【初心者向け】仮想通貨で儲けるまでの流れとやるべきことのまとめ

スポンサーリンク

仮想通貨を買って儲けるまでの流れ

げばお
ビットコインはついに初期の値段から1000万倍になり、2017年だけでも8倍になりました!

まだ始めてない方はもったいないとしか言えないですね。

そんな方が今から仮想通貨を始める一番の動機はやはり「儲かりそうだから、儲けたい」が一番ではないでしょうか。

この記事のタイトルにはあえて「仮想通貨で儲けるため」とつけています。

それは「儲ける」と言うワードにピンと来た正直者のあなたにぜひ仮想通貨を始めてみて欲しいからです!

仮想通貨で儲けるために

  • どういう流れで
  • 何をやるべきか

を初心者向けに分かりやすくまとめたのでぜひ実践してみて下さい。

仮想通貨を買う人と買わない人では数年後、大きな差ができることになりますよ!

(1万文字ほどあるのでブックマークして少しづつ読んで下さいね)

まずは「coincheck」でビットコインを買えばOK

仮想通貨で儲けて欲しいからだし、失敗して欲しくないので能書きを存分に書きます。

しかし、能書きはいいからとにかく早く儲けたいというのであれば、ビットコインが簡単に購入できるcoincheckさんで買ってしまいましょう。

コインチェックさんでの購入方法はこちら▼

仮想通貨の買い方(購入方法)を初心者向けに解説します

仮想通貨の買い方(購入方法)を初心者向けに解説します

2017.11.22

3年くらい気絶しておけば、ある意味一番の勝ち組になれるかもしれません。

ここから数十倍、数百倍はありえないですが、数倍くらいなら達成する可能性はあると僕は思っています。

数倍じゃ満足できない、もっと儲けたいならちゃんとこの先を読んでからにして下さいね。

まずは仮想通貨について学びましょう

儲けたいなら仮想通貨について調べる、学ぶことから始めましょう。

僕自身

げばお
なんか儲かりそうだなー

と軽い気持ちで始めましたが、仮想通貨について調べてるうちに

げばお
仮想通貨って儲かるとかいう小さな次元じゃなくて、こんなにも面白いの!?

と思いました。

いきなり、0から100を学ぶ必要はありません。

基礎中の基礎から一つずつ暇な時に覚えていけば十分ですからね。

まず最初に学ぶべきことはこの二つです。

  • 仮想通貨(暗号通貨)とは何か?
  • 仮想通貨のセキュリティ対策

本を読む人であれば「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」

がおすすめです。

あとはインターネットで自分が読みやすいなと思うブログを探してみましょう。

最初は難しい言葉もいっぱい出てくると思いますが、単語を一つ一つGoogleで調べていき、分かる範囲を広げていけばOKです。

わがままさん
うーん。学ぶのはめんどくさい、要点だけ教えてくれない?

というわがままさんもいるでしょうから

  • 仮想通貨(ビットコイン)とはなにか?
  • セキュリティ対策について学ぶことが重要な理由

をサクッと書いておきます。

仮想通貨(ビットコイン)って何?

そもそも仮想通貨、ビットコインとは何か?から説明します。

仮想通貨とはインターネット上でやり取りできる通貨全般のことを言います。 

身近な例でいうとオンライゲーム内の通貨などですね。

ドラゴンクエストのオンラインゲームでは「ゴールド」を買って、ゲーム内でお金として利用します。

そのままの意味でゲーム内での「仮想」の「通貨」を「仮想通貨」と呼びます。

なので仮想通貨というもの自体は昔からあるので目新しいもの、未知なものではありません。

しかし、ドラクエのゴールドとビットコインは似ているようで全く違うものです。

ドラクエの場合は

円で買ってゴールドとしてゲーム内で消費(ゴールド⇨円は禁止されている)

と日本円に替えることはできませんが、ビットコインの場合は

円→ビットコイン、ビットコイン→円

と双方通行になっています。

つまり、実際に日本円としてお金の価値を持つ仮想通貨なんですね。

ビットコインは日本円だけではなく世界中の通貨と替えることもでき、ブロックチェーンという技術で公正な取引を暗号化し安全性を保っています

その暗号化技術が優れていることから、ビットコインなどは仮想通貨でもありますが【暗号通貨】と呼ばれています。

ブロックチェーンはビットコインの仕組みを知る上で超重要なワードですが、知らなくてもビットコインを使うことはできるのでここでは飛ばしておきます。

仮想通貨のセキュリティ対策の重要性

次に仮想通貨を購入する上で「セキュリティ対策」が重要な理由を書いておきます。

ビットコインをやりとりする際は、パソコンやスマートフォンを財布代わりにしてネットにアクセスすることになります。

その為、誰かが悪意を持ってあなたのパソコンやスマホにアクセスした場合、財布の中身、つまりビットコインを盗まれてしまう可能性があります。

これだけ聞くと非常に怖いですよね。

しかし、ビットコインは暗号化技術によって支えられていますから正しく理解、対策をすれば必要以上に恐れることはありません。

セキュリティ対策をしておかないと財布の中身を全て盗まれてしまう。

だからこそ、セキュリティ対策が必要と覚えて下さい。

国内の取引所にウォレット(口座)を作りましょう

ビットコインを買うには国内の取引所にウォレット(口座)を作ることから始めます。

ちなみに、どれくらい学べたら口座開設してもいいかと言ったら

「仮想通貨のことが怖くない」

と思えることが一つの目安ですね。

ウォレットを作るのは驚くほど簡単ですが、どこの取引所でも本人確認が必要になります。

自分が住んでいる住所にハガキが届くまで制限があるので、少しでも早く取引したいならまずは申請して下さい。

国内で人気の取引所はこの3つです。

まず初心者の方は一番簡単にビットコインが買えるコインチェックさんに口座を開設しましょう。

コインチェックさんの徹底解説記事はこちら▼

【徹底解説】coincheck(コインチェック)の評判、メリット、デメリット

【徹底解説】coincheck(コインチェック)の評判、メリット、デメリット

2017.10.23

それぞれの取引所に特色があり、すでにビットコイン以外の通貨の購入を決めている場合は下記の記事を参考にして下さい。

どこでどの通貨を買えばいいか分かりやすくまとめています▼

仮想通貨の取引所ランキングベスト3。初心者におすすめの取引所はここ!

仮想通貨の取引所ランキングベスト3。初心者におすすめの取引所はここ!

2017.10.25

どの取引所でも購入までの流れは一緒です。

  • 取引所に日本円を入金(銀行振込、クレジットカード、コンビニ購入)
  • 入金した日本円で仮想通貨をトレード(購入、売却)

コンビニからでも簡単に入金できるので、ジュースを買う感覚でビットコインは購入できますからね。

登録の際には必ず行って欲しいことがあります。

  • ログインパスワードは複雑なものにすること
  • 二段階認証を設定する

それぞれ説明します。

メールアドレス・ログインパスワードの注意点

どの取引所でもメールアドレスとログインパスワードを設定して登録します。

つまり、このメールアドレスとログインパスワードを知られてしまうと取引所にあるビットコインを奪われてしまいます。

そこでメールアドレスは他の人に知られていないもの(普段連絡用に使わない自分だけが知っているアドレス)を用意し、ログインパスワードは複雑なものにして下さい。

パスワードの文字数は、英数字と記号を混ぜて最低でも15文字以上は欲しいところ。

どうせならより複雑なものと僕は40文字にしています。

40文字にもなると作るのが大変なのでこのようなパスワードを自動で生成してくれるサイトを使うと良いですね。

パスワード生成(パスワード作成)ツール

複数の取引所に登録する場合は当然それぞれ別のアドレス、別のパスワードを設定して下さい。

気をつけて欲しいのはFacebookIDでのログイン設定をしないこと。

FacebookのIDとログインパスワードが流出した時点で全ての取引所のウォレットが危険にさらされてしまいますからね。

関連記事▼

【注意】coincheckやbitFlyerにFacebookでユーザー登録してはいけない理由

二段階認証は必ず設定して下さい

仮想通貨を取引する上でもう一つ必ず押さえておきたいのが「二段階認証」です。

簡単に説明するとログインや取引の際に使うパスワードとは別に「一定時間しか利用できないパスワード」を入力します。

coincheckで二段階認証を設定した時に、認証が必要になる場面をみて見ましょう。

ログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力します。

すると次に「2段階認証」パスコードの入力を求められます。

ここに一定時間で変更されるパスワードを入力することで初めてログイン可能です。

パスワードの発行は専用のアプリをスマートフォンにインストールして行います。

2段階認証用アプリ▼

パスワードを作ってくれる認証アプリは種類がありますが僕は「Authenticater」を使っています。

Googleが開発しているアプリで信頼もできますし、特に難しい設定は必要ありません。

主要取引所の2段階認証設定の詳しい方法はリンクをまとめたので下記からどうぞ。

詳しいやり方はこちらで解説しています▼

zaif、coincheck、bitFlyerの2段階認証(2FA)アプリ設定方法

zaif、coincheck、bitFlyerの2段階認証(2FA)アプリ設定方法

2017.10.22

いよいよ取引!どの仮想通貨を買えばいいのか?

ここまでくれば後は自分が好きな仮想通貨を購入すればいいだけです。

仮想通貨には大きく2種類のコインがあります。

  • ビットコイン
  • アルトコイン

ビットコインは言わずもがな仮想通貨(暗号通貨)の王様。

そしてビットコイン以外の仮想通貨をアルトコイン(alternativecoin)と呼びます。

国内取引所で取り扱いしている通貨の特徴をまとめるとこんな感じ。

  • ETH:契約を保存できる仮想通貨
  • ETC:イーサリアムから派生した通貨
  • LISK:Javasprictを利用している為技術者が参入しやすい
  • FCT:実は暗号通貨ではない
  • XMR:匿名性が優れている
  • REP:未来を予想することで利益が分配される
  • XRP:Googleが投資している
  • ZEC:取引内容を暗号化し匿名キーでのみ閲覧できる
  • XEM:マイニング(採掘)ではなくハーベスト(収穫)
  • LTC:ビットコインを補完する通貨
  • DASH:匿名性と即時取引

簡単に書きましたがそれぞれの通貨はもっと奥が深いです。

アルトコインは海外の取引所も合わせると2000種類以上ありますから、まずは国内取引所のアルトコインから選ぶのがおすすめ。

シンボルマークなどから直感で選んで少額買ってみるのもいいですね。

アルトコインのシンボルマーク▼

全て自己責任。取引所に預けるのは100万円まで

自分が好きなコインを好きなように買って構いませんが、100万円以上の仮想通貨は取引所に預けないで下さい。

取引所にウォレット(財布)を開設するのは必須です。

しかし、セキュリティのことを考えると仮想通貨を保存しておくのに取引所は完全とは言えません。

仮想通貨の保存にはハードウェアウォレットと呼ばれる、インターネットに接続していないウォレットを使うことが推奨されています。

ある程度の金額を仮想通貨に投入している人ならば必須のアイテムです。

Amazonでも簡単に購入ができます。

ハードウェアウォレット▼

ハードウェアウォレットが推奨されているのは、どんなに2段階認証を施していてもネットに繋がれていれば盗まれてしまう恐れがある為。

実際に盗まれた例は少ないものの、大きな金額を預けるなら万全にしたいですよね。

仮想通貨は全て自己責任。

盗まれた仮想通貨を誰かが取り返してくれることはまずないと考えましょう。

以上のことから、取引所に預けるのは100万円までにしておきたいです。

なぜ100万円かというと、その額までであれば取引所が補償してくれるため。

コインチェックさんなら100万円分までの盗難補償があります。

仮想通貨を買った後はどうすればいいか

自分が好きな仮想通貨を買った後は気絶(長期間売らずにホールドしておく)が一番おすすめですね。

仮想通貨はボラティリティ(値段の上げ下げ)が非常に激しく、デマ情報もあるので短期の売買には向いていません。

大金を投じている方の資産の変動を見ると恐ろしすぎます。

つい2週間前までは1億円あったのに、今日では4000万円になっている。

その逆もまた然りの世界なので、取引の板をずっと眺めていると精神が消耗してしまいます。

短期トレードするなら情報収集必須

個人的には初心者にはデイトレ(1日で取引を終え利益を出すのを目指す)はおすすめしません。

理由はこの記事でまとめています▼

仮想通貨のデイトレードをオススメしない5つの理由

仮想通貨のデイトレードをオススメしない5つの理由

2017.06.28

しかし少ない資金で大きなリターンを得るにはデイトレも必要にはなってきます。

最近ではビットコインFXの人気も高まっていますのでなおさら。

なので、デイトレやFXに手を出すのであればとにかく積極的に情報収集をしましょう。

現状、ビットコインを取り巻く環境だけでもめまぐるしく変わっています。例えば、ビットコインが分裂するというニュースだけでとてつもない情報量でとても追いきれませんからね。

僕はツイッターでの情報収集しています。

海外のニュースサイトを和訳してくれたり、それぞれの仮想通貨に詳しい人がが現状をわかりやすく噛み砕いてくれたりしています。

どのアカウントをフォローしたらいいか分からない人は以下の記事を参考にして下さい▼

ビットコイン、仮想通貨取引で勝つ為にフォローすべきツイッターアカウント5選!

ビットコイン、仮想通貨取引で勝つ為にフォローすべきツイッターアカウント5選!

2017.07.28

ただし、いくらみなさんが優しいからといって自分でよく調べもしないうちに質問するのはNGですよ。

まとめ

仮想通貨を始めて儲けるまでの流れとやるべきことのまとめです。

1.まずはビットコインについて学ぶ

  • 仮想通貨とは何か?
  • セキュリティ対策の重要性

2.取引所にウォレットを作る

初心者の人はまずコインチェックさんから始めましょう。

3.登録の際はセキュリティ対策をする

  • 登録するメールアドレスは誰にも知られていないものを使う
  • 取引所へのログインパスワードは複雑で強力なパスワードにする
  • 二段階認証は絶対に行う。採用していない取引所は使わない

4.好きな仮想通貨を買う

  • 数年後までガチホールドがおすすめ
  • アルトコインは生き残ると思うものを選ぶ
  • まずは少額から始める(100万円以内)

5.短期で儲けたいなら情報収集!

  • 情報収集はまさに戦争
  • 情報はツイッターからがおすすめ

以上です!

長々と書きましたが、【数年後までホールド】すれば儲けることは難しくないでしょう。

ただし、全ては自己責任ですから、短期売買やFXなどをする場合は勉強して下さいね。

このブログでも随時仮想通貨に関しての情報は発信しているのでぜひお気に入り登録してもらえればと思います。

実際に始める人と、始めない人では数ヶ月後ですら大きな差がついていると思いますから、この機会にぜひ始めてみて下さい!

初心者の方はまずはコインチェックさんからどうぞ▼

コインチェックさんでの購入方法はこちら▼

仮想通貨の買い方(購入方法)を初心者向けに解説します

仮想通貨の買い方(購入方法)を初心者向けに解説します

2017.11.22

各取引所で随時キャンペーン中です▼

【随時更新】zaif、coincheck、bitFlyerキャンペーン情報【仮想通貨取引所】

【随時更新】zaif、coincheck、bitFlyerキャンペーン情報【仮想通貨取引所】

2017.11.03

取引所に口座を開設すれば無料でビットコインをもらうことができます▼

【保存版】ビットコインを無料でもらう方法7選+α!誰でも確実に簡単にできる!

【保存版】ビットコインを無料でもらう方法7選+α

2017.07.24

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)