがつき、無事に審査を通過すると「採用」というマークに変わりますがこの瞬間がめちゃくちゃ嬉しいです。

こんな感じ。

採用になった瞬間はどんな記事でも心の中でガッツポーズが出てしまいますね。

ランサーズと比べたShinobiライティングの劣っているところ

次にランサーズと比べてShinobiライティングが劣っているかなーという部分をあげてみます。

ライティング案件数はランサーズの方が多い

これは明らかにランサーズの方が案件が多いです。

なぜならフリーランスとしてライティングを仕事、職業としている人向けのプロフェッショナルサイトだから。

体感的にShinobiライティングは案件に対する競争率が結構高く、書きたいと思っているテーマがどんどんと減っていくのが感じらレました。

実績をアピールする事ができない

ランサーズは自分のアピールをできるような作り方になっているのでこれからライティングで収入を継続的に欲しい場合は、実際にどのような記事を書き評価を得たという実績を作ることができます。

Shinobiライティングは確かに実績はできるのですが、依頼主に直接アピールする形でもないので、言ってしまうと単価が上がりません。

実績がある人には高いお金を支払いたいと思う人は当然いますからね。

不採用になった場合、無駄になる

自分が書いた記事が採用にれば嬉しいですが、もちろん不採用になることもあります。

ランサーズの場合は依頼内容の訂正という事でもう一度再提出ができますがShinobiライティングではそれがありません。他の人が書いた記事が採用された場合は不採用と、書いた記事が無駄になってしまうのでちょっとテンションが落ちますね(汗)。

4時間で5000円!初心者が稼ぐコツ

実際にShinobiライティングに登録し時間を測って4時間ほど記事を作成してみました。

結果は5000円!

ネットでの評価を事前にみた感じでは時給600円から800円くらいしか稼げないと言う事を聞いていたので結構意外でしたね。時給1250円と言えば、地方のアルバイトではなかなか難しい数字ですからね。

いろんな案件を試しているうちにコツが分かったので簡単にまとめます。

単価が高い案件を選ぶ

ライティングが採用されるとポイントとして付与され、1ポイント=0.5円で換金可能です。

ただ全ての依頼が同じポイントではなく、案件によって単価にばらつきがあります。

テーマや、まとめて発注されたかどうか?などで単価が大きく変わってくるので、ポイント÷文字数でわって少しでも単価が高いものを選びましょう。例えば

  • 1000文字=1000円
  • 1000文字=500円

ならどちらを選ぶかは明白ですよね!意外と単価の差は大きいので必ずチェックするようにしましょう。

自分にとって書きやすい記事を選ぶ

いくら書くだけで稼げるといっても、人によっては得意、不得意があるので書けないテーマは必ずあると思います。

効率よく稼ぐ為にはポイントが高い案件テーマを決めて一気にこなすのが効果的なので知識があったり、実際に体験した事など自分が書きやすい記事を選ぶと良いでしょう。

自分の知識が活かせるテーマを見つけたら思った以上にどんどん記事をかけますからね。

僕が4時間で5000円稼ぐことができたのもいいテーマを見つけれたからという点が大きいです。

ワードクラウドを活用し案件数が多いものから取り組む

Shinobiライティングには「ワードクラウド」と呼ばれる検索機能があります。

これはテーマごとのタグをイメージしてもらえれば分かりやすく依頼の数が多い案件は文字が大きく表示されています。

実際に記事を書いてみると感じると思いますが、結構テーマにばらつきがある為、たくさんの数をこなして一気に稼ごうとするとき、いろいろなジャンルをこなそうとすると手が止まってしまいがちです。

その為より文字が大きく表示されている案件を選ぶことで一気に同じテーマで書くことができます。

Shinobiライティングに依頼されている記事に関しては「サテライトサイト」「アフリエイトサイト」というものを作る為の依頼も多い。これはあまり文章にこだわらずとりあえず内容が大体書けてればいいものもあります。いわゆるページの水増しって感じですね。

なので依頼にもキーワードが一つしか違わないものがあったり、まとめて作成するのに向いてあるものが必ずあります。

新しく登録された依頼をチェック!

ワードクラウドなどを見ていると、新しく登録された案件が文字で確認する事ができます。

上で書いた通り、良い案件は結構競争率が激しく、単価が高くて類似のキーワードでいくつも書く事ができる案件は直ぐに他の人に取られてしまいます、

なので新しく登録された依頼をチェックしておき、好条件な場合は直ぐにとりかかりましょう。

まとめ

いい案件を選ベば、人よりちょっとタイピングが早いくらいの僕でも4時間で5000円を稼ぐのは難しくありませんでした。

ある程度集中してやれば月に10万円稼ぐことは全然難しくないと感じましたし、専業じゃなくとも空いた時間にやれるので主婦の在宅副業にはぴったりですね。

副業としてではなく、フリーランスとしてまとまった額を稼ぎたい場合は

の方がより高収入を得れるのでおすすめです。

本当に誰でも稼げると思うので主婦で在宅副業を考えている人、文章が書くのが好きな人はやるっきゃない!

一度登録しておけばいつ、どんな時でも始めれますので早速登録してみて下さい↓

登録してみたいけど、不安な点がある人は気軽にLineなどから連絡どうぞー!

実際に貯めたポイントをamazonギフト券に変えてみました。

Shinobiポイントをアマゾンギフト券に交換してみました!

Shinobiポイントをアマゾンギフト券に交換してみました!

2016.04.08

良く読まれてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)