Shinobiライティングでの記事外注はこんな人におすすめ。実際に試してみました!

スポンサーリンク

Shinobiライティングで記事を外注してみました

みなさんアフィリエイトサイトの外注記事はどうしてますか?

収益が6桁中盤から後半とか、会社を法人化、ある程度組織化してアフィリエイトに取り組んでいる方はもちろん独自のスキームを持っているでしょうが、これからアフィリエイトサイトを始めたいという人はどこで外注したらいいか迷いますよね。

外注サイトを作っている先輩方の体験談を見ていると、軌道に載せるのにかなり苦労していて「良いライターさん」と出会えないという悩みが多いようです。

一時期外注ブログを立ち上げようとShinobiライティングで記事を依頼してみたので依頼方法のまとめと、納品された実物を公開してみたいと思います。

Shinobiライティングで記事を外注する方法

まずは依頼ページを開きます。

  • コンテンツSEOに特化した記事作成代行ツール
  • 納品実績272万記事!記事発注シェア業界No.1(2016年3月時点)
  • 25万人のライターが在籍。100記事を3日で納品

こう見るとそのシェア数から出来上がりの速さに期待できそう。

申し込みから納品までの流れも図解付きです。

  1. 記事を申し込む
  2. お支払い
  3. ライターに作成してもらう
  4. 記事を受取る

いたって普通の流れ。特に難しいところはなさそうです。

【今すぐお試し発注】

というボタンを押すと詳細を記入するページへと移動します。

エクセルのシートみたいな感覚です。とてもシンプルなもので

  • 文字数
  • ジャンル
  • タイトル
  • 指定キーワード

これらを決めるだけで記事の依頼準備は完了です。

補足
実はShinobiライティングで外注するにあたりアウトソーシング大手の「ランサーズ」でも同様の依頼を出してみました。値段や登録している層から高品質な記事が仕上がるので比較できるかなと思ったからです。しかし使い方が思った以上に複雑で依頼を受けてくれる人がおらず記事ができあがることはありませんでした。

こういう手軽さがShinobiライティングの優れているところですね。

しかしここまで簡単だと「こんな簡単な指定で自分が思う様な記事が出来てくるのか?」と思うのも確か。

そこはちゃんとカバーされていて、細かく指定することもできます。別タブより

  • 参考にするサイトのURL
  • 禁止語句
  • 詳細キーワード
  • こだわって欲しい部分

など、文章で記入することができます。

それらを埋めると記事数に応じた見積もりが出るので後は、ペイパルかクレジットカードで決済をし、記事ができあがるのを待つだけになります。

やり取りは全てメールで行われますからメールボックスさえチェックしていれば何もすることはありません。

とても簡単なのでこれで記事ができあがってブログに貼って儲けがでるならこれ以上すごい事はないとその時は思いましたね。

まぁ実際そこまで甘くはありませんが(笑)。

Shinobiライティングで依頼した記事の内容

僕が依頼した記事の内容は転職に関する体験談でした。

依頼した詳細はこの通り。

  • 看護師、教師、保育士の転職した時の体験談
  • 記事は10つ
  • 文字数は1000文字
  • キーワードは3つ 辞めたきっかけ 辞めた理由 辞めた後の生活

そこまで詰めて指定した訳ではありませんでした。かなりの激戦ワード「転職」で記事を依頼するあたりから察して欲しいのですが(笑)、この頃は特に何も考えずに外注していましたからね。

逆に素人がこれくらい簡単に依頼してもこれからお見せするくらいの記事にはなるということで理解してもらえればと思います。

これらの内容の記事を10記事で見積もりは消費税込みで【8100円】、1記事あたり【810円】でした。

振込は依頼した当日に行い、2日後に8記事が納品。4日間に2記事が納品されました。他に使ってみた人のブログを見ているともっと早く納品された人もいたので体験談ということと時期的なものもあったからこのスピードだったのかもしれません。どちらにしても文章を書くのが得意でないならば、自分で書くよりは当然早いでしょう。

納品はメール形式はエクセルで、記事を一つずつダウンロードするか、一括でダウンロードするかを選択できます。

ランサーズでは、ほとんど同じ内容で発注して10日間待ちましたが1件も記事があがってきませんでしたから、このスピードには驚きました。

とにかく記事が早く欲しいという人にとっては嬉しいスピードだと思います。

スピードは問題となれば次は文章の質ですよね。

実際にサイトにアップロードしていないものをそのままお見せします。

Shinobiライティング納品記事「警察官をやめた体験談」

交通課で警察官をしていたのですが、警察の実情を知って失望をして辞めることにしました。
交通かというところが悪かったのかもしれませんが、辞めたきっかけというのは犯罪者を作り出すために、取り締まりを行っているところがありそれが卑劣なものに思えて嫌気が差してしまったのです。
悪質な交通違反を繰り返す人間を取り締まるのは、警察としても重大な責務だとは思いますがノルマを達成するためだけの取り締まりのための取り締まりに関してはずっと納得が行きませんでした。

スピード違反の取り締まりとして多いのが、見通しの良い直線道路でスピードが出ることをわかった上で隠れて取り締まりをするといったものがあり、そこで多少スピード違反をしたところで人の通りも少なければ道幅も広いですから大きな影響が無いと感じていたのですが、そのような場所で取り締まりをすれば入れ食い状態ですから稼ぐには絶好のポイントです。
その一方で通学時間帯の狭い生活道路で取り締まりをするというのはスペース的にも無理があり、本来であればこのような場所で取り締まりをするのが警察としてあるべき姿だと思うのですが、そのような場所ではほとんど取り締まりをすることが無いことに疑問を感じていました。

そして、身内には甘いところがあり取り締まりの対象が同じ警察官となると、どうしても甘い判断を下してしまい見逃すことも少なくない現状に本当にこれでいいのだろうかという気持ちが湧いてきたのです。
警察官という仕事に対して正義感を持たずに、一般的なサラリーマンと同じ感覚で摘発をするのが営業成績になると考えることができるのであれば、悪い仕事でもないのかもしれませんが自分としてはもう少し世の役に立つことをしたいと思っていただけに失望をしてしまいました。

その後、しばらくはなんとか続けようと思ったものの、やはり理想と現実のギャップに我慢ができずに辞めてしまうことにしたのです。
辞めた後は特に何もせずに、貯金を切り崩して生活していたものの辞める前と比べて辞めた後の生活のほうが精神的な負担も少なくなりました。
それから、バイトを始めるようになり現在就職活動中ですが、今度仕事をするのであれば本当の意味で世の中の役に立つ仕事をしたいと考えています。
綺麗事ばかり考えていないで、仕事だと割りきって働くほうが良いのかもしれませんが、どうせするのであれば世の中に貢献をすることができる仕事を選びたいですね。

※全て原文のままである。句読点の場所も含めて修正などはしていない。

これを見たときの率直な感想としては

げばお
これを100%そのまま使うのは無理だけど、加筆修正すればいけるんじゃね?

というところ。

心を動かされるとか、これで転職をしようと強く思わせるとかは厳しいですね。そもそも文章で人の心を動かすのは難しいですし。

状況にもよりますが記事を書いてる人は常に変わると考えた方がいいのであたり、ハズレはさらにあるかもしれません。

基礎的な誤字脱字もチェックしてみました。結果は10記事中数文字だけ。

また外注記事で被害が多い「コピペ問題」もチェックツールを使ってみると問題ありませんでした。

Shinobiライティングは独自のチェックツールを採用しているようです。

この内容で高い、安いと思うかは各個人の判断です。

まとめ

Shinobiライティングでの記事外注は以下のような人におすすめです。

  • どうしても記事を自分で書く事ができない
  • アクセスなどが頭打ちで新しい記事などを試してみたい
  • まだ始めたばかりで記事の善し悪しが分からない
  • とにかく簡単に、素早く記事が欲しい
  • ライターさんとコミュニケーションを取るのは苦手
  • 特にライターさんを育成したいとかはない

使ってみて残念だったという意見もありますが、まず初めていみたいなって人は十分に使えるレベルです。

これだけで、めちゃくちゃ稼げるサイトが作れかと言えば100%NOですけどね。

とにかく、記事を書くのはかなりの労力なのでそれがここまで簡単に外注できるのは奇跡的。

自分で書くより記事を人に頼む方が数倍疲れますし、伝えいたことを言語化したりとコミュニケーションも大事になりますがそういうの苦手だからアフィやってたりしますからね。

それからこれは初期投資できるほどお金が余っている人に限られますが、ブラックSEOでバックリンクサイトを量産する際の文章としては申し分ないと思ってます。

まぁバックリンクサイトに関してはめちゃくちゃ便利なツールがありますのでそちらを買った方がコスパはいいのも確かですが、ツールよりはレベルの高い文章になるとは思いますよ。

外注を依頼しようとしていた人は参考にしてみて下さい。

ちなみに、依頼する方ではなく、依頼されう方側もやってみたことがあります。記事を書く側はどう見えているか?ということを知りたい人はこちらもどうぞ↓

Shinobiライティングの基本情報。他サービスとの比較、初心者が稼ぐためのコツ

Shinobiライティングの基本情報。他サービスとの比較、初心者が稼ぐためのコツ

2016.03.12

良く読まれてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)