【仮想通貨取引所】Zaifの登録者数が急増中!人気の理由とは?

スポンサーリンク

まだZaifに登録してないの?

ここ最近(2017年8月24日更新)、国内取引所で有名なZaifさんへの登録者数が急増しているようです。

ゴールデンウィーク時はバブルと言われて登録者数が増えたと予想されますが、その2倍のペースってことは相当な人数なのかもしれません。

有名なブロガーさんも、自分のブログからの登録者数が急増したというツイートをちらほら見かけますし

僕のブログからも登録者数が10倍以上になっててびっくり!

なぜ今、Zaifが人気なのか理由を簡単に推測してみました

今、Zaifが人気な3つの理由

COMSAのICO。テックビューロと言えばZaifだから

テックビューロが発表した日本発のICOを行うCOMSA

10月2日ICO開始ですが、8月21時点で登録者数が5万5千人を超えるなど大変なことになっていて、リリース発表から数日経ってますが未だに熱冷めあらぬと言った感じでSNSでも活発なやり取りが見られています。

▼COMSAの基礎知識についてはこちら

【初心者向け】10分でわかる「COMSA」のICO。テックビューロ発表のプラットフォームについてまとめました!

【初心者向け】10分でわかる「COMSA」のICO。テックビューロ発表のプラットフォームについてまとめました!

2017.08.03

おそらく登録者数が爆増している一番の理由はこれですね。

このCOMSAを発表したテックビューロはZaifの運営会社であり、COMSAの仕組みの中にはZaifが重要な役割として組み込まれています。

取引所を選ぶ一番のポイントはセキュリティもですが、倒産のリスクなどを考えての信頼性という部分は非常に大きいですよね。

COMSAというインパクトのある仕組みを発表したことでZaifさん自体への信頼性上がり、bitFlyerさんや、coincheckさんにしか登録していなかった人が登録し始めたのかもしれません。

NEMが人気。NEMと言えばZaif

今、NEM(XEM)が人気を上げてきていて、仮想通貨全体の時価総額でも5位につけるほどの上昇っぷりです。

理由としてはビットコインの4000倍の取引速度を実現すると言われているカタパルトの実装が控えていることや、今や仮想通貨の取引大国一位である日本で話題に上りやすい位置にあることが上げられますが、このNEMと言えばやっぱりZaifです。

テックビューロの代表である朝山貴生さんがNEM.io財団の理事を務めていますし

テックビューロ代表の朝山貴生がNEM.io財団の理事に就任いたしました。

Tech bureau Corpより

同社が開発を進めているmijinにも大きくNEMが関わっていますからね。

国内でNEMを取り扱いしているのはcoincheckさんと、ZaifさんだけですがNEMを買うなら圧倒的にZaifさんがお得です。

▼入手手数料の違い

  • coincheck   6%〜7%
  • Zaif                 0%〜0.1

少額投資の場合は手数料だけで損をする可能性が高いので人気のNEMが安く買えるならと登録者数が増えているのかもしれません。それに加えて、ZaifではNEMを送金する際に間違えがちなメッセージの入力忘れによるGOX(取引不能)にも対応していて、サポートから問い合わせすれば返金処理をしてくれる親切設計です。

NEMを買うならZaifと言えるだけの信頼感がありますね。

Zaifでしか買えないトークンがある

少しずつですが仮想通貨の認知度は増えていると思います。

仮想通貨を紹介するブログも増えてきてますし、COMSAの件でテックビューロの株が上昇したりと仮想通貨に関する信頼度も若干ではありますが上がってきているのではないでしょうか。

最近でいうとyoutuberヒカルのVALU炎上事件でビットコインを知った人も多いでしょうからね。それにより、よりマイナーなコインも少しずつですが需要が増えてきているのかもしれません。

Zaifさんでは主要な通貨以外にトークンという独自コインを国内唯一取り扱いしています。

pepecash、bitcrystals、XCPなど

これらのトークンを利用したゲームやサービスに使うものですがこれがないと参加できないものがあり、僕もindiesquareウォレットで投げ銭を募るこれ↓を作るためにZaifさん経由でXCPを購入しました。

Donate with IndieSquare

実際に最近、Zaifトークンの値段が急上昇したという実績もありますし、このようなトークンが国内取引所ではZaifでしか取引ができないことが登録の理由になっているかもしれませんね。

Zaifの価値が見直されてきている?

coincheckさんがその使いやすさや、取り扱いアルトコインの種類の多さから人気していますが実はZaifさんより後発です。

取引所としての歴史はZaifさんの方が古く、僕自身国内取引所で初めて利用したのがZaifでした。

取引所を選ぶ際の目安として

  • セキュリティは大丈夫か
  • 取引所の倒産リスクはないか
  • 手数料が高くないか
  • 運営者げ積極的に発言、発信をしているか

などがありますがそれらの条件をZaifさんが満たしていてそれが、COMSAのICOにより周知されし始めてきたのかなと感じます。

元々はモナコインの取り扱いから始まった取引所なのも好感が持てますよね。(あの時しこたま買ってればよかった)

coincheckさんから仮想通貨を始めた人がZaifさんでステップアップするという図式はごく自然なものかもしれません。

まとめ

という訳でZaifさんに登録していない人はすぐにでも登録しちゃいましょう(笑)。

控えめに言ってもNEMを買うならZaifさんで間違いありません。

  • 10月2日からスタートするCOMSAのICO
  • 今夏に実装予定(遅延中?)のカタパルト

などを控えているNEMは普通に考えればこれから需要は高まるはずです。

ぶっちゃけ、国内の主要取引所はどれも差別化をしっかりと図ってますから

全部登録しておいてもいいと思うんですけどね。

SBIバーチャルカレンシーズさんはXRPに特化した取引所になると予想されますのでNEMを買うならZaifさんで!(しつこい)

お後が宜しいようで!

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)