大学奨学金の基礎知識。奨学金を返せないと「ブラックリスト」に入る?

スポンサーリンク

奨学金を延滞する人が増えて社会問題になっています

ある日郵便受けを覗くと30歳を過ぎた兄宛てにハガキが届いていました。

げばお
債権回収!?

なんの借金をしたんだろうと遠慮なく開けると【奨学金延滞督促】の文字が。読み進めると300万円が返済されてないので至急一括で返すようにという案内でした。

もう卒業してから5年くらい経ってるはずだけど。。。

続きを読んでみてさらに驚きです。

延滞金や利息が数十万円と書いてあります。うーん、これはまずい。

奨学金について調べてみると返済できずに途方に暮れている若者が多く社会問題になっているようです。

僕の兄のようにならない為に奨学金を借りる前に知っておくべき基礎知識をまとめてみました。

大学奨学金とは?

大学奨学金とは大学に進学する際、進学してからの費用が無い人の為にお金を貸与、給付するものです。

奨学金という名前が紛らわしいですが無償で貰えるものではなく立派な借金。

※給付型は無料。新聞店でバイトをしたりなど各種条件があります

進学の際にかかるお金は年々増加する傾向にあり、4年間で数百万単位にもなる為、学費が払えずに進学を諦めてしまう若者をなくそうという目的があります。

生活費をバイト代で稼ぎながら学費などの不足分は奨学金でまかなうのが一般的で、返済も大学を卒業してからと、猶予がある為、安心して勉強に望む事ができます。

この制度自体は安心して教育を受けれる為に便利だと言えますね。

大学奨学金の種類

大学奨学金には大きく分けて4つの種類があります。

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構が行う

  • 利息無し
  • 利息あり

の2つのプランから選べる奨学金で、成績状況や、家庭の収入により利息の有無が決定されます。

他の奨学金に比べて借りれる額が大きいのが特徴です。

地方公共団体の奨学金

県や市が行う奨学金です。

借りれる額は少なめですが無利子のところが多く、成績などに自信がない、日本学生支援機構から受けれなかった場合などの候補としてあがる奨学金になります。

民間育英団体の奨学金

民間の団体が行う給付型が多い奨学金です。

成績ではなく素行も見られ高校時代から受ける場合には推薦人が必要になります。借りれる額や貰える額は様々で、朝日新聞の新聞配達奨学制度などが有名。

なるべく借金をしたくない人が利用します。

大学独自の奨学金

大学が行う奨学金です。成績が特に優秀な人や独自の基準、審査を通った人が受けれるものになります。

教育ローンなどと提携している場合もあるが、給付型は条件が厳しいです。

このように奨学金には様々な種類があり利子の有無も選べたりと意外と選択肢はありますね。

学生支援機構から借りる人が多いとのこと。

大学奨学金の現状

実際に奨学金を借りている人はどれくらいの割合なのか?調べてみました。

奨学金を利用する大学生は約5割、大学院生は6割以上

日本学生支援機構の「学生生活調査」(平成24年度)によると、奨学金を受給している学生の割合は、大学学部(昼間部)で52.5%、大学院修士課程で60.5%、大学院博士課程で66.2%となっています。
特に大学院生では6割以上と利用割合が高くなっており、大学院の費用まで親が全面的に負担しているケースは少ないようです。

公益財団法人 生命文化保険センターより

他の情報も参考にしましたが、現状学生の2人に一人は奨学金制度を利用しており、大学の後に通う大学院に関してはさらに奨学金を利用する割合が多いそうです。

大学から大学院にそのままあがって奨学金を借り続けていたらかなりの額になるでしょうね。

そして奨学金を借りている中で返済を3ヶ月以上滞納している人は制度を利用しているおおよそ300万人のうち、6%の18万人。

その6%に入らない為にまず第一に奨学金は「借金」であると念頭に入れてから奨学金制度を利用する必要があります。

なぜなら奨学金を返せないと大変なことになるからです。

奨学金を返せないと大変なことになります

奨学金を返せないと、いわゆる「ブラックリスト」に登録されお金を貸してはいけない人物のリストに入ります。

奨学機制度を利用している機関や団体によりますが、日本学生支援機構の場合は銀行信用情報と提携している為、銀行で融資を受けたり、銀行系のクレジットカードなどの審査も通らなくなる可能性があります。

クレジットカードを利用する若者は減っているみたいですが、個人的にクレジットカードは社会人に必須だと思いますし、融資やクレジットカードが必要ないとしても、結婚するときに相手の親があなたがブラックリストに載っていると知ったら不安を感じるでしょう。

奨学金は返さなくてもいい?

最近は奨学金制度が問題になっているので、どうにしかしなければいけないと考える人は多いようです。

芸能界のご意見番ポスト、マツコデラックスさんもこう発言しています。

ようするに「奨学金は返さなくても良い!無償にしようよ」ってことですね。

マツコデラックスだけじゃなくて政治活動をしている人の中にも、無償にする為の呼びかけや活動をしている人もいますが、果たして本当にそうでしょうか?

自分の勉強、生活のために借りたお金を返さずに本当にいいのでしょうか?

こんな意見もあります。

僕も奨学金だからとか関係なく借金は返す必要があると思います。尊敬する岡本太郎さんの言葉で

「20歳は腐った大人」

という言葉があるんですけど全くその通りで大学生はもう立派な大人。中学生、高校生くらいからお金に関する勉強はするべきです。なので、奨学金を借りる時点でしっかりと借金をするんだという認識は必要ですよね。

借金を返さなくていいのであれば、それこそおかしな世の中になってしまいますから。

奨学金を借りる際に大人の助言が必要です

返せなくなってしまった学生の言い分も分かります。

受験勉強で忙しいですし、奨学金に関しては段階的に入学するに必要な儀式くらいの認識で、借金すると思っていない人も多そうです。

僕自身この意見に賛同。

奨学金じゃなくて借金と明言するべきです。

保証人が必要という場合もあるが、そもそも金を借りる事をできない子らが「保証人の怖さ」なんて知っている訳がありません。親や周りの人が

  • 奨学金は借金であるが自分の力で返せるか
  • 月々2万の返済の重み
  • 返せなかった場合は保証人が全てかぶる

と再三言い聞かせておくことが大事ですね。

これを進路を決める時点で伝えていれば少なくとも将来設計を少しなりともすることはできますから。

まとめ

大学奨学金しかり、専門学校の為の教育ローンにしかり自分への投資という事を忘れてはいけません。

本当に借りたお金を、社会に出て取り戻せるだけのスキルや知恵を大学でつける自信があるのか?考えて大学に進学するべきです。

その自信がないのであれば大学には行かず、株にでも投資した方がまだ有意義かもしれませんね。

人生で初めてお金を借りるタイミング、しかも大きな金額だからこそ、周りの大人が助言するべきですし、高校の授業でやってもいいくらい。

もし現在奨学金を返せずに悩んでいるのであれば放置せずに必ず専門家に相談しましょう。

奨学金といえど延滞利息は高いですし、元本が大きいので払いきれない場合はなんらかの措置を取らなければなりません。

もう30を超えている兄ですが、今から相談に乗りたいと思います(汗)

いまいち奨学金を借りる重大さが分からなかった人はこの本を読んでみて下さい。

きっと大変さに気づくはず。

良く読まれてます

1 個のコメント

  • 高校で本当に優秀な人に国が本来の奨学金を援助すればいい、出来の悪い奴が 借金してまで大学に行く必要は無い。高校で国家試験の資格が取れるカリキュラムを導入するべきだ。18才から参政権がある時代です、高校1年生位で将来の方向性もはっきりとするべきだ。大学教授の給料も一般教員の給料に下げるべきだ。大学教授より小中学の教員達の方が よっぽど苦労していると感じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)