Zaifトークンの基礎知識と買い方。現状はギャンブルだけど将来性はある?

スポンサーリンク

Zaifトークンが高騰中!基本的な知識は大丈夫?

Zaifさんが発行する独自トークン「zaifトークン」が10日近くで一時8倍近くまで上昇しました。

バビューーーーン!!!

100万購入しておけば10日後には800万となんとも夢しかない感じなので

「おっし!いっちょやってみっか!(CV:野沢雅子)」

となるかもしれませんが、「zaifトークン」のことを何も知らないままに買うのはちょっと危ないです。

  • Zaifトークンの基礎知識
  • Zaifトークンの現状と今後
  • Zaifトークンの買い方

をまとめましたので参考にどうぞ。

Zaifトークンって何?

zaifトークンはその名の通り「zaif」社が発行する「トークン」です。

国内初の取引所「zaif」

zaifは国内初の仮想通貨取引所。

モナコインの取り扱いから始まり、現在の運営元であるテックビューロに買収された後にビットコインや他の仮想通貨も売買可能になりました。現在はcoincheckさんやbitFlyerさんの方が有名ですが古参の人は間違いなく登録しているでしょう。

中級者向けというイメージがありますね。

COMSAのICOなどで最近また注目を集め、2017年8月には登録者数が急増。

【仮想通貨取引所】Zaifの登録者数が急増中!人気の理由とは?

【仮想通貨取引所】Zaifの登録者数が急増中!人気の理由とは?

2017.08.23

NEM(ネム)を買うならzaifが安いと言われている他に大きな特徴として他の取引所が取り扱いしていない「トークン」を取り扱いしています。

トークンとは?

トークンとはブロックチェーン上で発行した独自通貨のことです。(トークンという言葉自体はいろんな意味で使われています)

よく喩えられるのが「株」ですが大体はそんなイメージでオッケー。

分かりやすいように仮想通貨を2種類に分けてみます。

  • カレンシータイプ 採掘が必要な仮想通貨(発行元が決まっていない)
  • アセットタイプ  採掘が不要な仮想通貨(発行元が決まっている)

ビットコインが前者、zaifトークンは後者、同じ仮想通貨といってもビットコインと大きく違うのは発行元がいることで、故にトークンには発行元が提供するサービスに使える(何もサービスがない場合もある)という価値以外がありません。

有名なトークンには

  • XCP
  • bit crystals
  • PepeCash

があげられ、これらのトークンは決まったサービス内の手数料、ゲーム内の通貨に使えたりします。

お金として使えるのは発行元のサービスなど限定ですからビットコインと同列に考えて購入するものではありません。

現在のzaifトークンはサービスなどに使えない

1zaifトークン=0.8円という値段がついていますが、そもそも現在のzaifトークンは何かサービスに使えたり、持っていると配当が貰える訳ではありません。

追記:COMSAトークンを購入できるなど特典、サービス、キャンペーンの発表がありました↓

Zaifトークンの使い道発表!COMSAトークンセールに参加するならZaifに登録しなきゃ損!

トークンは誰にでも発行できルノでトークンだから価値があるということはないですし、zaifが扱っている独自トークンは1000種類以上。

その中でzaifトークンをわざわざ買うメリットはなんなのか?を考えるべきです。

無価値っていうのがどういうことか分かりやすい例をあげると、実は僕も「ZENIGEBAO」というトークンを発行しているのですが↓

Donate with IndieSquare

このトークンはビットコインを投げ銭するとお返しにお渡しできます。しかしこのトークンを持っていても何かサービスを受けれたり、優待がつく訳ではありません。

それでも「ZENIGEBAO」トークン欲しいですか?

って話です。いりませんよね(笑)。

じゃあなぜzaifトークンの値段が上がっているの?

トークン自体にさほど意味がないのに購入されている理由は

  • 売買で利益が得れるから
  • 今後サービスに使える可能性があるかもしれないから
  • zaifの将来性に期待して応援したいから

などが考えられます。

トークン自体は役に立たなくても人気のため、価値が変動していますから売買益目的に購入している人がいます。

zaifが過去にトークンを集めるとビットコインと交換できるというキャンペーンを行ったように、今後何かしらのサービスに使える可能性もあるかもしれませんし、COMSAのICOからNEMと関わりが深いzaifの知名度や人気度も上がっていますから、それにより単純にzaifの応援をしたいという人もいるはずです。

zaifトークンの現状と今後

これを書いている間にも価格が上昇していて、有名なインフルエンサーなども煽ったり、各ブログでも取り上げられているので一時的ですが上昇することはあるかもしれません。

しかし、発行時の値段である1zaifトークン=5円ほどまで短期的に上昇するほどの強さは当然ありません。

10月にCOMSAのICOを控えていて、この登録者数がガンガン伸びているので今後zaif自体が注目を浴びていくことには間違いなさそうですけどね。

万が一、zaifトークンが他の取引所に上場なんてことになったらすごいなんて冗談もありますが、zaifの運営元であるテックビューロ社はNEMと非常に関わりが深いので、複数の通貨を推していくようなことはあり得ないでしょう。(ネタにマジレス禁止)

zaifがいくらでも発行できることを考えても、投資じゃなくて応援の気持ちで無くなっても良い額くらいで遊ぶ人の方が多いって感じですね。

ギャンブル好きとしてはオールインしてみたいけど(笑)。

zaifトークンの買い方

買い方は非常に簡単ですが念の為書いておきます。

登録がまだであればまずはzaifさんへの登録が必要です。

ログイン>>取引

と移動したらチャート左上にあるプルダウンバーをクリック。

主要通貨、トークン、イベントの選択画面が出るので「トークン」を選択。

トークンの選択画面が出てきます。

日本円で買いたい人は「ZAIF/JPY」(赤枠)、BTCで買いたい人は「ZAIF/BTC」(青枠)を選択しましょう。

今回は日本円で買う場合で説明します。

Zaifトークン/日本円のチャート、売買注文ウインドウが表示されるので後は注文を入力するだけです。

注文ウインドウはこちら。

  • ① 買いたい1Zaifトークンの額を入力(成行の場合は不要)
  • ② 買いたいZaifトークンの数量を入力
  • ③ 指値OR成行を選択
  • ④ 注文金額のJPY換算が自動表示
  • ⑤ 逆指値を使う場合は入力(買うだけなら入力不要)

※赤枠部分は必ず入力、指定が必要です。

まずは①に額を入力しましょう。指値を使う場合は現在の取引板の売買注文を参考に自分の好きな額を入力して下さい。

気配値(赤枠部分)から買いたい値段をクリックすると①の窓に自動で額が表示されます

②の指値、成行は自分の好きな値段で欲しいか、額に関係なくすぐに買いたいかなので、直ぐに買いたい場合は成行を選択すれば後は数量を入力するだけです。

③の数量も欲しい分だけ入力。例えば1万円分買いたいなら【10000÷現在値】すれば数量が出てきます。現在1トークン約0.8円なので10000÷0.8=12500トークンと入力すれば大丈夫です。取引手数料は0から0.1%なのでほとんどかかりません。

後は④で買い付け可能金額の範囲内かチェックし、青枠部分の買い注文をクリックで注文完了。

⑤はあらかじめ売る金額も指定する場合のみ入力が必要です。

売る場合も大体同じ。簡単ですね。

まとめ

仮想通貨の中でトークンはマニアックな部類に入るので、儲かりそうだからといって安易に大金をつぎ込むのは危険です。

特にチャットや書き込みで

  • COMSAのICOが控えているから絶対上がる
  • NEMの今後が期待できるから絶対上がる
  • まだ価格が1円未満だから絶対上がる

こんな根拠のない発言を鵜呑みにして買って暴落したら目も当てられません。

もしかしたら5円でウルトラスーパージャンピングキャッチした人があなたに売りつけたいからポジティブな発言をしているだけかもしれません。

zaifの将来性と、トークンが実際どのように使われていくかを妄想しつつ少額投資が基本。

現状zaifトークンはどのサービスにも使うことができないという、基本的なことを知ってから買いましょう。板を見ている限り1000万円くらいの成行注文が一気に入るだけでかなり動く感じがするので消耗しそうですからね。

トークン自体は面白く、仮想通貨沼にどっぷり浸かるなら避けては通れないのでzaifトークンだけではなく色々欲しい方は登録してみて下さい。

▼zaifトークンはzaifさんでしか購入できません

ちなみに自分のトークン寄付ボタン↓を作るのにもXCPというZaifさんで購入可能なトークンが必要になります。

Donate with IndieSquare

お後が宜しいようで!

 

10月20日追記

zaifトークンはCOMSAトークンとの交換可能、さらにボーナス付与の特典がつきました。

価格は0.5円を推移していましたが本日下記のリリースにより

テックビューロがCMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

再び上昇しています。

ロックアップは株式などで使われる言葉で「上場、公開直後に短期の集中的な売りをしませんよ」という契約のようなもの。

テックビューログループ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は発行済みのZAIFトークン総数の25%と、COMSAのトークンセール終了後に発行予定のCMSトークン総数の33%について、エスクロー契約を用いたロックアップ(隔離)の計画を発表します。また、今後のCOMSA ICO案件においても、同様のロックアップを提案する予定です。

つまり、ある程度トークンの価値が保証される感じですね。

僕はCOMSAトークンはかなり有望と思い始めているので、今後もzaifトークンやCOMSAトークンからは目が離せません。気になる方は下記記事もどうぞ。

今更ですがCOMSAトークンは「買い」な気がしてきたので買います

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)