ハイレバ取引所「BitMEX(ビットメックス)」のメリット・デメリット

スポンサーリンク

最大100倍レバレッジ【BitMEX】が面白い!

全国の億り人を目指すみなさん。儲かってますか?

最近「最大100倍」ものレバレッジをかけれる取引所「BitMEX」にハマってます。

僕はギャンブルが本業(!?)なのですが、ギャンブラーにとってBitMEXはまさにうってつけの取引所。

またギャンブラーじゃなくても「お金は全然ないけど一発仮想通貨で当てたい!」という人にも面白いんじゃないかなって思います。

BitMEXのメリットはざっとあげただけでも

  • 本人確認不要で登録簡単
  • 入金スピードが早い
  • 追証がない
  • 最大100倍レバレッジがかけれる
  • 一度覚えれば注文が簡単
  • Maker手数料は無料(逆にもらえる)
  • アルトコイン(XRPなど)のFXができる

など数多くあります。

もちろんその逆「デメリット」も然りですが、非常に面白い取引所ですので今回はBitMEXのメリット、デメリットをシェアします。

BitMEXのメリット

本人確認不要で登録簡単

BitMEXは身分証の提出や本人確認ハガキの受取などが必要ありません。

100倍レバレッジなのにそれで大丈夫なのか?と思いましたが、直ぐに取引を試してみたい人にはアリですね。ビットコインは無料で貰うこともできるので

▼関連記事

【保存版】ビットコインを無料でもらう方法7選+α

BitMEXに送金できるウォレットか取引所があれば、入金も合わせて1時間内に始めることも可能です。

これはすごい!!(思いません?)

もちろん入金のテストは少額から、まず慣れるまでは無くなってもいいお金でやることは大原則ですが、とりあえずビットコインFXを体験してみたい人には嬉しいですね。

▼登録は3分もかかりません

※上からの登録で手数料半年間10%OFF

※登録の際はこちらを読んでリスクを理解した上で自己責任でお願いします

入金スピードが早い

BitMEXの入金ウォレットはマルチシグに対応しています。

これはウォレットのスクショですが

【矢印部分】3から始まっているのがマルチシグ対応のアドレスの証です。

マルチシグに対応していると着金が非常に早いです。10分もあれば入金が完了できるので、機会損失がないですね。

もちろん、BitMEXをメイントレードには使っていないのですが登録も早くて、入金も早く、万が一の時直ぐ動ける。

これって取引所においてすごく重要な要素です。

追証がない

BitMEXは「追証(おいしょう)」がありません!

追証とはレバレッジをかけて取引した場合に損が出ても追加で入金が不要ということですね。

つまり1万円で100万円分トレードしても、口座から消えるのは1万円だけ(その代わり全部消えます)

さらに損ができる心配がないのはすごいですよね。

もちろん、なぜそれが実現するのにはちゃんとした理由があるのでこの記事を読んでみて下さい。

▼ハイレバレッジが実現する理由

【100倍レバ】「BitMEX」に登録する前に絶対に知っておくべきこと

ちなみに、追証なしは国内取引所でもzaifさん、bitbankさんが対応しています。

zaifさんはレバレッジが最大7.7倍なので、国内取引所でハイレバを楽しみたい人はbitbankさんがおすすめです。

最大100倍レバレッジがかけれる

もう冒頭から連呼してますからお分かりでしょうがレバレッジが

100倍(!!)

個人的に仮想通貨は「今現状お金が持っていない人」が這い上がるための武器だと思っていますから

▼関連記事

僕が仮想通貨をおすすめする一番の理由は「貧乏人が這い上がれる武器だから」

追証なしでトレードできるなら100倍レバレッジはかなり魅力的です。

もちろん、100倍だからといって常に100倍レバレッジで取引することはありませんし、言ってしまえば使うのは稀です。それでも、勝負時に100倍のレバをかけてぶち当てれれば一発ドカンと資産を増やすことができるのは確かな事実。

僕はギャンブラーだからこそ燃えます。

一度覚えれば注文が簡単

BitMEXの使い方は大まかにこんな感じ。

 

  • まず【赤枠部分】で買う金額を入力。(ウォレットに入れてある100倍程度まで入力できます)
  • 指値を選択。【黄枠部分】のpriceを洗濯しても入力可。(変動している数字を押すと自動入力されます)
  • 後は【Buy/Long】【Sell/short】を売り注文、買い注文どちらから入るかで押すだけです。
  • 取引が正常に完了すると【青枠部分】に結果が表示されます

BitMEX100倍レバで初強制ロスカット!入金・取引方法も簡単に紹介します

正直、最初はどこをどうしたらいいか分かりませんでした。

ただ使い方は意外と簡単で、慣れればすごく快適です。レバレッジの変更などもスライダーだけで行えますし、売買注文画面もスピード感を大事にしてる感じがして好印象。

英語だから難しそうだなーと思わなくても大丈夫です。

詳しいやり方が分からない場合は僕のブログを参考にして頂ければ分かりますし、分からない部分があればリクエストください。

記事にしますね。

Maker手数料は無料

FXやビットコイン取引では割と当たり前ですが、Maker手数料は「-(マイナス)」と逆に手数料を受け取れるようになっています。

BitMEXでかかる手数料は3種類。

こちらがFee(手数料)についてのページより抜粋した手数料表です。

番号を振った部分の英語の意味はこの通り、番号の下の行がそれぞれの手数料や単位になります。

  • ① Maker Fee (板にない注文を作る時)
  • ② Taker Fee  (板にある注文を消化する時)
  • ③ Long Funding (保有ポジションがロングの場合の手数料)
  • ④ Short Funding   (保有ポジションがショートの場合の手数料)
  • ⑤ Funding Interval (資金調達手数料のインターバル時間)

順番に説明を加えます。

Maker Fee・Taker Fee

  • Maker Fee -0.0250%
  • Taker Fee   0.0750%

上の説明にある通り、Maker Fee (板にない注文を作る時)、Taker Fee  (板にある注文を消化する時)では上記の手数料がかかりますが、実際に板で説明した方が分かりやすいのでこちらを見て下さい。

こちら【赤枠部分】の値段【4805.9】で買い注文、売り注文を出した時は【板にすでにある注文を消化する、並ぶ】ことになるので【Taker Fee】です。

逆に【青枠部分】二つ【4805.8】と【4805.6】の間に【4805.7】という注文を出す場合は【板にはない注文を出す(作る)】ことになるので【Maker Fee】になり手数料分貰えることができます。

Long Funding・Short Funding

直訳すると資金調達手数料という意味ですが、少し分かりにくいので「ポジションを持っていると支払う、もしくは貰える手数料」と考えて下さい。

この手数料は朝の5時から8時間毎にかかる手数料のこと。

トレード画面の左下から確認することができます。

この【赤枠矢印部分】「-0.0032」がかかる手数料です。ロングかショート、どちらのポジションを保有しているかにより【支払う】か【受け取る】かが変わります。

つまり上の表記の場合ロングなら【0.0032XBT】を受け取れ【マイナスがついていない】プラスなら【0.0032XBT】支払うことになります。ショートポジションであればその逆、マイナスがついていれば【0.0032XBT】支払い、プラスなら受け取りすることができますね。

アルトコイン(XRPなど)のFXができる

BitMEXでは様々な種類のアルトコインのショートができます。

通常FXができるコインは取引所によってまちまちですが、BitMEXでは

  • Dash
  • Ethereum
  • Eth. Classic
  • Litecoin
  • Monero
  • Ripple
  • Tezos
  • Zcash

と8種類のアルトコインがFXトレードでショート、ロングできます。

正直、板がそこまで厚くないのでおまけみたいなものではありますが、ゆえにRippleなどは狙い目やチャンスが存在します。

アルトコインがこれだけショートやロングできるのはすごく新鮮で面白いですよね。

BitMEXのデメリット

デメリットはもちろんあります。

100倍レバレッジがかけれてしまう

100倍レバは魅力でもありますが、諸刃の剣、危険も伴います。

すでに100倍レバで三度、強制ロスカットをくらってますけどそれでもやりたくなっちゃう魅力があるんですよね。

1万円で100万円分の資金を動かすとなるとついつい楽しくてポチっちゃいます(汗)。

100倍レバは時とタイミングを見計らう必殺技。まさにメガンテレベルの呪文だと心得ましょう。

Taker手数料が高い

先ほど手数料について説明しましたが【taker手数料】は高いです。

現物の場合は、通常Maker手数料と同様か、高くても0.1%が国内取引所の基準、先物でも【0.039%】くらいのところ【0.075%】ですからね。

めちゃくちゃ高いわけでもないですけど、手数料負けはしたくないのでmaker手数料になるようにトレードを心がけましょう。

単純に板にない指値を出していけばいいだけなのでそんなに難しくはありませんし、普通にできます。

チャートが見辛い

一画面に全部収まっているのでしょうがないと言えばしょうがないのですが、チャートは見辛いです(汗)。

▼BitMEXのチャート

広げるとわりといい感じになり、線とか自分で引けたりして面白いのですが(使ったことがない)高機能とは言えない感じがしますね。

▼拡大した場合のチャート

なので僕は別のタブでコインチェックのトレードビューを出して使っています。

自分が好きな取引所のチャートを出しておけばそんなに不自由はないですが念のため。

両建てができない

これがあればBitMEXもっと楽しくていいなぁと思えましたがポジションを両方持つこと、両建てができません。

同時にポジションを持とうと注文を出すと普通に反対決済されてしまいますので、両建てしたい場合は他の取引所を使わなければなりません。

ただ25倍を超えるレバは国内にはないので、うまくレバを調整しながらやる感じになりますね。

僕はここで両建てをするために、bitbankさんを再び始動させました。

国内取引所でハイレバ、追証なしなので両建てしたい場合にもどうぞ。

そもそも、25倍レバくらいまでしか使わないならbitbankさんで十分ですからね。

いざという時の安心感はない

海外ハイレバFX全てに言えることですが、やはり本人確認不要でしかも海外ですからいざという時の安心感は皆無です。

海外FXで一番ありがちであってはいけない「出金ができない」という事態は、書き込みを見る限り皆無ですし、一日530億円くらいXBTだけで取引高があるので、そんなせこい真似はしないと思いますが100%ないとは言い切れないですからね。

またサポート対応なども前例がない為(これからお世話になりますが)確たることは言えません。

まぁ、これは海外取引所全てに言えることなんですけどね。

中国の取引所閉鎖も似たようなもので、その事態になったらかなり焦っちゃいます。

なので、大金を突っ込むのはおすすめできません。

まとめ

これらのメリット、デメリットを総合すると

  • Taker手数料に気をつけないと手数料負けする可能性あり
  • 100倍レバは魅力でもあり、諸刃でもある
  • いざという時を考えて大金は突っ込まない

という感じでしょうか。

他の部分はメリット、デメリットで相殺できると思います。

個人的にはレバレッジをかけたり、注文を出すのがすごく楽なのがBitMEXの最大の魅力で、それがすぐに500円くらいからでも始めれるのはすごく仮想通貨らしいと感じています。

株やFXって始めるのにすごく時間かかりますし、資金力がないと厳しい面もありますからね。

とにかくリスクを取らないことには、何かを得ることはできません。

大事なお金でトレードするには向いていませんが、パチンコとかするくらいだったらこっちの方がまだ夢が10倍くらいありますね。追証なし100倍はやっぱり魅力的です。

最後に一言言わせてもらうと

ハイレバFXは面白い!!

ギャンブル好きにはたまらないです。

メリット、デメリット、リスクを理解した上で挑戦してみたい方はこちら↓からどうぞ!

ここからの登録で6ヶ月(半年間)手数料10%OFF

※登録の際はこちらを読んでリスクを理解した上で自己責任でお願いします

※入金や取引方法の簡単な説明はこちら

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)