【BitMEX】乱高下するビットコイン。FXで生き残るならマイルールを作れ!

スポンサーリンク

ビットコインFX。。。お前は。。。悪魔だっ!!!

前回からのあらすじ」

4度目のロスカットで損失はトータルマイナス5万超えに。前回の入金4万円に対して倍プッシュ、8万円を入金するが同じ頃、ビットコインが乱高下のジェットコースター状態に。まるで悪魔のような動きに資金がみるみる溶けていく。

「ハイレバで逆張りはダメ。トレンドに滑り込め!」

この教訓を胸に、8万円分「約0.12BTC」を入金しました。

「少額から勝ててこそ夢がある」

しかし8万はもうすでに少額ではなくなってきました。

仮想通貨界隈では小銭かもしれませんが、僕にとっては大金ですからね。

「金は尊い」

それだけは絶対に忘れちゃならない。

ここで負ければ倍プッシュの16万円が次の資金。

賭けれなくはないにしても流れがない中でベットするのは愚行の極み。

ギャンブラーではありません。

意地でも自分を鼓舞します。

絶対にやれる!

折しもビットコインは「訳のわからない挙動」で乱高下している時ですが。。。

勝率5割上等で、自分を信じビットコインの荒波にエントリーしました。

が、しかし。。。

早速、マイナス。

マイナス。

マイナス。

記憶があるのはこの額まででした。

襲いかかる荒波っ!!!

明らかに翻弄されているのにベットし続けます。

この波さえ取れば、この波さえ。。。

そして遂に。。。

資産は半分以下に。。。

時価8万円から3万円へ。

途中「4万円から8万円戻し」までありましたが、結果惨敗となってしまいました。

どうしてこうなってしまったのか、今回は猛省します。

パレートの法則。世の中の物事は全て8対2だ

自己啓発本でも良く耳にする「パレートの法則」をご存知でしょうか?

パレートの法則は、働きアリの法則と同じ意味合いで使用されることが多く、組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになるというものである。経済以外にも自然現象や社会現象など、さまざまな事例に当て嵌められることが多い。

wikipediaより

世界のあらゆるものに必ず見られる究極のバランス「黄金比」のように、自然界に潜む法則があります。

働きアリを観察すると8割が働き、残りの2割は休んでいる。。。

これが世界中のどこで観測しても同じ結果になることなど、8対2のバランスがあらゆる物事で見られることから「働きアリの法則」とも言われていますね。

僕はブログを書いてるので分かるのですが、このサイトのアクセスの8割は上位2割の記事が稼いでいる。

サイト運営者の中では有名で、現に「銭ゲバ」でも事実です。

投資でも然り。。

  • 負ける人は8割、勝つ人は2割
  • 8割の人の負けと2割の人の勝ち分は同じ

こんなことも言われますね。

前置きが長くなりましたが、僕はこの経験則はあると考えています。

なので投資でいう勝ちの2割に入るにはどうすればいいか?

そこを考えてトレードしないと絶対に負けると確信しました。

僕は本業がギャンブラーです。

バカラという種目ではかなり勝ち越してます。

バカラとビットコインFX、絶対に通じるところがあるはず。

そして、チャートを眺めてた時に感じました。

「バカラの罫線表とチャートは似てる」

この事実に気づいた時に僕の中で合致した部分がありました。

バカラもチャートも波だ!


ギャンブルのバカラに興味がない人には退屈かもしれませんが、少しだけお話しさせてもらいます。

まず、チャートは良く波に例えられますよね。

長瀬智也主演の株を題材にした「波の上の魔術師」というドラマがあったくらいですから当たり前。

チャートという波をどう乗りこなすかは、全てのトレーダーの夢であり、幻と言われています。

しかし、同じようにバカラにも波が存在するんです。

それは罫線と呼ばれる、勝敗の出目を記したものに現れます。

こちらの画像を見てもらえれば分かると思うのですが

▼罫線表

赤、青の丸の形を全体像で捉えると寄せては返す波に見えますよね。

このことから、「波の音が消えるまで」というバカラを題材にした本も出ているほど、有名な話です。過去にレビューを書いてるくらい好きな本「バカラ入門・攻略に小説「波の音が消えるまで」がおすすめ!

繰り返しになりますが、僕の本業はバカラ。バカラに関するコラムも書いてます▼(宣伝だよ)

パチンコで600万円負けた僕が、バカラで1000万円取り戻した挙句、人生を変えたお話(バカラ入門&攻略)

「この情報商材やろうめ!」

と罵られようが(違うのですが)、このバカラだけは絶対に人に誇れるくらい研鑽を重ねてきました。

上のコラムはそれを言語化していて、そこには自分がバカラをする際のルールを事細かく書いています。(絶賛連載中!)

そこには「罫線表に人は何を見るか?」というコラムがあり、その内容がこのチャートにもそのまま見て取れると思ったんです。

つまりビットコインFXで言う所の

「自分の都合のいいようにチャートを描く」

という部分が、バカラは。

「自分が来て欲しい罫線を描く」

となります。

そして自分の経験から根拠がないままに自分がその罫線を夢見た時、大抵負けてきました。

チャートでも同じ。

自分の都合のいいようにチャートを予測しても外れることもあります。

そのような一致点から、僕がバカラで大事にしている

「ルール(鉄の掟)を守ること」がビットコインFXにも通じるのではないか?

と思ったわけですね。

マイルールを作れ!

何やらきな臭くなってきましたが、バカラからの流れで「絶対負けない!バカラ式チャートトレード法」なんてものを販売しないので安心してください(笑)。

ご存知の通り、結果は敗北中ですからね。

とにかく、トレードする上で負けない為のマイルールを作る。

これしかないと思って考えてみました。

  • 複利トレードの原点に戻る
  • 自信や根拠がない場合はポジションを持たない
  • エントリー時から予想とは逆に少しでも進む場合は損切り(もっと明確にしていきます)
  • 相場が急変動しているときはトレードしない
  • 持ち金の1割を溶かしたらその日はトレード終了
  • トレンドに対しての逆張りはしない(トレンドを読む)
  • 張り付けない場合はトレードしない
  • 夜間の持ち越しは絶対にしない
  • チャートを縦にして見た時の両端に触れる部分からトレードをスタート(今度また詳しく)

まずはこれがマイルール。

今度また詳しく解説するものもありますが、とにかく

複利トレードの原点に戻り、資金管理を徹底する

※複利トレードとは一日1割(これでも高い目標)勝ったらその日はやめる。というものを永遠繰り返していくものです。

▼詳しくはこちら

【第六話】BitMEXでビットコインFX。もはや複利トレードではない件

バカラでは拷問レベルにこれを自分に強いてきたので僕は勝てました。

こう断言できるだけの自信があります。

なので、それをビットコインFXでもやってみます。

今まで醜態を存分に晒してきましたが、ここからはビシッと決めてやりますからね!(フラグ?笑)

まとめ

「マイルール」はこれから随時追加!

ただし、複利トレードに関しては「絶対厳守」とします!!

いやいや、待てよと。。

「100倍レバのフルショートするって言ってたよな?」

その声もごもっともですし、もしかしたらやるかもしれませんが(やるんかい)、勝たないことには盛り上がりません。

100万、200万を賭けてこそひりつくというもの。

勝ったら盛大なばら撒き企画も行うつもりなので、まずは複利トレードやらせて下さい。

複利の力を侮ることなかれ。

今の資金「0.051」から1日1割勝つだけでも

1日目 0.05621【BTC】

2日目 0.061831【BTC】

3日目 0.0680141【BTC】

4日目 0.07481551【BTC】

………

32日目 1.07891339【BTC】

このように1ヶ月で1BTC超えます。

これが何を意味するか?

種銭を増やせると考えればもうお分かりですよね!

そこはかとなく、scam臭が漂うでしょうし、実際のバカラの経験からここまでうまくいかないことは百も承知。

しかし、やりますよ!!

「マイルールは厳守!!」

生暖かい目で見守って下さいね。

でもでも、この分裂のタイミングでのフルレバショートもやりたいからもいっこアカウント作ろうかなぁ(大丈夫かこいつ笑)。

「向かえっ!!未来へっ!!!」

ツイッターで有名な人も結構な人数やっててビビりつつあるBitMEX。

未来へ向かいたい人は共に戦いましょう!

ここからの登録で6ヶ月(半年間)手数料10%OFF

※登録の際はこちらを読んでリスクを理解した上で自己責任でお願いします

※入金や取引方法の簡単な説明はこちら

▼続き

【第十話】【BitMEX】金が溶ける。BTCFXはルールを守れなければ即強制ロスカット!

良く読まれてます

今、Zaifがアツい!!

↑COMSAのICOで話題のNEMを買うならZaifさん一択!

・日本発のモナーコインも買える

・中級者から支持されてます

・NEMの手数料がダントツ安い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)